大阪・神戸

大阪・神戸 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<火災により休店中>


どーも、でございます。
本日紹介しますのは行ってみたいお店のベストに入っているのに
貧乏性かつ遠征不精の僕にはこの先多分訪れるチャンスのないお店でございます。

神戸市内の団地の一室がお店という有名店「クスム家庭料理店さん」
関西在住カレーハンターのNORIさん主宰「カレー巡り」で記事を
読んで以来すごく興味を持っているお店ですね~。

かわりに先行して下さった読者の「リサさん」からレポートが届いていますので
本日はリサさんの投稿記事にてお店を紹介させてもらいましょう。
途中がちゃちゃいれますがお許しを。

団地でひとり淋しく昼メロを見ている奥さん(今時おるんかいな)、
遊びに伺いましたよ。 うへへ( ̄∇ ̄ )


クスム


以前、「秘密のケンミンSHOW」でも放映された有名インド料理店に参上しました。
雑な私は、いい加減な地図を片手に住所の番地だけを頼りに、探し回ること1時間。

その番地のマンションを発見。
間違いない。やっとみつけた葉山ハイツ!
3階の1室がまさにそのレストランです。

外観は年季の入った普通のマンション。
通りから少し中に入っているし、入り口も非常に小さいです。
入るのに少し勇気のいるお店。

団地妻ネタは置いといて(爆)、
フツーに団地に住む友達んちへ立ち寄ったという感じですよね。
これを気軽な雰囲気と考えるか、ちょっと敷居が高いと考えるか・・・
小心者の僕の性格から言えば明らかに後者ですかね~。

でも好奇心を掻き立てられるのと物珍しさで興味ひかれるのは確かです。
そこがウリでメディアに何度も取り上げられているわけですなあ。

中の気配すら伺えない扉。。。非常に入りづらい。
勇気を出して開けてみました。


クスム お店2


中は2DKくらいの普通のマンションに無理やりいくつかの机を入れた感じ。
おじちゃん・おばちゃん・娘さん(?)らしき3人のインド人。
女性お二方はまさにインド人と言わんばかりの恰幅の良さ。
この料理屋にはメニューは一切なく、運ばれてきたものを食べるスタイル。

まず、水、マンゴージュース。
しばらくするとサモサ(2P)、甘いたれと辛いグリーンのたれ。
また間をおいてサラダ。(普通のドレッシングでした)

そしてターリーが来た!
ダルスープ、カレー2種(ベジタブル&パニールとかぼちゃ&じゃがいも)
チャパティ、バスマティライス。
ターリーはおかわり自由らしい。

クスム ランチ


システムは分からないけど、とりあえず食べてみました。
どれも、今までに食べた事の無い不思議な味…初のスパイスの味。。。
チャパティは全く味が無い。。。

米はサラサラ系のカレーに良く合い美味しい!
お皿が空になる頃にノシノシとおばちゃん、
「チャパティ?」と一言。
頷くとチャパティを運んできた。

次に「カレー?」と聞かれ、
頷くと小皿に入ったカレーをザバァっとあける。
てっきりごはんはライスと聞かれると構えていたが、
「ゴハン!?」の予想外の展開に答えられず、
テンパッていると「ゴハン!?オカワリ!?」とおばちゃん。勢いがすごい。

カレー、チャパティ、ゴハンの追加でお腹ははちきれんばかり。。。
おかわりを断り、デザートの登場!

茶色いボール??
シロップ漬けのドーナツ「グラブジャム」だ!
パンパンのお腹に押し込む。

1度お目に掛かりたいと思っていたおやつにこんな所で出会うとは。。。
もう少しお腹に余裕のある時に出会いたかったと、食べ過ぎに後悔。。。
でも完食。

インド家庭の雰囲気を味わえるとっても面白いお店です。
皆さんぜひ行ってみてね。

クスムちらし表


お店の様子や軽い緊張感を伴う場面がよく表現されたレポでした。
行ってみたい気持ちが「ましまし」になって困ります

場所が神戸となると、おいそれというわけに行かないけれど
チャンスがあれば「恰幅の良い」インド嬢ちゃんに会いに団地を訪ねてみたいです(笑)
リサさん、投稿ありがとうございました。

【お店情報】
クスム本場家庭料理
兵庫県 神戸市 中央区山元通2丁目3-8葉山ハイツ302
(三ノ宮駅より徒歩6分)
TEL 078-221-0229
営業時間 11:30~14:30/17:30~20:30
定休日 月曜
駐車場 なし
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意
(画像、情報ともに提供リサさん)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

名古屋を発って、大阪・神戸を経由して四国をフラフラしたあげくに
再び神戸へ再上陸したインド料理にびっくり取材班。
ここをスルーしたら神戸へ来たかいなしというわけで超有名店、
マドキチことマドラスキッチンさんを訪問した。

マドラスキッチン  お店


脱線すると前日に四国へ寄って瀬戸大橋を横断。
キレイな景色に感動しつつ橋を渡りきって香川県に入ったとたん
目に飛び込んできたのが、インド料理店「カナピーナ」
これには瀬戸内海の景観もすっかりどこかへ行って目が釘付けにw

さらにそこからちょっと進むと、またまたカナピーナの支店発見。
四国に2~3?店舗展開していると聞いていたが、
立て続けに見つけてしまったのが面白い。
残念ながら四国インド料理巡礼は次回に見送り、
後ろ髪を引かれる思いでの神戸再上陸となったのでした。

カナピーなったらカナピーな・・・
※悲しいという意味ではなくヒンディー語で「飲み食い」だそうです。

さて、閑話休題。

こじんまりとしているが、オシャレ感バッチリなマドキチさんへ入店。
さっそく名古屋では食べられないミールスをオーダーしようとすると
ウエイターさんが、

「本日はスペシャルメニューのチキンビリヤニの日デスヨー」

おぉ!それ事前情報で知ってたよー。
だけどたまたま今日がその日だなんてラッキーだなあ。
だが待て。なかなか来れない神戸くんだりまでお邪魔したらマドキチさんの
ミールス画像も押さえておきたいじゃないか。

そこで僕が金曜限定チキンビリヤニ1050円をオーダーし、
同伴者が2100円のベジミールスを食べることに。

マドラスキッチン  金曜ビリヤニ


写真を撮っているとウエイターさん、
「こうしたほうがイイヨ」

テーブルからスプーンを取り上げてライスをほじほじ・・・
埋まっていた大きなチキンレッグを上に持ってきた。
はは~、それもいいけどちょっと汚い感じなので最初の画像使うわ(笑)

スパイシーで濃い目の味つけ。
ビリヤニそのものが辛いが、添付の赤いグレイビーはなお辛い!
ソースと混ぜ、辛い辛いと言いながら食べていると
「ウチはぜーんぶ南インドと同じものだしているカラネ~
そのカラサもスタンダードよ」

なるほどー。
だったらネギなんか散らさないでパクチーにしてよと
帰宅して画像を見てあらためて思った。

ともあれ金曜名物ビリヤニはとっても美味。
少し前ならごはんに乳製品を混ぜるなんて思いもしなかったのに、
後半はライタ(ヨーグルト)を混ぜてさっぱりサラサラといただきました。

体裁良くまとまったベジミールスが食を誘う。

マドラスキッチン ベジタブルミールス


同伴者の食べていたベジミールスからラッサムをちょい食い。
スプーンにすくっては口に運び、辛ウマー(゚Д゚)を連発していたら
ウエイターさんが、はいこれサービスねと
サンバルを出してくれた。

サンバルもいいけどラッサムの味見をしていたのだからそっちのが良かったかな。
て、これは文句じゃないですよ(^^;)
お店の方の太っ腹ぶりに大感激です。

あれもこれも食べてみたいと久しぶりに贅沢な悩みを味わった
マドキチさんの訪問。
遠く神戸までやってきたかいがありました。

バナナの葉を模した樹脂性ランチョンマットがイイ感じです。

マドラスキッチン ランチョンマット


お客さんのいないうちに店内全体をパチリ。
数分後にカップル一組とおひとり様の若い男性客が入店。
その方は当たり前のようにビリヤニを注文してひとり静かに食べてみえたので
結構な常連さんとお見受けした。

おしゃれな街、神戸にふさわしい粋な南インド料理店の存在に
神戸のインド料理ファンがうらやましい!

マドラスキッチン  店内


関連記事リンク
マドラスキッチン 印 神戸

【お店情報】
マドラスキッチン
兵庫県 神戸市 中央区 中山手通2-20-9 河本ビル1F
TEL 078-222-2502
営業時間 11:00~14:30/17:30~22:30
定休日 無休
駐車場 なし
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

名古屋ではまず口に入らない南インド料理を求めて神戸にやって来ました。
東京ではミールスをがっつり食べてまわったので南インドを代表する
テイファン(軽食)のドーサに挑戦するのが目的。

狙いをつけたお店は南インド・カフェダイニングの
チャルテチャルテさん。

チャルテチャルテ   入口


コインパーキングに車を停めて徒歩でお店を探し始める。

「あっちに生田神社あったからー、
この前の道が生田ロードでいいのか・・・」
地図を片手にウロウロ・・・

神戸の街は名古屋よりも雑然として人がうじゃうじゃ沸いてくるような
感じでちょっと圧倒され気味。
名古屋ではこんなクソ暑い日にはみんな空調の効いた地下街を歩くものだが、
神戸市民は全員地上を歩くのか。
セミみたいな人たちだな・・・
(すいません。このレポは残暑厳しい昨年9月の話っス)

なかなか味のあるイーゼル。
こうした「看板」の写真もお店によって特徴があるので
画像を集めるのは楽しい。


チャルテチャルテ イーゼル


ちょうどお店の入っているビル前で大柄な店員さんがチラシ配布をしていたので
すぐにお店をみつけることができた。
これがなかったら多分一度は通り過ぎたかも。

昼時でも薄暗くしてエキゾチックな装飾にムードを合わせた店内に
他のお客さんはおらず。
そこそこの人気店と聞いていたし、ランチタイムどんぴしゃにしてはラッキー。

単独の僕にはちょうどいい感じの二人掛テーブルもあいているわけで
静かに落ち着いて食事ができそうだ。

一時間前に大阪のお店で軽くミールスをいただいたばかりなので
945円のプレーンドーサを単品でオーダー。
単品といってもドーサに浸して食べるサンバルやチャトゥニの量は結構ある。
お得なドーサランチにするとこれに山盛りライスがついてくるようだが
腹具合と相談したらとてもとても・・・

指ではじけばコンコンと音のするサクサクのドーサ

チャルテチャルテ プレーンドーサ


ハーブ(赤)とココナツ(白)の2種類のチャトニが用意されているが
サンバルもたっぷりあるのでビギナーとしては今ひとつ使いどころに悩む。
(贅沢な悩みですね~)

初めて食べたドーサはパリッパリの固めタイプで、
酸味の効いたスナック菓子のような感じ。
今まで味わったことのない食べ物だなあという新鮮な感激はあり。

お店から出る時、先ほどの大柄な店員さんからチラシを受取った
ばかりの老夫婦が、「インド料理なんて初めてやんかー」と話しながら
入ってくるのとすれ違った。
お口に合いましたでしょうか?

チャルテチャルテ   店内


【お店情報】
チャルテチャルテ
兵庫県 神戸市 中央区 下山手通2-1-17 城村ビル1F
TEL 078-392-6886
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休
駐車場 なし
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

[RSS] [Admin] [NewEntry]

関西インド料理食べ歩きツアー予告編を掲載してから
ずいぶんと日が経ってしまった。

いい加減どうしたんだと思われそうなので第一弾として
亜州食堂CHOWK(チョウク)さんを紹介する。

大阪市福島区、ABC朝日放送や関西電力病院を有するこの街に
小さな食堂CHOWK(チョウク)さんがある。
病院のコインパーキングに車を停めて徒歩約2、3分。
広い通りから一本奥まった細い道なりにこじんまりとお店を構えていた。

チョウク お店


ミールス・レディのサインボードもちゃんとある。

チョウク イーゼル


じゃあお約束のをいきますw

ミールス・レディとは・・・
ミールスの用意ができてまっせという意味であり、
初めてミールスを食べるミールス童貞クンのためにベッドの上でやさしく
食べ方を指南してくれるおねえさんのことではない。
もちろんセールス勧誘のおねえさんでもない。

日本人ご夫妻が経営するお店とは下調べの通りで、
物腰が柔らかく人当たりの良さそうな奥様がオーダーを取りにきた。

もちろん本日は850円のミールスをジャスミンライス(+100円 )で。
手食するために水道を探したが店内にはみつからなかったので
トイレで手洗いをして戻ってくると奥様が、

「手食になさいます?」

ええもちろん!
すると準備の良いことに手洗い用に水を張ったフィンガーボウル登場。
さらに手食で食べると50円キャッシュバックのうれしいお知らせ。
粋だね~。

日本人の本日はじめて客のクセに予め手食を決めこんでいることが
興味をひいたのか色々話しかけていただいた。

名古屋には南インド料理店がないために東京まで出向いたことや、
今日は朝早くに高速をすっとばして大阪まで食べにきたこと。
これから神戸でもさらにインド料理を食べること・・・・

いやあ物好きだなあという感じですよね~。
こちらのお店だって十分濃いですゾ。
でなきゃわざわざ名古屋から来やしません(笑)
こうゆうお店には変態が・・・
いやいや、どこかひとクセあるマニアが集まってくるってもんです。

ごちゃごちゃ感のないサンバルがメインのスッキリしたレイアウトの
ミールスが運ばれてきましたよ。

上段左から、サンバル/ ダール(豆カレー)/ ポリヤル(野菜のスパイス炒め)
下段左の白いのがライタ(ヨーグルト)


チョウク  ランチミールス


バナナの葉を模したお皿を使用していることでパッと見が
東京のケララの風さんのランチミールスに似ている気がしたけれど
皿数などに圧倒的違いがある。

ラッサムもないけどこれはこれで良い。
何より量もちょうどよく食べやすい。
いつもながらミールスってやさしくヘルシーなお味だこと♪

途中箸休めにマンゴーとライムのアチャールを勧められたので
ありがたくゴチになりました。

ちょっとクセがありますがということですがー
はい知ってますよー。
独特の香りと舌にのこる芳香が少々苦手っぽいのは分かっているのですが
ついつい食べたくなる味なんです。
雰囲気のために添えるアイテムという感じかな。

ところで、日本人料理人の作るミールスはこちらで二軒目ですが
日本で食べる分にはそのほうが良いかもと思った。
あくまで僕のイメージなんだけど、
インド人シェフはきっと、より日本人の口に合うよう調理すると思うのね。
逆に日本人シェフはより現地味を追求するんじゃないかと考えたんですがー
いかがなもんでしょう?

チョウク    ランチミールス3


さて、食べ終えて落ち着いた頃、手食者限定記念写真の撮影があるとのこと。
全然気がつかなかったがよく壁を見ると手食されたお客さんの写真が貼ってある。
うむむ・・・顔出しNGなんですけどぉぉぉ。
が、旅の恥はかき捨てということで快く応じましたとさ。

もしも僕の変な顔が見たければお店の方に、
名古屋から来たバカどもの写真はどれかと聞けば、
覚えていれば指してもらえると思います。
ちなみにふたりで写っているのでイイ男の方が僕ですw
(どちらがイイ男かはあなたの美的感覚によります)

フレンドリーで親切なお店。
地元にこんなお店があったらとっても通いたいお店。
CHOWKさんありがとう。
ごちそうさまでした!

チョウク 店内


【お店情報】
CHOWK(チョウク) Webページ
大阪市 福島区 福島2-4-17 
TEL 06-6453-0020
営業時間 11:00~15:00/17:30~20:30
定休日 日曜日/祝祭日は不定休(ホームページで確認すること)
駐車場 なし
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。