豊田市

豊田市 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

思ったよりのどかな所だなーという思いで名鉄平戸橋駅に降り立った
豊田でも山や渓谷のある猿投に近いエリアなので寂れた感じが実に良い。
もともと田舎育ちなのでこういう所はホッとするね

チョウタリ お店


こういう駅前には80歳過ぎのばあちゃんが店番しているようなたばこ屋とかがあって、
未だに瓶に入ったコーヒー牛乳とかが置いてあったりするとうれしいが、
残念ながら僕の妄想を満たすようなものはなかった

てなわけで、こんな場所にもインド・ネパールレストランがあって、
しかもダールバートを食べさせてもらえると聞いたのではるばると訪問。
平戸橋駅から猿投方面に約5分ほど歩いて、チョウタリさんに到着。
アクセスも良いし旅気分も味わえてイイね。

チョウタリ スープ


オーダー後、テーブルに運ばれて来たダールバートタルカリセット1200円は
どちらかと言えばインドのターリーのような感じでちょっとイメージは違った。
ダールは良いとして、チキンと野菜の2種類のカレーは余計な気がする。
ダールバートなら野菜のスパイス炒めなど
他のネパールらしい惣菜のほうがしっくりとくる。

当初1500円のセットと伺っていたが、最近-300円となった模様。
そっちのほうは大歓迎だ(爆)

チョウタリ ダルバート


他のお客さんで賑わっていたら雰囲気はまた違っただろうが、
店内は静かで本当にイナカの食堂という感じだった。
割と知られた店なので、ランチピーク時や夜間はお客さんも多いのかも知れない。

チョウタリ 店内


【お店情報】
インド・ネパールカレー料理 ナンレストラン CHAUTARI(チョウタリ)
名鉄平戸橋駅徒歩5分程度
愛知県 豊田市 青木町4-90
TEL 0565-46-2393
営業時間 11:00~15:00/17:00~21:00
定休日 第3火曜日
駐車場 あり
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

豊田市中心部ビジネス街のお店、インディアンキッチンさんへ行って来ました。

インディアンキッチン  お店


ランチはセルフでおかわり自由の玉子スープのついた
プレートセットを注文するのが鉄板。


インディアンキッチン スープ


店内の真ん中にテーブル2つを合わせた大テーブルが設置してあって、
お一人様はホール係の案内により強制的にそっちへ座るシステム。
周囲にある4人掛けのテーブルはグループ客しか座らせてもらえない様子。

アクトの高い平日のランチタイム・ビジネス街。
お一人様のネクタイ族のおっさんたちが淡々黙々と知らぬ者同士並んで
そのテーブルでカレーを食べるのは殿方には何でもないのだが・・・

その群れに入るのが嫌で、こっそり小テーブルに座ろうとした
女性のお一人様はあえなくホール係に見つかって移動させられていた。
繁華街でお店も混んでいるから仕方ないよね。

ディナータイムには店内に数ある個室席を利用できるようだが、
女子会でもない限り、昼間は"雑居房"ですわな

インディアンキッチン サグキーマ


さて、着席すると事務的に画像の本日カレーのプレート880円を勧められます。
てか、これ以外を食べているお客さんが見当たらない。

本日のカレーともう1種のカレーをチョイスできるが、
は今日のカレーがサグ(青菜)キーマカレーというのを聞き漏らして
もうひとつもよく似たサグチキンカレーを選んでしまった。
絵ズラ的に見栄えは悪くなってしまったが、好物なので問題なし。

ビジネス街なのでいかんせん慌しい感じのお店。
豊田市は活気のある街なので、
名古屋中心部のランチタイム時と雰囲気は同じだ。

インディアンキッチン  店内


【お店情報】
本格インド料理レストラン インディアンキッチン
豊田市駅徒歩2分
愛知県 豊田市 西町1-134ウエスト1ビル2F
TEL 0565-32-8234
営業時間 11:00~14:30/17:00~22:00
定休日 無休
駐車場 コインパーキング利用可
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

はい、今回は和の香り漂う店名の
豊田市にあるカレーハウスサクラさんへお邪魔してまいりましたよ。

カレーハウスサクラ お店


750円の野菜カレーのセットをお持ち帰りのオーダーで。
カウンターに腰掛けて待つ間にうやうやしく出されたスープをゴチになる。

考えてみたらセットにはサラダもドリンクもついているわけだから
待つ間に食べないのはもったいなかったわけだが、
あいにく他店からのハシゴだった為に胃袋にキャパなし。
要求もしないからお店には良いお客さん?(笑)

お店によってはテイクアウトにすると、
セット料金はしっかり取ってカレーとナンしか持たせてくれないところもある。
(50~100円引きの親切店もあるけれど・・・)
言えば作ってくれるので、ドリンクやスープはその場でいただいちゃいましょう。

卵、ベーコン、ミックスベジ、鳥のささ身など
わりと具沢山なスープ。とろみがあってこれはうまかった。


カレーハウスサクラ スープ


簡素なプラ容器に入ったカレーはポリ袋一枚に突っこんであるだけだから
電車で90分の輸送中は結構香りが漂ったみたいね。
迷惑そうな顔を向ける人はいなかったけど、
あまり食べたくなるようなカレー臭ではないもんだから、
なんとなく周囲の空気読めるのがつらいよね

以前エキチカ実演販売のおいしい広島風お好み焼きの箱をぶら下げて
電車に乗ってきたご婦人には摂食中枢を刺激されて涎が出てマイッタけれど、
なんだか僕はとんでもない物を輸送しているような気がした。
ドリアンを持ち込むよりはマシなハズだけどね。

カレーの味は・・・、そうだなあ。
まあ、持って帰って時間が経ってから食べればこんなもんてやつ?

カレーハウスサクラ テイクアウトカレー


表向きはイナカのスナックみたいな外観だったけど、
中はこざっぱりした明るく小奇麗なお店でした。
の訪問時は、お座敷とカウンター席だけでしたが、
Shantiさんによると、その後テーブル席も設置されたようですね。

カレーハウスサクラ 店内


このお店については読者の「Shantiさん」からもレポいただいてますので紹介します。

「ニルバーナ」というお店だった時にお邪魔してましたが、偶然通りかかった時に
「サクラ」に変わっていたので、気になって行ってみました。

ダルフライ ¥750
プレーンナン ¥300
ベジタブルチャウミン ¥500などをいただきました。
ランチセットのチョイスカレーに魅力を感じなかったので単品注文です。
サラダ&マンゴーラッシーはサービスですね

(画像提供 Shantiさん)

インドカレーハウスサクラ Shantiさん


ダルフライ、ナン、チャウミン、全て美味しく頂けました。
ナンは、ほんのり甘くフワフワモチモチタイプで、そのまま食べても美味しかったです
チャウミンは、見た目麺が固そうだったんですが、
食べてみたらそんな事もなく、若干薄味ではありましたが野菜タップリで食が進みました。

【お店情報】
インドレストラン カレーハウスサクラ
名鉄梅坪駅徒歩約5分
愛知県 豊田市 東梅坪町6-8-17コーポ正大102
TEL 0565-35-0182
営業時間 11:00~14:30/17:00~22:00
定休日 無休
駐車場 数台のみ
2010.11.1OPEN
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

最近が食べ歩きで、ちょくちょく出没するようになった豊田市。
今回は、いつでも熱烈歓迎してくれそうなお店、
ウエルカムネパールレストランさんです。

ウエルカムネパールレストラン お店2


しかし、ここまで電車で来るとめちゃ遠いですわ。
車の方が手軽な気がします。

クルマの街、トヨタに「菱」の御紋の車で入国すると
フルボッコにされそうなので(ウソ)電車で来ました。

でも、トヨタ系企業に勤務している知人に聞いたことあるんだけど、
他社の車で通勤すると会社の駐車場の割り当ても
社屋から思いっきり離れた隅っこに追いやられてしまうらしい??
僕の聞き違いでなければイジメっぽくて嫌だなあ

居室の集合住宅側にもお店の看板が掲げてあったので
失礼ながら望遠にて接写。
こういうデザインの看板好きなもんで、
逃がしませんよ~~


ウエルカムネパールレストラン 看板


土橋の駅の改札を出たらほんの1分歩くだけでお店に到着。
てか、お店の入っている集合住宅が駅のホームからも真近に見える。

11時に入店すると、店員さん、
「まだ誰も来てないのでデキマセン」
よくあることなのでのんびり座って待っていると、遅れること15分後、
ネパール人のスタッフ3人がゾロゾロと登場。

ところが、ずーっと待ってた僕を尻目に、
スタッフと同時に入店した
男性ひとり客の方へ先にオーダーを取りに行くので軽くムカつく

ウエルカムネパールレストラン ランチ


Aセット680円の野菜カレーをオーダー。
ナンはスモールサイズです・・・ということだったが、
そんなにちっちゃい気がしない。
B以上のセットは特大サイズになるそうなので、ナン好きな方はどうぞ。

辛さレベル2のカレーが考えていたよりおいしい!
舌の上にコクがしっかり残る感じがあって、ハッキリした味。
目立たぬ小さなカレー屋さんかなあーというイメージを持っていたけれど、
時間をかけて訪問してみて本当に良かった。

ウエルカムネパールレストラン 店内


【お店情報】
ネパール料理 ウエルカムネパールレストラン Webページ
愛知県 豊田市 土橋町8-18旭ビル106号
TEL 0565-24-2244
営業時間 11:00~14:30/17:00~23:00
定休日 月曜日
駐車場 数台のみ、名鉄パーキング利用可、1時間無料チケット進呈。
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

<2011年10月現在休店中>


恐らく世界で一番辛い料理を食べているブータン王国の人々。
辛い物にはめっぽう弱いはずのなのに、
興味本位で一度は食べてみたかったブータン料理。
ついに食べる機会に恵まれましたっ

相互リンクでお世話になっているコラボプラスさんの記事により、
ブータンとインド料理を食べさせてくれるお店、
Tashi Delek(タシデレ)さんのオープンを知ったのがきっかけです。


タシデレ お店


年の瀬も押し迫った昨年12/28、名鉄電車に揺られて豊田の梅坪駅へ。
ここまで自宅からの移動時間約90分。
知立駅からの乗り換え普通電車が結構長く感じます。
梅坪からは徒歩5分弱と楽ちんだけどねー。

お店はインド料理店でもあるので、
ナン+カレーのセットが715円から数種類あり。
でも今回はわき目もふらずブータンまっしぐらw

竜の国と呼ばれるブータン。
チベット=秘境、神秘のイメージも色濃く
さらに世界一辛いと言われるブータン料理ってどんなんだろう?

迷ったあげくスクティをメインにした定食セットをオーダー。
以下に惣菜について簡単に解説していきましょう


タシデレ スクティセット


ブータン料理のランチセットはA~Eまで5種類ある。
どれも興味深く食べてみたい物ばかりなのでオーダーを迷う迷う。
(詳しいメニューはリンク先お店のWebページ参照)

有名なブータン料理といえばエマダツィ。
エマ(トウガラシ)とダツィ(チーズ)をあえた
トウガラシを食べる代表的料理がみつからなかったので、
Eセットのスクティの定食820円をオーダー。
辛さを尋ねられたのでいつものインド料理ノリで中辛と言ってみたのだが・・・

オーダー後しばらくすると体に異変が!
何やら鼻の穴の奥の方がムズムズする。
やば!これトウガラシの刺激来てるんとちゃう?
まだ料理も登場していないというのに、いったいこのあとどうなってしまうのかっ!

もう何度も書いていますが、
ブータン料理が世界一辛いと言われる根拠のひとつを紹介しますと、
トウガラシ(エマ)の多用。
これを香辛料ではなく野菜として大量に食べるという例が物語っているわけですな。

外国人が辛さに弱いことをブータン人は理解しており、
外国人の食事は辛さを抑えたものとなっているのが普通なので、
わざわざ、甘口から作れますよと勧めていただいたというのに
この僕は辛さに弱いにもかかわらず、
中辛という挑戦状をたたきつけてしまったのでございます。

干し牛肉がたっぷり入ったチベット山岳料理スクティ
現地では一般的に山羊肉が使用される。


タシデレ スクティ


さて、ランチが運ばれてきたので、メインのスクティに箸をつけてみた。
から ━━━━ヽ(´辛`)ノ━━━━ い
舌が痛い。。。つか、めまいを起こすほどカプサイシ━━ン
これはもうダメかと思ったね。いきなりのギブアップかと。
そう、3口目ぐらいまでは・・・

どっと汗をたれ流しながらもなぜかこの辛さに慣れてしまった。
スクティは、干し肉をピーマンやトマト、タマネギなどと一緒に
トウガラシでピリ辛に炒めた料理。

肉はジャーキー状なのでカチカチに固いわけだが、
スルメと同じように噛めば噛むほどに旨みがジュワっと沸いてくるんですな。
どうなることかと思った辛さ以上にこの料理がおいしいのであります。

見た目がカレーっぽい旬の野菜とチーズ入りスープ。

タシデレ 旬野菜とチーズいりスープ


続いて旬の野菜とチーズ入りスープはどうでしょう。
トウガラシについで、ダツィ(チーズ)も多用する点でこちらも
ブータンらしいお料理です。味も相当辛そうでちょっと覚悟しました

ニンジン、ぶなしめじ、白菜、ブロッコリーなどのたっぷり野菜に
とろけるチーズの入ったスープはまろやかでおいしい。
心配していた辛さはほとんど感じずフツーにパクパク食べれます。
最初の強烈な辛さの体験で慣れてしまったのかな。

インドカレーの辛さの場合、
いったん「辛い!」と感じたらもうスプーンが進まなくなってしまう僕ですが、
なぜか今回のブータンも含めて、中南米料理などの激辛スパイスには
妙な耐性があるのが不思議ですね。

ブータン風キムチこと「ホゲ」

タシデレ ブータン風キムチ 


メニューにはブータン風キムチと書いてあったけど、
これは明らかに「ホゲ」というブータン伝統料理。

トマト、カブ、玉葱、コリアンダーなどの野菜を
カッテージチーズ、山椒、トウガラシであえたブータンの野菜サラダ。
野菜は季節ごとに異なるそうです。

キムチというイメージから、これまた強烈な辛さをイメージして
恐れをなしていたら全然辛くない。
トウガラシで熱くなった舌をクールダウンさせてくれる
さっぱり冷たいサラダでした。

すべての惣菜を奇跡的にお水の一滴も飲まず完食
決してやせ我慢ではなく辛いなりにおいしいので十分そのままいけました。
ライスもおかわり自由でお米の進む惣菜なので
小食のでも2杯をペロリ。

ブータン、チベット、ネパール山岳地方の料理を体験出来る
Tashi Delekさんはの中では久々のイチ押し店。
アジアンエスニック好きには、
こんなお店が欲しかった気持ちを納得してもらえるんじゃないかな。

ランチメニューの選択肢が広く雰囲気も良いお店なので
通いたいものの、ウチから移動だけで往復3時間というのが唯一の難点。

食後に、「辛くてゴメンネー」とサービスで運ばれてきた
冷たくて甘いヨーグルトにホッとさせられたやさしいお店でありました。

タシデレ 店内


関連記事リンク
コラボプラスさんの記事 「インドモーニング」(外部リンク)

【お店情報】
ブータン・インド料理 Tashi Delek(タシデレ) Webページ 
名鉄梅坪駅徒歩約5分
愛知県 豊田市 梅坪町8-3-4レジデンス梅坪102
TEL 0565-33-3808
営業時間 07:30~10:30(モーニング)/11:00~15:00(ランチ)/17:00~22:00(ディナー)
定休日 第2・第4水曜日
駐車場 7台
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。