2007年02月

2007年02月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店しました>

て、思わず言いたくなっちゃうよね。 なんたってお店の名前は世界一の最高峰エベレストよりも登頂難易度が高いと言われている カラコルム山脈の山が由来だもの。

DSCF0014.jpg

ということでインド料理食べ歩き第三弾は愛知県・七宝町のK2さんにお邪魔しました。

お店の看板にはインド・パキスタン料理とアピールしてあって、
ホームページによるとオーナーさんはパキスタンの方のようだ。

そう言えば昼メシまだだったなあ・・・
思い出しての急な訪問だったので、お店についたのはランチタイムも終わりに近い午後2時過ぎ。
お客さんは誰もおらず店内はガラガラ。
これは落ち着いて食事ができそうだ。

少々狭い店内は隣のテーブルとのスペースも近くて、混雑時は窮屈かなあと感じた。

テレビの取材で訪れた、関根勤さん、モンキッキーさんらの写真が飾ってあるのは良い感じ。
味への期待感も増すじゃないか。

700円のAランチをオーダー。
本日のカレー(野菜とチキン)
ナンorライス
サラダ
ヨーグルト

最近ナンばかりだったのでライスをチョイス。
王道通り硬めに炊いたターメリックライス。
ボリュームもあってなかなかよろし。

ピンボケだが相方はナンをチョイスしたのでこの一枚もパチッとな。

DSCF0013.jpg

さて、辛さの指定で無難そうな中辛に相当する『2』をリクエストしたところ、これがめちゃ辛かった。
たちまち汗と鼻水が流れ出し、舌の感覚が萎えてきた。

辛さはどうですか?
大丈夫ですか?
尋ねられて、答えが顔に書いてあったもんだから、交換しましょうかまで気遣われてしまった。

いやあ、ちょっと甘くみてたかなあ。
このお店の中辛は自分の舌では激辛相当である。
これ以上の辛さとはいったいどんなだろう?
想像したら、再び汗が噴き出した。

ともあれ残さずきれいに完食。

食後、『サービスです』とのことでドリンクのマサラティーが運ばれてきた。
ランチのセット料金に含まれているのか、本当にサービスだったかは聞き漏らしてしまったので不明。

終始お店の方は心配顔のようだったけど、 泣きながら食べていたのは決してマズいとか嫌いだったとかじゃないです。

【お店情報】
K2七宝店 Webページ
愛知県 海部郡 七宝町下之森字稲荷6
TEL 052-446-1947
定休日 月曜日
駐車場 有
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています 来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意
 
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今月二度目のインド料理体験は開店一ヶ月未満のニューフェイス。
岐阜県海津市のAMAというお店へやってきました。
どうなることやら。
画像

広い駐車場に『カレー・ネパール料理・アジア料理』のデカイ看板。
国道に面しているので車でサクッと入りやすい雰囲気だ。
お店内部は豪華な装飾もなく、座席の配置はファミレスを思わせる。
全体的に広めのテーブルが多いため、ひとりで入店するのは気恥ずかしい感じがした。
お供を連れてきて良かった。

ちょうどランチ時でもあり、ほぼ満席と良い感じの客入り。
やはり家族連れや営業マン風なグループばかりで、単独客はみあたらない。

ウチはBランチをオーダーした。

画像お品がき
カレー(ポークをチョイス)
ナン
ライス
シークカバブ
サラダ
スープ

以上で850円
お得ですなあ~♪


変っているのはライスが申告制というところ。
つまりオーダー時に『下さい』と言わなければナシ。
これはもらっとくしかないでしょう。
思ったよりボリュームもあるのでカレーライスも楽しめるってもんですわ。

あと、食後のドリンクも別料金だが、100円のデイスカウント価格。

相棒がオーダーしたのは750円のAランチ。
これはBランチのシークカバブを外したスタイル。

画像角度を変えてもう1枚もらっとこ。
(あまり変ってないな)










辛さは1~10段階の間で選べるとのこと。
事前に5程度が心地よい汗をかけるとの情報を得ていたので、すかさず5をリクエストしたら、
インド人の店員さん、『それ、辛すぎるよ』
ええ、そうなの?
インド人も驚くぐらいなら4でどうだ!

そしたら、『まだ辛いよ』
う~ん、おかしいなあ。
いいのかなあ・・・
仕方がないから2まで落としたらやっと下がってくれた。
多分直前の客に相当辛い辛いと文句を言われたに違いない。

が、ものすご~く物足りない味になってしまった。
勢いに負けておかしな妥協をしてしまったのが敗因である。
次こそ5以上でリベンジだ。

とは言え、さらっとした口あたりのカレーはライスにもよく合って エスニック初心者にやさしい味でありました。


関連記事リンク
岐阜県 海津市 AMA
岐阜からようこそ AMA名古屋店さん

【お店情報】 アマ(AMA)
岐阜県 海津市 南濃町 大字松山4-439-1
TEL 0584-56-0117
営業時間 平日11:00~15:00&17:00~22:00
        土日祝日11:00~22:00
定休日 無休
駐車場 有
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています 来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

外食でカレーライス=CoCo壱番屋という貧弱な発想しかなかったウチ。
市内に本格的インドカレーを食べさせてくれるお店があると知って行ってみることにした。

カレーメニュー


が、『本格的』というのが実はクセモノだったりする。

ジャパニーズ専用にアレンジされたカレーを食べ慣れているウチに『本格的』が合うかどうかは食してみるまで分からない。

事実、以前『本格的タイ・カリー』を食べた時は三口で嫌になった。
ココナツミルクのブレンドが口に合わなかったのである。

しかしツウはこのブレンドが『本格的』だろうがと当たり前のように言うだろう。

パキスタンやカシミール地方のカレーを食べたときも想像していた旨さとは何か違うという感想しかなかった。

なので今回の食い歩きも少々おっかなびっくりなのだ。
本場のカレーは日本のカレーと別の食べ物・・・
念仏のように心で唱えながらの入店。

ランチメニューのタリーセットなる物をオーダー。

カレー横三種のカレー(かぼちゃとチキン・マメ・野菜)
ミニライス
ナン(おかわり自由)
サラダ
カップスープ
食後ドリンク(マサラティーを選択)

以上のお品書き?でちょうど千円とお得。
見た目ゴージャスなだけにちょっとうれしい。




カレー29段階の辛さ指定で5をリクエストし、
おそるおそる口に運んでみたが、全然辛くない。
カレーの味はお上品でクリーミーなテイストだ。

もう少しスパイスが効いたというか、
土臭い物を想像していたが全く違った。

焼きたてのナンはやわらかくてうまい!
おかわり自由だが、2枚が限界のボリュームである。


結論、

エスニック初心者がうんちくをたれるのはまだまだ早すぎとみた。
次回、タンドールメニューにも挑戦して舌を慣らしてみたい。

おっと、書き忘れるとこだった。
食後ドリンクのマサラティーはスパイスがよく効いて体に良さげ。
砂糖を多めに甘みを効かせていただくのが初心者には飲みやすいそうである。

関連記事リンク
ひさしぶりのプルニマ
インドパン
プルニマのディナー
津島市 プルニマレポート5
プルニマ一宮店
プルニマ大治店
プルニマ初のフードコート 日進店

【お店情報】
プルニマ
愛知県 津島市 大和町2-105    
TEL 0567-23-0118     
営業時間 07:00~15:00
       17:00~22:00
定休日 無休
駐車場 有 
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。