2007年03月

2007年03月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日は事前に評判を聞いていつ行こうか楽しみに取っておいた、
一宮市のインドやさんへお邪魔した。

20070327211310.jpg


予めつかんでいた情報によればここはバイキング専門店。

お昼の部900円
夜の部1600円

で5種のカレーとスープ・ナン・ライス・サラダが食べ放題
(夜間はこれに味つきナンとタンドールメニューが加わる)というもの。

今回はランチタイムの午後1時に訪問。
狭い駐車場に車は一台もなくお客さんは誰もおらず、昼食の
ピークも一段落といった印象。

店内は豪華な装飾があるわけでもなくむしろ地味。
大衆食堂といった感じだ。

20070327213855.jpg



席へつくと何も注文せずともインド人ウエイターさんがナンの入ったカゴを持ってきてくれた。

お好きなカレーをお召し上がりくださいとのことで
ご覧のようなカウンターで取り皿に好きなだけ料理を乗せる。
いたってシンプルかつ気取らないシステム。

20070327214823.jpg


食べ始めるとすっかりピークが引けたと思っていたお店に続々とお客さんがやって来て席の大半がたちまち埋まったのには驚いた。

どのお客さんも常連のようで、戸惑うふうでもなく料理を楽しんでいる。

はじめはちょっと小汚い感じの店(失礼)だなあと思ったが、どのカレーもおいしい!
ここはうまいよと聞いて、どううまいのだと困らせていたが
当たり前だがまず食べてみることだと思った。

20070327214836.jpg


気に入ったのは、辛口のほうれんそうとチキンのカレー。
そして、甘口で煮汁がなくなるまで煮込んだジャガイモとオクラのカレー。

この料金にドリンクが込みだとサイフにやさしくて助かるが
残念ながら別料金。
追加に300円のマサラティーをオーダーしたら結構高価なランチタイムになってしまった。

ここのマサラはスパイスが強烈に効いていてツウにはうれしいサービスだが、
慣れていない人は辛くて飲めないと言う。
カレーを食べたあとなのでその感じ分からないでもない。

さて、

手のすいたインド人コックさんが隅っこのテーブルで昼食を取っているのを興味深く眺めてしまった。

彼は普通にお皿の半分にライス、もう半分にルーを乗せた和式の『カレーライス』にしてきちんとスプーンで食べていたのでちょっとがっかりした。

右手だけで食べる『ワザ』が見たかった・・・


【お店情報】
インドや一宮
愛知県 一宮市 あずら2-20-2
TEL 0586-81-5252  
営業時間 11:00~14:00
       17:00~21:00
定休日 無休
駐車場 有
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昔、いつも友達と飲み歩いていた繁華街の雑居ビルに店を構えていた
霊感師というのに冷やかしで見てもらったことあるんですわ。

金縛りとか幽霊見たり、そういうのに興味があったのでね。

そしたら本当に安っぽい再現ドラマに出てきそうな、
いかにも霊媒師でおじゃりまする~という感じのおどろおどろしいオバサンが
白装束を着て、板きれを手にして現れたのでちょーウケた。

そして薄暗い室内で検分がはじまった。

『今日は何のご相談かしら?』

『んーと、最近金縛りとか多いんですよね』

『はいはい、それで?』

『まー、それで何か悪い霊が憑いてると嫌かなと』

『はい、わかりました。じゃあ霊視します』

オレとしては口を開きすぎてヒントを与えるのは嫌だったので口数少なく曖昧な返事をした。

そしたらオバハンは、ちょっとバカっぽい青年とでも思ったのだろうな。
それ以上深く質問せず、じゃあ霊視しますと先に進めた。

そして・・・

『あなた、最近・・・よね』と言い出した。

それを聞いた瞬間オレは、インチキ霊能者と冷やかし半分だったことを恥じた。

ハハーッとその場にひれ伏すのが妥当なほど
『・・・』部分が具体的に当たっていたので焦って赤面してしまった。

『・・・』については伏せるが、
悩みとか体調とかじゃなくて、
実際に最近のオレを監視していなければ絶対に分からない出来事だったので、
千里眼というのは本当にあるのかと驚いてしまった。

で、『・・・』についての話やらオレに憑いているという守護霊やら
先祖霊の訴えとかの話を30分ほど聞いたら、
まだ小一時間は語り合いたいこともあったのに

『じゃあ、今日はここまでで見料一万円いただくわね』
とおひらきにされてしまった。

さらに、

『今後、金縛りに遭いたくなかったら次回正式なご祈祷をしますから20万円もってらっしゃい』
と言われた。

えー、いくらなんでもたかが霊媒ごときで20万も取るのかよ。

前半のやりとりは確かに神通力ここにありという神々しさだったのが
後半のやり取りでいっぺんに胡散臭くなってしまった。そしたらオバハン、

『あなたねえ、ケチケチしている場合じゃないのよ。
自分の将来の為と思ったら安い投資じゃないの。

『そうやってね、
いつも低級霊とか動物霊に取り憑かれて攻撃されていたらつらいじゃない。
苦しいじゃない。
20万円ぐらいね、出し惜しみして将来棒に振っちゃうことないじゃないの』

『皆さんね、お金を借りてでもわたしのところへ来るの。
運勢が上向いた、成功したって喜ばれてね、
何百万円も寄付する方だっているの。

お金ないの?親御さんに相談できるでしょ。
言いずらいのならローンも組めるし、お金貸してもらえるところも紹介するわよ。
あなたほんとに自分のためなんだから。ちゃんとしなきゃ・・・』

あのさあ、ここまでくるともうどっかの悪徳商法マニュアルの音読にしか聞こえないんスけど。

というわけで、これを最後に以降こういう世界には冷やかしでも踏みこむのは遠慮しとります。

それでその後のオレの人生を考えるとですね・・・

オバハンの説得を聞かなかったせいか悲惨を絵に描いたようなわけなんだが。

それでもさ、ボロは着てても心は錦っーの?
こんな状況でも心の中はちょっぴり幸せです。

あの時20万円払っていたら、
次は50万、今度は100万ということになっていたでしょうな。
危ないわあ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<移転され、下記場所にて営業中です>

移転先 愛知県 稲沢市 稲島東2丁目89
名鉄国府宮駅より徒歩5分程度
TEL 0587-32-5111
営業時間 11:00~23:00/うちランチタイム11:00~15:00
お店のWebページ (工事中?)
(2009 年3月追記)


今日もとーとつにカレーが食べたくなった。
と言っても、もはや日本風味のカレーは食べられない体になってしまった。
いわゆるマサラ中毒である。

IMG_0092.jpg


遠出する元気はなかったので散歩をかねてスリランカ料理パハナさんの2回目。

このお店独特のさらさらしたカレーをナンではなくライスでいただこうというのが今日の目的。

本日は午後1時を回ってもほぼ満席の状態。
他のお客さんの多分ほぼ全員がライスをチョイスしていたのでちょっとびっくり。
前回ナンでいただいたのが邪道だったかのように思えた。

ダル(豆)とほうれん草のカレーのBセットをオーダー。
ほうれん草入りだから緑色のカレーかと思ったら黒かった。
シロウトですまん。

IMG_0089.jpg


おしゃれに盛り付けられたライスは量も控え目で女性にはやさしそう。
当然ウチには物足らず。

IMG_0088.jpg


おかわり自由までは言わないが大盛りの指定ができるとありがたい。
ここのランチは量が少ない。
もう一品サラダでもつけばgoo

帰宅して二度食いしてしまった Σ(゚Д゚,,)

関連記事リンク
スリランカのカリー 稲沢のパハナ
リニューアルしてました 稲沢のパハナ
3年ぶり3回目のパハナ
パハナのスリランカ・ランチプレート
熱田区・金山にカフェ・パハナがオープン
ちょ~即席「ランチインドカレー部」で行く金山パハナ
パハナ稲沢店再開
星ヶ丘のパハナ

【お店情報】
パハナ
愛知県 稲沢市 増田北町125       
TEL 0587-32-5111     
営業時間 11:00~23:00                         
定休日 月曜日
駐車場 有(お店横の1~8番に限る)

Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

『おそ松くん』とか『天才バカボン』でよくあるみたいな。
白いまかない服にシェフ?の帽子(コック帽だっけ?)をかぶったままのお店の人が
片手に包丁とか料理のオタマを握り締めて『まてーー』とかって追いかけていくやつ。


ある中華料理屋の前を通ったら、ガーーと自動ドアが開いて
作業員風のおっさんが血相を変えて飛び出してきたの。

で、続いて追ってきたのがまさにマンガの中の人で、手に中華包丁もってた。
『え?うわ!何これ・・』 この関係が頭の中でリンクするまではめっちゃビビった。

あの格好で『まてーー』って、マンガじゃん。
一緒に歩いていた友人とほぼ同時に爆笑の渦へ・・。
思いがシンクロしたわけだ。

しかも、マンガの人は敵を逃してすぐに手ぶらで戻ってきた。
照れ隠しなんだろうな。まるでギャラリーに向かうかのように捨て台詞。
『ちくしょー、ったく逃げ足の速い野郎だ。次会ったらただじゃおかね!』とかなんとか・・

あの人にゃ悪いが再び爆笑の渦だ。
全く期待を裏切らないというか、イメージ通りのセリフを決めてくれるなんてステキすぎる。
人は無意識にシチュエーションに応じた対応をするもんだと感心した。

さて、ほとんど同じシーンをある大型スーパーマーケットの入り口でも目撃した。

小走りで逃げ去る婆さん。
『まてーー』と後を追う店長か売り場責任者とおぼしき頭に三角?っぽい紙帽子を乗せた人。
それこそ首ねっこをつかまれて婆さんは店の中へ引きずりこまれた。

その間、店長は周りの人にも聞こえるような大声で
『また、アンタか。いったい何回捕まれば反省するんだ』とがなっていた。

恐らく無意識に行った周囲への状況説明だろう。
理由なくか弱い年寄りを引きずっているとは誰も思われたくないもんね。

ところで、なぜ『まてーー』なんだろう。
自分も同じこと言うだろうけど、待てと言われて待つはずない。

『止まれ!』も『逃げるな!』も適当じゃない。
『逃げてもムダだぞー』じゃ長すぎるし。
良い言葉はないものかね?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店しました>

バイキング形式のインド料理は初めてだ。
たくさん食うぞーと気合いを入れてお邪魔した今回のお店は
名古屋市・港区のKUMARさん

20070315173526.jpg


大手ショッピングセンター内のテナント店ということもあって
本格派からは程遠いようなイメージがあったものの全くの偏見であり、
中々本格的な料理を提供していることに感心した。

郊外型ショッピングセンターが人気になって久しいが
ちょっとしたお買い物ついでに気楽にインド料理が楽しめるとはうれしいじゃないか。

ランチに用意されたメニューは

カレー3種(エッグ・チキン・野菜)
インド風塩せんべいパパド
ナン
サラダ
サフランライス
スープ

もちろんバイキングなので取り皿に好きなだけ盛って食べられる。

20070315200842.jpg玉子が丸ごと入ったやや辛口のエッグカレーが気に入った。

他の2種はややスパイスが足りずかったるく感じる。
いわゆるカレーライスとして食べる日本人向きの無難な味付けか。






20070315200853.jpg

ランチで辛さの指定はできないが、
テーブル備え付けのチリパウダーで自己流アレンジは可能。

パパドはどうしてもスナック菓子感が拭えず、
食事と一緒にとるのは違和感があった。
アルコール類のおつまみには良さそうだ。

ここのナンは厚みがなくペラペラだがとにかくサイズがでかい。
予め食べやすい大きさにカットされて出てくる。
味は甘みがあって大変おいしい。

最初の意気込みとは裏腹で思ったほど腹におさめきれなかったものの
各一度づつはおかわりしてモト取ったり。

899円というビミョーな親切価格もうれし涙を誘う。
おなかいっぱいエスニックを楽しみたい向きにかなりお勧めでありました。


【お店情報】
クマール アピタ港店
名古屋市 港区 当知2-1501 ポートモールアピタ港店
TEL 052-384-3161 
定休日 アピタの定休日
駐車場 有
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

閉店され、タージマハールというお店に変わっています。
(2009/3月追記)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。