2007年04月

2007年04月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

魚釣りへ行って何も釣れなかった人が帰りに
スーパーマーケットへ寄って魚を買う。
こんなのをマンガで見たことあるでしょう。

子供ってバカだからこういう発想を大真面目でマネちゃうんだよね
(多分オレだけ)

中学生の時に仲間と釣りクラブを作って浜名湖のほうへよく釣りに行っていた。
でも、ある時見事に一匹も釣れない日があったの。

それまで浜名湖からは結構いい獲物を持ち帰っていたもんだから、
待っている家族も期待しているだろうなあと思うと帰り道も足が重いんだよね。

そしたら友達が買っていこうと言った。
買えば高いだろと思ったが、
『何にも釣れなかったの?期待してたからおかずないよ』
なんて言われたらすごい悲しい。

じゃあ3匹買おう。
で、スーパーへ行ってパックの魚を買って帰った。

『ちょうど人数分三匹つれたのねー』とオフクロが言った。
なんかここからすでにヤバいと感じた。

だってあらためて見るとその魚は三匹とも種類が仲良く同じだし、
サイズも揃えたように同じなのはあまりに不自然だったからだ。

そして、台所のオフクロから決定的な一言が飛んできた。
『ちょっと、この魚ぜんぶお腹ひらいてワタが取ってあるんだけど・・・』

うげげ・・。

オレしらんかった。スーパーの魚ってひらいてあるのかよ!

だが、ここでひるんではいけない。
一度ついたウソはつき通すのが男ってもんだ
(どんな男なんだ?)

『あ、ああ、釣ったその場でしめた方が鮮度がいいって聞いたから
ハラワタ取ったんだ』

『あら、そうなの。いつもそこまでしたことないのにね』

あー、もうここで完璧に空気変わりました。
隣でテレビを見ていたオヤジの背中から
はは~ん買ってきたなってオーラ出てたし、
オフクロも対応に困ったような雰囲気。

バレてるなあと思った。
でも自分から全部ウソだと白状する気は起きない。

そして晩餐は始まった。
違う、いつもと何か違って重苦しい。誰も口きかへん。

そしたらとーとつにオフクロが、
『やっぱり釣りたては新鮮でおいしいねえ』と言った。
もうねギクッ!としましたよ。

続けてオヤジが、『うん、そうだな』
うあああぁ、もうやめてくれえ~。
刺さる刺さる、そのいかにも気を使ったような物の言い方。

これスーパーで買った魚だろう。正直に話さんかと、
とっちめられたほうが気が楽なのに
両親はまるで口裏を合わせたかのように、
おいしい、新鮮だ、大漁だったね・・・と続ける。

これがドラマだったらね。バンッと食卓を両手で叩いて、
『もういいんだよ父さん、母さん・・・』と告白が始まるとこだ。
大事なクライマックスなわけだ。

これ自体が刑罰だろ。
そうだこれはもう罰を受けているとしかオレには思えなかった。
いやあ、これはもうね胸ぐらつかんでゆすられるとか罵声をあびるより効果的だね。

だから世の親御さんも叱るときは、何で万引きなんかするんだー、じゃなくて
『今日は大漁だったね』といってやって下さい。
(ウソですよ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

朝起きると無性にダルバートが食べたくなっているじゃないか。
普通の日本人にそのような欲求は絶対に現れないのだろうが、
こちとら重症のマサラ/エスニック中毒患者。
思いがけないところでとんでもない症状に見舞われることだってある。

ダルバートとはネパールの定食だ。
そこらのコンビニで手に入る物ではないので
もうネパールキッチンへ駆け込むしかないでしょう。
ということで久々の来店。

20070426174003.jpg


貸切状態の店内に転がりこんで ^^;)
1620円のサフランライスセットを注文。

20070426175824.jpg



よく炒めたサフランライスにカレーとダルスープを加えながら
スプーンでぐちゃぐちゃと混ぜながらいただく。
これはかなり旨い!
禁断症状に苦しんだだけあって大満足。 ^^)

20070426174033.jpg



20070426174016.jpg


関連記事リンク
ネパールキッチンで気分はヒマラヤ
ダルバート3部作完結編 ネパールキッチン

【お店情報】
ネパールキッチン
名古屋市 中村区 野田町又部31-1
TEL 052-413-7137  
営業時間 11:00~14:30
        17:30~23:00
定休日 第1・3木曜日
駐車場 有 
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店しました>


本日はなかなかの有名店へお邪魔した。
家庭的な雰囲気とタンドリーチキンがおいしいことで評判が良い
名古屋市・天白区のフルバリさんだ。

20070424225323.jpg


あれえ?
小さなお店の中はいつもお客さんでいっぱいと聞いていたが
誰もいないぞ。

20070424225351.jpg



まあ、混雑しているよりお客としてはすいている方が
落ち着いて食べられて良い。

タンドリーチキンつきのBランチ(1050円)をオーダー。
カレーはマトンの辛さ4をチョイスして
先にきた赤いドレッシングのかかったサラダを食べながら
静かに待つ。

20070424225340.jpg



このドレッシングはスパイスでも効いて辛いのかな?
ん・・・味がしないなあ。
食塩をかけたくなったが、テーブル上にはなかった。

おぉ!このチキンはさすがに評判なだけあってうまいね。
しっかりスパイスが染みておいしい。

ランチタイムのほんの付録だからもっと小ぶりかと考えていたが
このサイズだと食べたなあという気がする。

つけ合わせのレタスにまでコショウを振って辛くしてあるのは
インド式ご愛嬌かな。

20070424225408.jpg



さあ、カレーやナンなどメイン登場。
が・・・

まず、ナンはギー(バター)がこれでもかとベトベトにぬって
あって裏生地までしみこむ勢いなのだ。
口に入れてみるとベチャベチャと脂っぽい。
はじめてたった一枚のナンを食べきれずに残してしまった。

それにマトンカレーはまるで塩の分量を間違ったかのように強烈に塩辛く
ナンの脂とカレーの塩分が早い段階で胃にもたれてしまった。

野菜カレーを食べていた相棒は
酸味が程よく効いてとてもうまいと言っていたのでウチのを試してもらったが、
やはりこちらの味は何か変だと言っていた。

20070424225422.jpg



現在の厨房は来日間もないオーナーの親戚の青年が調理を担当。
背後からオーナーが指導するという形のようだ。
まだ微妙なコツなどを習得していないのだろうか?
いずれにしろ修行がんばって欲しい。

評判のおいしいタンドリーチキンを食べられたことは収穫だったが、
その他に関しては聞いていた事とかなり違ったかなとの印象。

こればかりは個人の好みや味覚センスによるので一概にどうのと
言えないが正直に感想を書いてみた。

ネパール人オーナーご夫妻はとても気さくな方で
いろいろお話ができたのは和んで良い。


関連記事リンク
フルバリ緑本店
う~ん、何か違ったフルバリ豊明店
いろんな人に間違われたよ フルバリ稲沢店

【お店情報】
フルバリ
名古屋市 天白区 古川町142 (野並交差点を西へ徒歩2分左側)     
TEL 052-895-0876     
営業時間 11:00~15:00
        17:00~22:00
定休日 不定休
駐車場 無
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ビンディ(Bindi)とはインド女性の額についてるあのポッチのこと。
すなわち既婚のシルシ。
本日はローカルグルメ番組でも度々取材されたことのある
ビンディ一宮店さんで食いだおれてきた。

20070417201142.jpg



見事なまでにまっかっか・・・
というか朱色に染まって異彩を放つお店である。
ちょっと入るのに勇気いるかも。

思い切って入店すると
オフランチ間近の午後2時ちょっと前だというのに
お客さんで席がびっしりと埋まっている。

その大半が若い女性同士のグループだったのにまた気後れする。
女子高生で賑わうパフェ専門店にひとり入店させられて罰ゲームを受ける男の
ような心境になる。

少し待たされて女性の群れのど真ん中へ案内された。
すでに異彩を放っているのはこちらの方である(汗)

まあ、臆してばかりもいられない。
60秒で場にも慣れた ^^;) ことだし
950円のTWOカリーランチというのをオーダーした。

本日のカレー(だいこん・ぶなしめじ・ブロッコリー)に
もう一種類のカレーをチョイスできるので
チキンマサラをリクエスト。
辛さは中辛を指定した。

20070417201117.jpg



チキンマサラはドロッと濃厚でよく煮込んである。
本日のカレーはあっさり、さっぱり、さらさら~と言った具合。
どちらにも対照的な旨味があるのが気に入った。

おかわり自由のナンはやや小ぶりだがとても食べやすい。
ついつい3枚もいただいてしまった。

20070417201203.jpg



あとはカップスープがつくが、
サラダやドリンクは別料金なので料金高めかも。
(ナンをしっかり食べてモトを取ろう!)

すぐ近くに同じインド料理店『インドや』があって
向こうはランチタイムにカレーをたっぷりと食べたい
サラリーマンの集まるお店との印象を受けたが、

本日のお店は、ヤングミセスの社交場といった感じで
男が単身で乗り込むにはちょっと敷居が高かった。

やはりインド料理はおしゃれ感よりも
ヒマを持て余した店主
店内で子供をあやす母親
ハエが飛び回る光景
が自分には合っているのかも知れない。

【お店情報】
ビンディ一宮店 Webページ
愛知県 一宮市 森本1-19-13   
TEL 0586-72-8666   
定休日 無休
駐車場 有
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

インド料理食べ歩き出発点となった記念すべきお店。
本日は二度目の訪問。

20070412204105.jpg


SPランチ・・880円をリクエスト

本日のカレー(里芋・ぶなしめじ・いんげん・チキン)
お代わり自由のナン
スープ
サラダ

20070412204050.jpg



クリィーミーな中にもスパイスほど良いカレー
ナンはふわふわ、もちもち
サラダはシャキシャキのフレッシュ感

いやあ、プルニマさんほんとおいしいです。
ここのは洗練されたうまさがある。

インド料理店なのに独特の土臭さがなく
おしゃれだなあと改めて思った。

次回の日替わりカレーも楽しみだ~♪

関連記事リンク
挑戦インドカレー
インドパン
プルニマのディナー
津島市 プルニマレポート5
プルニマ一宮店
プルニマ大治店
プルニマ初のフードコート 日進店

【お店情報】 初回訪問記事参照

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。