2007年05月

2007年05月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

切手集めが流行していた小学生来
ウン十年ぶりに記念切手シートを買ってみましたよ。

IMG_0255.jpg


今年2007年は日本とインドの交流年ということで
これを記念した切手が発行されるとの情報をゲット。

私的に今年はインドにハマっているし、
普段切手に縁のない自分がこういう情報を偶然知ったのも
何かの縁。

やはりインドに呼ばれているのでしょうかね。 

しかし一枚ぐらいはインドカレーをデザインした物があっても
良かったと思うよ。(^^;)

IMG_0257.jpg


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店しました>

中村区名駅・国際センタービル近くのガラムガラムさんを初訪問だ。
どこかのブログで名古屋唯一の南インド料理店のような記述を見た覚えがあるので、
ミールス(大皿定食)も食べれるかもと期待したのだが・・・。

20070522103012.jpg


お昼はランチメニュー以外出さないとのこと。
受け取ったメニューを見てもミールスはおろか、サンバルだのラッサムだの
南インド料理を感じさせるものはひとつもなかった。
ちょっと予習がたりなかったのかもね。

店内の雰囲気は噂通り家庭的な感じで地味だけど落ち着ける。
オフィス街から多少小路に入った小さなお店だがカウンター、テーブル席ともまずまずの客いり。

このテーブルも写真を撮った直後にサラリーマングループで埋まった。

20070522103042.jpg


二種類の味を楽しめるハーフ&ハーフセットを注文してみた。

20070522103023.jpg


チャナダルの豆カレー
ポークビンダル
ターメリックライス
サラダ
以上で750円のサイフにやさしい価格。

ナンかライスかの伺いもなしにライスなところが
米食たる南インドを唯一感じた。

私的には原型をとどめず砕けた物が好みなので
粒の大きな豆のカレーはいかにも口のなかがマメマメだなと当たり前の印象。
しかし、ダルカレーの基本に忠実な甘めの仕上がりに満足。

かたやポークビンダルはスッキリした辛さでたちまちファンになった。
肉もほどほどサイズが適量はいっているしこの肉がまたうまい!

ただ黄色いだけで特別に味が良いわけでもないライスだが、
二種類のカレーをぐちゃぐちゃ混ぜて食べたら実においしかった。

テーブルに二種類のアチャール(インド風漬物)が用意されており
これだけでもライスが進んでいく。

おなかが十分ふくれるという感じではないのでもうちょっと全体量が多いとうれしい。
機会があったらぜひディナーに行ってみたい。

20070522103034.jpg



【お店情報】
ガラムガラム
名古屋市 中村区 名駅3-18-22
TEL 052-583-0508
営業時間 月~金11:30~21:00
        土・祝 11:30~20:00
定休日 日曜日
駐車場 無 
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

残念ながら閉店されました(2008/3月追記)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

たいていのインド料理店は11時頃に開店する。
よく行く愛知県・津島市のプルニマさんは元喫茶店を改造したお店ということと、
名古屋人の喫茶好きを考慮してか朝7時に開店してがんばっている。
もちろんこの地方独特のモーニングサービスのメニューで対応だ。

20070518080959.jpg


モーニングサービスとは午前10時ぐらいまでを上限にした朝のお得なメニューセットのこと。
例えば一杯350円のコーヒーもモーニングサービスではゆで玉子やトーストがついてこのお値段になる。

愛知県や岐阜県の喫茶ではモーニングサービスが過熱傾向にあって、
バイキング形式も登場するほど。
モーニングサービスの豪華さが喫茶経営を左右すると言える。

さて、インド料理店のモーニングメニューはどんなもんかと思ったらいたって普通だった。
ドリンク+ゆで玉子+サラダ+パン

どのパンをチョイスするかが喫茶になるかインド的になるかの分かれ目だ。
バタートーストやサンドイッチそしてインドパンから選択できるので当然インドパンを指定。

果たしてインドパンとはなんだろう。
やっぱりいつも食べているナーンか?

それがナーンだろうがチャパティだろうがそうはメニューに書かないで
『インドパン』としてあるのがかわいらしい。
日本人にわかりやすく配慮したというか
『ロバのパン』みたいな感じ。

そしてあらわれたインドパンは
怒ったフグのようにまあるくふくれたプーリだった。
思わず口にだしてしまった。
『あっ、プーリ』

20070518081010.jpg



それを聞いたオーナーさん(多分ネパール人)
『ソウデス、プリデス』とニッコリ。

知ってたわりに食べるのはじめて。
何これ、めちゃうまいですやん。
プーリはインド式の揚げパン。
揚げたて熱々でプリプリにふくらんだパンを裂いて口にいれれば
食感サクサク心地よくほのかな甘みが広がる。
幸せじゃあ。

これは最低でも三個は食べたいね。

あ~、やっぱりおかわりできないんですって。
でもせめて一回だけでもおかわりできたら良かった。


関連記事リンク
挑戦インドカレー
ひさしぶりのプルニマ
プルニマのディナー
津島市 プルニマレポート5
プルニマ一宮店
プルニマ大治店
プルニマ初のフードコート 日進店

【お店情報】 初回訪問記事参照

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行 (いんど・いんどシリーズ)ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行 (いんど・いんどシリーズ)
(1999/01)
渡辺 玲

商品詳細を見る

カレー伝道師で南インド料理の専門家 渡辺玲氏の1999年著作。
南インド料理のイロハを知る名著と評判が高かったのでぜひ読みたいと考えていた本。

すでに絶版なので入手をあきらめていたところ、Amazon.comで帯つき新品を1冊だけ発見。
他にも在庫はあったけど中古ばかりで高い書店だと2千円~5千円のプレミア価格がついていた。
そこを定価で新品を入手できたからかなりうれしい。

もちろん料理の話が中心だが、旅のエッセイとしても読めるので
旅行を考えている人にも参考になる。
難しい話は抜きでとても分かりやすい文章で書かれているので
読み手にやさしく楽しい気分になれる。

本編の合間に数々のレシピが登場するが、当然自分で作ってみたい衝動にかられる。
現実的には難しいのだろうが、スパイスなど材料さえ入手できれば自分にもできるかもしれない。

ぜひやってみたいと思わせるところは心憎いばかりである。

この分野に興味のあるかたにぜひ読んでもらいたい一冊。
ネットで検索すればまだまだ入手チャンスありですぞ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

アジア・カレー大全―アジア中のカレーを食べ尽くしたい!アジア・カレー大全―アジア中のカレーを食べ尽くしたい!
(2007/04)
旅行人編集部

商品詳細を見る

本日Amazon.comから着弾したのでポツポツ眺めてます。
キレイなお姉さんの写真集よりカレーの写真にコーフンしますw

表紙のタイカリーの彩りがなかなかのインパクト。
実際食べるのは暴力的辛さだろうから遠慮するとして
こういうのはいいよねえ~♪

indian01[1].jpg



meal02[1].jpg

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。