2007年07月

2007年07月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店しました>


突発的マサラ中毒発作にそなえて(^^;)
ウチのインド料理食べ歩きは事前にサイトで調べた行ってみたいお店をいくつか手帳につけてある。

どうせ行くなら初めてのお店と思ったなら冷静に手帳を開いてみるだけだ。
というわけで名古屋市・中村区シリーズが続いているが、
今日は中村区のメーラさんへ伺った

o1LlZJdFKrCq0cac1o03ks3kskXL00.jpg


店のドアに貼ってあるカレーランチセット・オール500円のポップが目を引く。

ダル、チキン、野菜から好きな一品をチョイスする
カレーとナンorライスのセットがわずか500円なのだ。

ドリンクやサラダも食べたいなあ・・・

だいじょうぶ。
サラダとマンゴージュースのセットがランチ価格で200円だ。

結局700円じゃないかという声もあろうが、
このぐらいの良心的価格ならセパレートにしてあっても良いのでは?

カレーとナンとお水だけで結構ですと言うなら本当に500円ですんでしまうのだから。

ランチタイムは他のメニューも安いよとオーナーが言うので見ると、
タンドリーチキン1Pが300円と書いてある。
これで本日のランチのお値段は合計1000円也。

27wifbHmJ47sCNBM3603ks3kskXL00.jpg



そのタンドリーチキンのおいしいこと。
ビシッと効いたスパイスはカレーより印象に残る味がした。
食べがいのある大きさとジューシーさにこれまでのどのお店より気に入った。

よくメニューを見たらこのチキン、ランチ外でも400円(1P)で提供している。
これはお得だ。

注文したダルカレーは濃厚でおいしいが少々重い感じ。

L9sifbHmJ47sCNBM3603ks3kskXL00.jpg



テーブル上の辛味ソースで調整するタイプ。
こういうのはどうかなと以前は考えていたが、
マイルドからじょじょに辛くしていく過程がわりに楽しかったりする。

今日のお勧めカレーがビーフカレーだったことにちょっとびっくり。
ビーフはビーフでも水牛とかだったら食べたかったかも。

きれいなギター型をしたナンの成型技術にちょっと見とれた。

pnJnMXz1po0L1iXx0503ks3kskXL00.jpg



固めのパリパリ系でやや小ぶりだ。
やはりモチッとしたやつのほうが好きだなあ。

全体的によくある味系のお店だったが、
おいしいタンドリーチキンと丁寧な接客に好感が持てた。

完全予約制だが、インド式マッサージ
リラクゼーション・メーラを行っているとのこと。
1時間6000円だが、500円ごとの食事に1枚ついてくるチケットを3枚集めれば3500円になるそうだ。

I0ojbae0wqmJmawSCU03ks3kskXL00.jpg



関連記事リンク
メーラ再訪

【お店情報】
メーラ Webページ
名古屋市 中村区 亀島1-8-26
(地下鉄亀島駅4番出口を名古屋駅と反対方向へ少し歩いた所。
ローソンの向かい)
TEL 052-451-1144
営業時間 11:00~14:30/17:00~23:00
定休日 無休 
駐車場 無
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意
Webページ情報については のびたさん よりお知らせいただきました。ありがとうございました。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

大正時代に建てられた古い民家を改装して小さな看板しか出さず、
両隣も民家に囲まれて住宅街の中に完全に溶け込んでいるお店と書けば
ピンときた方も多いだろう。

本日は名古屋市・中村区のインド・ネパール料理店、
ネバーランド日本さんへお邪魔した。

LDJDNJREwqmJmawSCU03ks3kskXL00[1].jpg

徒歩数分の距離に叔母の家があり、車を停めさせてもらって歩いてお店まできた。
6台駐車可能な駐車場があるとのことだがお店の向かいには見当たらない。

少し離れたところにネパール国旗の貼ってある駐車場をみつけた。
ここが専用駐車場だろう。
但し狭くて停めづらそうにみえたので車で来られる方は注意。

隠れ家という言葉がぴったりのお店だ。
下調べもなしに、散歩途中に見つけた的には絶対たどり着けないであろう。

興味を持ってじっくり観察しないとお店と気がつかないほどの外観。
一度目は素通りしてしまった。

が、入店するとそこは民家調から一転の別世界。
紛れもないレストランだ。
ヨーロッパ調という感じか?おしゃれだ。
そして意外と広い。

自分がかけたテーブルを撮影。

KkJDNJREwqmJmawSCU03ks3kskXL00[1].jpg



ここにひとりかけていたとはちょっぴり淋しいかな。
いや、贅沢といっておこう(笑)

ランチAセット1000円を注文した。

チキンカレー(辛さ指定なし)
辛いタレつきのナン
サラダ
チャイ

リンゴのドレッシングに胡椒がピリッときいたおいしいサラダ。

p9Lhaay3oJEolgYR7T03ks3kskXL00[1].jpg



これは正直バケツ一杯でも食べたいと思った。

カレーはマイルドでやさしい感じ。
セオリー通り鳥皮をむかれたぶつ切りチキンがひと切れちょこんと乗っている。

onokcZSnJ47sCNBM3603ks3kskXL00[1].jpg



シンプルで非常に簡単な出来に見えるが、きっちりスパイスも効いている。

ナンは小ぶりで薄いパリっとタイプなのでふわもち系好きには好みの別れるところか。
ややスパイシーな赤いタレが少量皿に乗っていた。
こいつをナンにつけても大変よく合う。

いかんせんどの料理も量が少ないのでたちまち食べ終えてしまうのと、
自分のような大男のおなかを満たすに程遠いのは不満。
が、どの料理もおしゃれでやさしい感じに好感が持てる。

あくまでオレ基準なので一般にはカロリー的にちょうど足りているかも知れないし、
若い女性はちょうど良いと感じるのかも。
料理そのものは大変おいしいので足りなければ追加オーダーすればよいが・・・。

約1時間の食事中お客は自分ひとりだけで少々人恋しい感もあったが、
静かに流れる有線のボサノバやJAZZに耳を傾けながら飲むチャイもリラクゼーション効果抜群でよろし。

さて、叔母によるとこのお店、タレントの坂東英二さんが地元の名所やグルメを紹介する
『名古屋発そこが知りたい』というローカル番組で紹介されたばかりとのこと。

もしもこの情報を知っていたら多分今回の訪問はしばらく見送ったろう。
テレビで紹介=押すな押すなの大繁盛イメージがあるからだ。

が、さすが隠れた名店ネバーランド日本さん。
ちょっと紹介されたぐらいじゃたどり着けないロケーションなのである。

余談だが、ランチセットだけではおなかがふくれなかったことを伝えると
気をきかせた叔母がお寿司を用意してくれたおかげでやっと満腹に ^^;)

帰りに実家へ寄るとおふくろからも
『そのお店テレビで見た!』
叔母と同じことを言うのがおかしかった。

w0smgXxCKrCq0cac1o03ks3kskXL00[1].jpg



【お店情報】
ネバーランド日本
名古屋市 中村区 下中村町1-121
TEL 052-483-4307
営業時間 11:30~14:00
       17:00~22:00
定休日 月曜日 
駐車場 有(本文参照)
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

[RSS] [Admin] [NewEntry]

いつもよく食べに行っている
愛知県・津島市のプルニマさんのディナータイムへ初めてお邪魔してきた。

そういえばインド料理店のディナータイムは初めてだ。
そこではどんな怪しい宴が行われているのだろうか・・・

L7IiXBenJ47sCNBM3603ks3kskXL00[1].jpg


と、心配?するまでもなくファミリーで賑わうお店へ夜8時ごろに到着。
本日は優秀な運転手つきということでインドビールも試してみようとマハラジャを注文。

3lwlMLHCKrCq0cac1o03ks3kskXL00[1].jpg



飲めるのはウチだけなので用意されたグラスにはつがず王道通りラッパ飲みだ。
やっぱ外国ビールはマズイな。
話のタネというだけでやっぱビールは国産がいい。

でも、ビールのおつまみにサービスでパパドがついてきた。(嫌いなんだけど)

夜のセットメニューであるラジャセット1500円をオーダー。
サラダ
ナン
鉄板チキンティカ
アルパラク(ジャガイモとほうれん草のカレー)辛さ7のvery hot

相棒は上のセットにチキンカレーをチョイス。
インド料理初体験ということで辛さ7にビビっていたが
ここの辛さ評価はそれほどでもないと説明。
普通に納得して食べてた。

4nLCbwd3oJEolgYR7T03ks3kskXL00[1].jpg




このお店でサグ(青菜)系カレーは初めてだなあ。
たっぷり使ってあるせいか、ただただマイルド。
少々おとなしい仕上がりだがこういう調理法なんだからこれも良い。

チキンティカにはガーリックティカがひとつ混じっていたのも心憎い。

JkslMLHCKrCq0cac1o03ks3kskXL00[1].jpg



同時にだされた専用のチャトニ(タレ)が2種類。
どれもピリッと辛くておいしい。
本命のティカにはかけず、ナンにつけたらやっぱりうまかった。

相棒はナンをおかわりし、ウチはライスをもらって満腹。
ディナータイムでも平日に限りナンかライスを一回だけおかわりできるシステムだ。

客入りも相当あって、このお店も地域に根ざした安定感を感じるところがうれしい。

さて、ふと気づくとあれだけ賑わっていた店内も自分たちだけになっていた。
時計を見ると軽く夜の10時を10分ほど回っていた。

あらら、確か閉店は10時だったよね。
おいしい料理を食べ、会話に花が咲いてしまったようである。

ネパール人スタッフたちにニコニコと笑顔で送り出される。
文句も言わず長居をさせてもらいすみませんでした。

21oiXBenJ47sCNBM3603ks3kskXL00[1].jpg


関連記事リンク
挑戦インドカレー
ひさしぶりのプルニマ
インドパン
津島市 プルニマレポート5
プルニマ一宮店
プルニマ大治店
プルニマ初のフードコート 日進店

【お店情報】 初回訪問記事参照

[RSS] [Admin] [NewEntry]

梅雨の曇天の中、イナカ者ふたりがお上りさん気分でやってきたのが
名古屋駅前にそびえ立つJRセントラルタワーズの13Fにある
マハラジャ(Maharaja)さんである。

首都圏を中心に14店舗を保有するという巨大インド料理店だ。
少々敷居の高さを感じるがどうなりますことやら。

IMG_0349.jpg


混んでいることを想定して午後1時にお店の前にやって来た。
呼び込み店員がちょっとウザイかな。
やはり店内はそこそこ混んでいた。

中心はヤングミセスや若い女の子のグループ。
ビル全体が名古屋駅前の手軽な観光・ショッピングスポットと化していることで、
電車で隣接市町村からやって来たとおぼしき『おばちゃん』のしゃべり場の様相。

ウチの隣のテーブルは欧米系外国人4人グループだった。

1350円のタンドリーミートランチをオーダー。

IMG_0352.jpg


黒いのがチキンカレー。
黄色がジャガイモとニンジンの野菜カレー。

相棒は1300円のベジタブルランチで黒いのがホウレンソウに、
マトンのシークカバブがベジカバブになってあとパパドもついていた。

オーダー時に辛さについて聞かれなかったのでごくマイルドな風味。

ちょっとスパイス感が足りないのと、このお店もカレーの量が少ない。
ナンやライスのおかわりが自由でもカレーが先になくなってはどうしようもない。

真ん中のライスが長米のインディカなのが好印象。
たいしておいしくはないが物珍しいのでライスのおかわりをしたら、
次に出てきたのはベチャッと炊きあがった日本米だった。
わざわざこんな不自然な形で二種類のお米を用意しているのかなあ。

タンドリーは本当のオマケ程度。
チキンは火を入れすぎて黒こげで全く食べられない。

ランチはインド料理のサンプルを皿に寄せ集めただけという感じで
特筆すべき味の特徴のないお店との印象。

別料金のドリンクは一律250円で提供していると言え、
料理と合わせると結構なお値段になってしまうのも残念。

ウエイターさんお勧めのマンゴーラッシーは確かにおいしかったが
料理のほうでも満足したかったね。

ちょっと高かったし・・・

IMG_0350.jpg



【お店情報】↓Webページ
マハラジャ名古屋(ぐるなび)
マハラジャグループ
名古屋市 中村区 名駅1-1-4 JRセントラルタワーズプラザ13F
TEL 052-587-5755
定休日 無休
駐車場 無
Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日タクシーに乗ったら運転手さんが話し好きな方でけっこう面白い話が聞けた。

以前ある富豪の元でお抱え運転手をしていたそうだ。

それなりのステータスと莫大な財産を持つ人のお金の使い方はものすごいらしい。
デパートから、今度○○という新製品が発売されるんですとか連絡がはいると、
実物すら見ないで持ってくるように言うとか。

一個が数万円の梅干とか神戸牛やら松阪牛でも、
良い物が入ったからと知らせがはいると自動的に買うと。
そういうシステムらしい。

そんな富豪の運転手だと色々な所へ付き合わされて運転業務も大変だろうし、
休みを削られたり緊急の呼び出しをくらったりとキツイでしょうと聞いたら

土日祝日は完全にお休みで平日も来客はひっきりなしにあったものの
あまり遠出や外出がなく、
ほとんど車の洗車やら部屋でおやつを食べたり
テレビや雑誌でヒマをつぶしながらの待機だったとか。

そのおやつとやらも夕張メロンがでたり、
昼飯も料亭の仕出し弁当が使用人全員に支給されたり、
富豪の処理できないいただき物をおみやげで手渡されたりとなかなかのセレブ。

『それでね、手取りで月給40とか50万円ぐらいもらってたんですよ』
え!すごいな。それ、オレもやりたいわと会話が弾んだ。

で、その運転手さん良い人なもんだから富豪に、

『こんなにもらうの悪いから休みの日もどんどん呼び出して用を言いつけて下さい』
と申し出た。

すると富豪は、
『君が休みの日はハイヤーを呼んでいるから大丈夫』とおっしゃったとか。

素晴らしい。こんなご主人様がオレも欲しかった!

てか、庶民感覚で言えばそのたびタクシー呼べばお抱えいらんだろ。
もったいない。

『で、なんでそんなおいしいとこ辞めちゃったんですか?』

『いやいや、辞めたくて辞めたんじゃなくてね。
だんな様があることで逮捕されちゃったんですよ。
それでその仕事をなくしちゃったと・・・』

ふむふむ富豪とは悪徳代議士か暴力団を裏で操る裏家業総裁だったのか・・・。
絵に書いたような結末だなあ。

富豪が別荘(刑務所)から出てくるのを
『お帰りなさいませご主人さま~~』
と、けなげに待っていたというオチなら良かったんだけどさ。

運転手さんあまりにぬるい環境で楽な思いしてたもんだから、
その後タクシー会社を三つも転々としたそうで。

『こんな商売でもね。会社入っちゃうと厳しいですわ』

人生いろいろある。まあ、がんばれ。
オレもがんばってご主人様とやらを探してみる。
あれ?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。