2008年01月

2008年01月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<プロキリティというお店に変わりました>

詳細→ サプナ大曽根店→プロキリティに変更

名古屋市北区のお店はここがはじめて。
ということで千種区今池にも店舗のあるサプナ大曽根店さんへやって来た。

オレンジと緑のストライプの目立つ外装は遠くから見ればコンビニ店のような感じ。
が、近くでじっくりと見たらこのデザインはインド国旗を表していた。

IMG_1078.jpg

おやつタイムの3時までランチをやっているということなので混雑時を避けて
1時半ちょうどに入店するとお客さんはひとりだけ。

ゆったりした店内で調度品や内装写真撮りホーダイの撮影会(笑)
このところ混雑店訪問が多く思うように写真が撮れなかったので気分良。

ランチはA~Gセットまで7種類もあるが
700円~1000円と300円の差しかないのが面白い。

IMG_1069 (2)


しかも、タンドリーもつかずカレーも一種類しかないEセットは850円なものの、
チキンティカとカレー2種のつくその上のFセットは900円と差額がわずか50円
やっぱり値段の付け方が面白かった。

じゃあ一番上のGセットは?
Fセットのカレーが三種類になり、チキンティカにシークカバブがプラスされて1000円だから
差額は100円!

Fセット 900円をオーダー。
チキンカレー
野菜(ジャガイモ・カリフラワー・グリーンピース)
共に中辛
チキンティカ
サラダ
ナン
ドリンクにラッシー

IMG_1070.jpg


ここは甘めなので希望よりひとつ上の辛さを・・とのレビューを多く見たが
中辛ぐらいがウチにはちょうど良いね。

ゴマの香りの効いたドレッシング味のサラダを箸休めにとっておいて良かった。
こいつで口中をさっぱりさせながら食べる。

ランチのランクが上がると皿数は増えてもカレーの量がちょっと少なめな感じ。
もう少し量があればうれしい。
よくある標準的なインド料理店の印象。
ランチが安く種類の豊富なのはお勧めである。

IMG_1076.jpg



関連記事リンク
サプナ稲沢店オープン
サプナ稲沢店
サプナ弥富店が3月下旬にオープン
橋を渡ればすぐ三重県 サプナ弥富店
愛知のサプナはこれでコンプリ。今池店を訪問
サプナ清須店まもなくオープン。 アップ・ツー・デート情報
田舎のお店ですが流行ってます サプナ清須店

【お店情報】
サプナ大曽根店 Webページ
名古屋市 北区 大曽根2-3-5 サン大曽根
TEL 052-981-0721
定休日 無休
駐車場 無/お店裏にコインパーキング有

Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

3921152-1.jpg久しぶりに図書館へ行ってみつけた1991年刊行の絶版本。
結構多くの人に読まれた痕跡があった。

インドへ料理留学へ出かけた女性の旅行記。
料理に関する難しい記述はでてこない。
彼女が現地で感じた印象が良いことも悪いことも素直に書かれているエッセイである。

印象に残ったところをかいつまんで紹介すると
インドの中流以上の家庭のサーバント=使用人に関する記述。



就学もせず十代の子供が台所や掃除に子守をし、
決して主人と食事を共にすることは許されず、
夜は固い床にボロ布を敷いて丸くなって眠るという現実。

長年の付き合いのある親しい現地家庭なのに滞在費を現金で要求し
何やかやと金額が釣り上がっていくという生々しい料金ごまかし。
インド相場としては確かに高いが日本感覚ではまだまだ安いということで
自分を納得させつつ支払う著者のこっけいさ。

インド人は強欲
礼儀をわきまえたインド人は数少ない。
結婚の際は花嫁側が莫大な持参金を用意するので結婚後に嫁を殺害して
次の嫁の持参金を狙う犯罪まである。

とまあインド人への不審がつのるエピソードもあったりして
真実のインド恐るべしといった内容。
ちなみにウチも知り合いのネパール人が眉をひそめて
『ワタシ インドジンキライネ』
と言うのを聞いてからインド人が怖かったりする。
どうしましょ・・・

[RSS] [Admin] [NewEntry]

丸の内かあ。昔このあたりで働いていたなあ。そのわりにやっぱり道に迷いに迷い、道行くビジネスマン諸氏に尋ねながらやってきたのがカフェドテンジクさん。

おフランスな語感にオリエンタルな響きがマッチしたナイスな店名だ。

インド国旗たなびく良い写真が撮れたよ (^^)

カフェドテンジク  お店2


正午までまだ30分あるのにすでに3つテーブルが埋まってる。
お、単独で来ている女性がガイドブックをめくりながら食事しているぞ。
名古屋のおいしいカレー屋さんの記事でも見ているのかな?

本日の日替わりカレーセット 980円はチキンとタマゴのカレー。
ゆで玉子が丸ごと一個ポンと入っている豪快さは良い。

カフェドテンジク  日替わりランチ


が、あまり香らず薄目で深いコクがないという印象。
辛さ指定なしでいったら完璧なまでの甘口だったのも失敗。

ちょっと薄味でサラサラとしたルーにはナンよりも
ライスのほうが合うような気がする。
サフランライスをチョイスしておいて良かった。

先の女性もライスをチョイスしていたのに
若いサラリーマン達がオーダーのとき大きな声で
『ナンとライスどっちがいいかなー』
『やっぱりインドカレーはナンにすべきだよな~』と言い合っていた。

こちらを気使ってかウエイトレスさんが
『(ナンでもライスでも)どちらもお勧めですよ』

フォローありがとうございました(笑)

窓際のテーブルで外を見ながら食事をしていたが
正午を回ったとたんお客さんがどんどん入ってくる。

ここもビジネス街の人気店というのが良く分かったが
正直一度きりでは印象の薄い店
もらったスタンプカードのせめて一列は埋めなきゃね。

カフェドテンジク  店内



関連記事リンク
カフェドテンジク錦店

【お店情報】
カフェドテンジク
名古屋市 中区 丸の内1-10-1 三愛ビル1F
TEL 052-232-0014
営業時間 11:00~15:00/18:00~22:00
定休日 無休
駐車場 無

[RSS] [Admin] [NewEntry]

IMG_1045.jpg


遅くなりましたが・・・
毎週金曜の本格的ビリヤニランチで有名な中村区のガンダーラレストランさんの二号店的
位置づけのアジアンフード ガンダーラが昨年の12月3日、
お隣中川区・西日置にオープンしたことをお知らせします。

中村区の本家はイスラム色の濃いパキスタン料理店ですが、
こちらはそれに特化しないアジアンフードのお店。

ランチメニューもナン+カレーのインドランチ
フォー麺や焼きビーフンのベトナムランチが用意されており
表にはネパール国旗が控えめに掲げられている。 

メガネをかけた陽気なイケメンが丁寧な応対をしてくれるが、
彼は中川区のインド料理店サパナのマスター、ゴビンダさんの実の弟さん。
詳しい訪問レビューはまた後日お届けします。

尚、アジアンフード ガンダーラ(ガンダーラ二号店)に関する情報は
元港区民さん
レディさん
でっぱらさん
以上の方からもお寄せいただきました。

Special thanks to brother Govinda-san, for your kindness support.
Details will be inform to you in this blog near future.

関連記事リンク
ガンダーラレストラン二号店
ちょうど2年ぶりに山王のガンダーラへ

【お店情報】
アジアンフード ガンダーラ(ガンダーラレストラン二号店) Webページ
名古屋市 中川区 西日置2-1405 サントピア日置103
TEL 052-331-4848
営業時間 11:00~22:00
定休日 第1・3月曜日
駐車場 有 ただし3台のみ
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日訪れたKUSH KUSH(クシュクシュ)さんの繁盛ぶりときたら
駐車場の空き待ちがでるほどの賑わいだ。

店内から外を眺めていてもひっきりなしにお客さんが入ってくる。

お店のWebページにも大変混み合う恐れがあると注記してあるぐらいだから
インド料理店としては大成功をおさめたお店といえよう。

クシュクシュ お店


下調べによると人気の秘密はナンにあるとのこと。
それだけ定評あるナンを避けてライスを指定したウチの
センスのなさは置いといて、

とりあえずKUSH KUSHランチ 997円をオーダー。


クシュクシュセット2


ナンは同行の相棒のを一切れ取りあげてみたが
びっくりするほどの味ではない。
むしろどこにでもある普通のナンだったのだけれど・・・

タンドールはどれもおいしい。
火をいれすぎて焼けコゲたやつとか
過剰に下味がしみすぎてクドいやつに当たることが多かったせいか
こちらのように適度なやわらかさを保つ火の通し具合は
口にいれた時ホッとする。

中辛指定のチキンカレーは悪くないが
アピールするほど本格的という感じではない。
逆にそこが日本人になじみやすいのかも知れない。

が、べっちゃりと柔らかめに炊いたライスには全く合わない。
やはりナンで食べてくれというアピールか?

ウエイトレスが4~5人客席を向いてスタンバっているわりに
おかわりの伺いや給仕タイミングの察しが悪い気がした。
呼ばなければ動かないというのは少々マイナスイメージ。

ランチ時にはどんどん混んでテーブルがたちまち埋まるので
雰囲気としては喧騒に満ちたファミレス調。
落ち着いて食事をしたい方や単独客には不向きな印象を持った。
これはお店の責任ではありませんが。

クシュクシュ 店内


【お店情報】
KUSH KUSH(クシュクシュ) Webページ
名古屋市 緑区 滝の水1-2612 
TEL 052-891-7004 
定休日 無休
駐車場 有

Webページのあるお店については営業時間などの情報を略しています
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。