2008年08月

2008年08月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

池袋を経由して練馬までやって来ました。
練馬と言えば大根が有名で、都内と言えのどかな情景を想像して
駅を降りたのですが、そこそこに都会の様子です。

でも都心のようなバタバタとした感じはなく、確かに東京の知り合いが言っていた
『練馬はイナカだよ~』の言葉通りどこかのんびりとした雰囲気は
僕に合った感じがしました。

ここ練馬の有名南インド料理店ケララバワンさん。
こちらでも『う~ん』と感嘆の呻きを発するほどのミールスを
いただきました。

ケララバワン お店

こちらのお店ではミールスを提供するにあたってちょっとした
パフォーマンスがあったことには思わずニヤリ。
しかし、ミールスにはつきもののライスがインド米ではなく、
日本のお米のようです。

本格的なようで中途半端な気がした僕は生意気にも店主の
サッシーさんにその愚問をぶつけてみた。
そこにはサッシーさんの意外なこだわりがありました。



東京でミールスを食べる旅。
最後のお店は東京駅八重洲地下街にあるカレースタンド
Indo Wala(インドワラ)さん。

厳密に言えばミールスではないものの、
南インド風料理をカウンター形式の小さなお店で提供しているスタイルが
なんとなく現地の屋台のような面白さを感じます。

INDO WALA イーゼル


意外と本格的で面白いという声に推され
さっそく『インド料理のファーストフード店』へ入ってみました。

関連記事リンク
東京ミールス食べ歩きの旅 予告編(2008東京)
東京ミールス食べ歩きの旅サイドストーリー(2008東京)
お江戸でござる 食べ歩き遠征でござる (2010東京)
半年ぶりのお江戸インド料理巡り(2011東京)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

東京八重洲口より京橋駅へ向かって徒歩10分の南インド料理店
ダバインディアさんへやっと行くことが出来た。

ダバインディア  お店

ご存知のようにこちらのお店はテレビや雑誌などで頻繁に取り上げられる超有名なお店。
予めネットで検索した情報によると店内はいつも満席。
開店前からお店の前に行列ができている画像もあったりして
気の小さい自分にはそれだけで尻込みしてしまう敷居の高いお店だったのだ。

そこで少し作戦?を練ってディナーオープン時を狙ってお邪魔することにした。
ランチタイムは遅番早番の交代制で食事をとる企業も多いので、
オフィス街では開店直後の11時と言えどすでに行列ができている可能性がある。
そしてランチタイムいっぱいグズグズと混み合うのが有名店の特徴だ。

平日ディナーなら午後5時にピッタリ仕事を終え、
そのままジャストミートでお店に入ってくる客などまずいないだろうと踏んだのである。

開店5分前にお店の前に到着。
並んでいる人もおらず一番乗りで入店だ。

独り占めの店内。気分いいなあ~

ダバインディア 店内2


マハラジャの街ジョドプールをイメージした店内というのはあまりに有名なサイドストーリーだが、
その街は本当にこんなに幻想的なんだろうか。
単身ここに乗り込んで来たことを後悔するほどにうっとりとしてしまう。

狙いをつけていたダバミールス 2100円をオーダー。

それにしてもメディアで何度も拝見したことのあるオーナーさんや
お店のスタッフが実際にきびきびと動いている姿を見るのは不思議な感じ。
それだけでもまるで有名芸能人に会えたかのような感激である。

特に指定はしなかったのでノンベジミールスが運ばれてきた。
お昼にケララの風さんでいただいたのはベジタリアン・ミールスだったので
良いローテーションだ。

ダバインディア ミールス


ダバインディア ミールス2


いや、もう本当にすごい。神の業か?
これは神の領域だろうと思ったので、同じ言葉をすぐ手帳にメモった。

特に絶品だったのが小エビと白身魚のカレー。
自分は単純においしか、まずいかしか分からないただの食べ歩き好きにすぎないが、
とにかくうまい! おいしい!という言葉しか出てこない。

もっと食について勉強して、どううまいのか説明しろ!と、とっちめられたとしても、
これはもう自分の感性が叫んだことだから
そんなことはどうでもいいじゃないかと逆切れてしまいそうなあんばいだ。

それと骨つきチキンのブラックペッパー・カレー。
強烈な黒胡椒の効き具合に最初の一口にむせてしまったが、
何も驚くことはなかった。
二口目にはその味の虜になっていた。
う~む、ベタになってしまったが満足満足。

ダバインディア ミールス3


はじめは見た目の量の多さに圧倒されて完食できるのか心配になったが、
本当にペロっと食べれてしまう。

さらにこのお店のテーブルサービスは本当に目が行き届いている。
お水が減ると即座に足してもらえるし、
きちんと頃合を見てサンバルのおかわりも伺いに来てくれる。

初めの印象ではよくある有名店にありがちなお高い態度で、
冷たい印象を持っていたのだが全然そんなことはない。

自分の食事中の一時間、お店は完全にウチの貸切状態だったことで
サービスが一身に集中したということもあるだろうが・・・。

平日ディナーの立ちあがりが、いつもこんな静かな状態なのか保障は出来かねるが、
自分の場合は本当にゆったりとくつろぐことが出来て最高の気分。
もっとも午後7時台で予約をという電話がひっきりなしにかかっていたのはさすが人気店!

至福の時を終えて席を立つ頃に、まるで今までの静けさが嘘のように
続々とグループ客が入店しはじめた。
ダバインディアさんにとってはいつもの稼ぎ時のはじまりだ。
ウチにとってはまさにギリギリセーフ。
堪能させていただきました。ごちそうさま!

ダバインディア 店内


床が滑りやすくて注意との情報が多く見られたけどウチの靴はだいじょうぶでした。
いずれにしろ転倒しないようお気をつけを。

【お店情報】
ダバインディア Webページ
東京都 中央区 八重洲2-7-9相模ビル1F
TEL 03-3272-7160
営業時間 月~金曜 11:15~15:00/17:00~23:00
       土・日・祝日12:00~15:00/17:00~22:00
定休日 無休
駐車場 なし
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<移転の為閉店しました>

移転先:名古屋市 北区 八代町2丁目115-2 

TEL: 052-913-8887



地下鉄上前津駅を下車。
古本屋を巡りながらふらふら散策していると
万松寺の交差点を東へ折れたあたりにカレー屋さんっぽいのをみつけた。

ビストロ? インド? 急いで駆け寄ってみれば
おぉ!確かにビストロに続いてインドマンと書いてある。

インドマンお店

ということで、ここはインド料理店だよね??と、
おずおずと入店させてもらったビストロ・インドマンさん。
ちょうど正午を回った頃なのでお客さんでいっぱい。
ほぼ全員が首からIDカードを下げた界隈のビジネスマンだ。

ボリュームがあってお得そうなスペシャルランチメニューを参考に
帆立とあさりカレー+炭焼きチキンティカのプレートをオーダー。
辛さ調節は各テーブル備えつけのパウダーで行う。

インドマン ランチメニュー


インドマン調味料

なかなか楽しそうなプレートがきた。
薄目でミニサイズのナンはおかわり不可で物足りないが食べやすい。
 
メニュー説明のフライポテトの代わりにラスク状の硬いパンにチーズを乗せたスナックや
ミニライスもあって惣菜バランスは良い。

カレーは適量。
自分でいくらでも辛さの調節がきくのでデフォルトは甘口だ。
シーフードをチョイスしたことで甘めであっさり味。
胃にもたれる感じもなくおいしくいただいた。

インドマン    ホタテとあさりカレー


全体量は少なく女性向な気がした。
いつもインド料理店で得るランチ後の満腹感もなく
男性には物足りないかも知れないが本当はこのぐらいがランチの適量であろう。
午後からのビジネスも眠気をもよおさずがんばれそう。

お客さんのひけたスキにパチリ

インドマン店内


関連記事リンク
流浪の民 インドマン

【お店情報】
ビストロ・インドマン
名古屋市 中区 大須4-13-46
(万松寺東交差点ローソンの隣)
TEL 052-262-7227
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00
定休日 日曜
駐車場 なし
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

[RSS] [Admin] [NewEntry]

IMG_2388.jpg


東京のコンビニの雑誌棚で発見して即購入♪
数はそれほどでもないがインド料理店も載っているし、
カレー好きならビジュアルを楽しむに最適なムック。

ご当地レトルトカレーのランキングとか、
喫茶店カレー、学食カレーの項目もあってそれなりに楽しめた。

首都圏版なので原則関東地方にしか売っていません。
もちろんAmazonなどで取り寄せはできます。

最近軒並みインド料理関係の書籍が発行されたけど、
ほとんどがレシピ本だったので食べるほう専門としては購入せずに
見送ることが多かった。

ラーメンに比べれば食べ歩きのターゲットとしてはまだまだレアな
分野のカレーだけど、名古屋にも色々お店があるので東海版も出版
されればありがたく思う。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<2011年6月、ケララの風Ⅱに変更

リニューアルオープン>



東京でミールスを食べる旅。
記念すべき最初のお店 ケララの風さんへとやって来た。
慣れない土地なのでしっかり地図を握りしめていたがやっぱり迷ってしまった。

おかしいなあ。それらしいお店はなかったけれど・・・
地図を再確認しつつ少し道を戻ると、手に持った紙を眺めながら
お店が開くのを待っている素ぶりの男性が目に入った。

その紙に、『日替わりランチ』とか『ミールス』と書いてあるのを見逃さなかった。
ほんとうにちっちゃなお店だ。

IMG_2253.jpg

インド国旗をなびかせ、駐車場をたずさえているような一軒のお店をイメージしていたら
永久にたどり着けなかったかも知れない。

商店街の中に完璧に溶け込んでいるし、エキゾチックな飾りつけも全くないのだ。
少し意外だったが、イーゼルのミールスの写真を見ているとやはり胸が踊る。

男性客と二言三言ご挨拶をして開店を待った。
ブロガーさんではなかったようだが、有名な沼尻さんがオーナーのお店だから
食べにきたとおっしゃっていた。

11:30 待望の開店。
内部はこじんまりとした感じでケバケバしい装飾はない。
商店街の中の喫茶店という雰囲気だが、
控え目な音量でインド音楽が流れていた。

感心したのはその日に提供されるミールスのお品書きが
ちゃんと印刷して用意されていること。
(先の男性が手にしていた紙)

目をよ~くこらしてごらん下さい。(^^;

ケララの風 お品書き

これなら自分の食べた物が何だったのかすぐ分かる。
自分たち一般のお客さんに対するやさしい配慮だ。
家族へのこんな珍しい物を食べたよという説明にも使える。

バナナの葉ではなく陶器のお皿でミールスが現れたのは
正直ちょっと雰囲気が壊れるかなあと思った。
しかし感動の方がすぐにそれを打ち消す。

『ミールス・レディ・・・』
心の中でつぶやいてみた。

お約束の説明になるがミールス・レディとは、
ミールスの用意ができてまっせという意味であり、

初めてミールスを食べるミールス童貞クンのためにベッドの上でやさしく
食べ方を指南してくれるおねえさんのことではない。

ランチミールスは1000円。すべてのおかずがおかわり自由

ケララの風 ランチミールス

さて、これをどうしたものか・・・
3口目まではおすまし顔でスプーンを使って食べた。

しかし、ここでスイッチが入った。
よし、手食に挑戦してみよう。
先の男性客も後客の女性も普通にスプーンで食べている。

サンバルやダールのカレーをライスに馴染ませてから
少しドキドキしながらミールスに指をいれてみる。

ケララの風 ランチミールス2

ケララの風 手食2

あ・・・、あれえ。
全くこれには驚いた。
始めて試みた手食が実にうまくいったのだ。
いつからインド人になってしまったのかと思ったほどだ。

というのも、いざ手食に挑戦した人が全くうまくいかずに
すごすごとスープンに持ち替えたという手記をいくつか読んでいたからだ。

自分は器用ではないので、
きっと指や口の間からライスはこぼれ、
サンバルやラッサムの汁は肘までつたっていって
それはもう汚い事になってしまうだろうと予想していた。

脳内トレーニングだったといえ、
来るべきこの日のためにイメトレやシミュレートを繰り返したことが役に立ったのだ。
(その情熱を仕事にも!ですなw)

だからお店の人がお水のおかわりをテーブルに運ぶため近寄って来た時も
恥ずかしくはなかったし、
手で食べていることに誰からも嫌悪は示されなかった。

これでだいぶ自信がついた。
慣れない土地へ来て少々テンションが下がったこともあったが、
一気に気持ちが高揚した。

ミールスは手食が前提。汚れても手洗い場があるので気にせずに!

ケララの風店内3

さて、初ミールスの感想は・・・
こうもあっさり食べやすいのかというもの。
確かにいったんおなかは満腹になるけれど、
夕飯までにはちゃんと消化して軽くなる感じ。

ナン+カレーという北インドスタイルは食べ終わってからも
どんどんおなかが張ってきてしばらくつらい事がある。
好みや体調によると思うけれど、
自分には南インド料理の方が合う気がした。

ケララの風さん、いろいろな初めてを体験させてくれてありがとう!
まさに目からウロコかつ東京ミールス食べ歩きの絶好のスタート地点となった。

ケララの風 店内

【お店情報】
ケララの風 Webページ
東京都 大田区山王3-1-10
TEL 03-3771-1600
営業時間 11:30~14:30/18:00~ 21:30
定休日 火曜日
駐車場 なし
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。