2010年05月

2010年05月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スープカレーを大ブレークさせた生みの親。
札幌のマジックスパイスさんが名古屋・大須の街に上陸してこの6月で1年。

当ブログで扱うお店の分野としてはいわゆる専門外なものの、
インドネシア風スープカレーがベースと知っては各国料理全般にも
多大な興味をもつもちょいと捨ておけなくなった。

マジックスパイス お店


今回は、ひと月で3度もリピートしたという「マジスパ」大ファンT氏に連れられ、
さらに好奇心旺盛なM嬢も伴い、3人組という珍しい組み合わせでの訪問。

こちらのお店は、チキン、ビーフ、豚の角煮などベースとなるスープカレーに
トッピングや辛さの指定をするというオーダー方法。
辛口、甘口など一般的な呼び名ではなく、
一番辛い「虚空」を筆頭に、「極楽」や「悶絶」など独自の表現をしているのが
ユニークな特徴。

まん中をとってチキンの「涅槃」に挑戦してみる。
前回「虚空」に懲りたというT氏も同じく「涅槃」で豚の角煮を。
辛いのが苦手なM嬢は一番下のランク「覚醒」をチキンで。

事前のクチコミによれば、辛さの指定をしないと子供さんでも食べれるほどで、
大人には物足りない物になってしまうらしい。
「涅槃」あたりが料理の味を損なわない上に辛さとしても満足とのことだったので
これを大いに参考とさせてもらった。

チキンカレー950円に辛さ「涅槃」+190円をリクエスト。
今回はトッピングはナシで。

マジックスパイス チキンカレー涅槃


第一印象はまず、食べてみたい!気にさせてくれるカレー。
いわゆるビジュアルが良いってやつ

野菜がこってりどっさり乗っかり、
大きくて柔らかいチキンレグが入ってボリュームあり。
独特の香辛料のしっかり効いたスープはアジアン屋台の香りがする。
さすが「涅槃」の辛さ。舌にビリビリときて大量発汗した
が、不思議と耐えられないほどの嫌味はナシ。

正直辛さにはあまり強くない僕だが、こうなってみると
最高ランク「虚空」にも興味がわく。
でも素材の旨みを味わうには無理は禁物。
現状のままで良さそうである。

好きか、嫌いかがはっきり分かれるお店じゃないかな。
「カレー」を食べるというイメージで来店すれば、
それは一般的イメージのカレーとはちょっと違ったものになるだろう。
カレー味が溶け込んだスープとも全然違う。

その点「カレー」=「カレーライス」の発想がすでになく、
スパイス料理であると認識するようになって久しい僕には理解しやすかった。
ずばりネタバレさせてしまえば、マジスパさんの「カレー」は
ソト・アヤムというインドネシア料理にアレンジを加えた物なわけだが、

見た目だけで言えば(麺は入っていませんが・・・)
シンガポールやマレーシアで食べられているラクサ。
タイのカオソイにも似ているということで
エスニック好きの僕にはさらに親しみがわいたわけ。

カレーと呼んでもまったく差し支えないだろうし、
別に無理にカレーと思う必要もないだろう。
まずは常識にとらわれず、煩悩を捨て(笑)、
敬虔な態度でこの「摩訶不思議世界」に入門するのがよかろう。

このあと全員大満足で完食。
僕のこ難しいうんちくは誰も聞いていなかったがまあ良い(爆)


マジックスパイス カレー3種


ガネーシャがデンと構えているところはインドっぽくもあり、
仏像の絵や置物はタイのようだ。
怪しげな朱色ベースの内装は東南アジアのナイトクラブを思わせる。
カオスな雰囲気の店内はまさに
「アジア摩訶不思議世界の大集合」のような楽しい空間だ。

スタッフの皆さんは元気で明るく応対も丁寧なので好感が持てる。
お勧めのトッピングや料理について分からないことがあれば遠慮なく
お尋ねすれば良いと思う。

マジックスパイス 店内


【お店情報】
マジックスパイス名古屋店 Webページ
名古屋市 中区 大須3-15-13
TEL 052-249-8884
営業時間 11:30~23:00(ただし平日15:00~17:30休み/土日祝日は通し営業)
定休日 毎週火曜・水曜日連休
駐車場 なし
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

名古屋栄のどまんなか。
普段ならビジネスマンや観光買い物客でごった返すこの街が
正午も近いというのに道行く人はまばら。
それどころか大通りを行く車もかなり少ない。
いったいどーなってしまったのか?

インダス    プリンセスガーデンホテル店お店


本当に古~~い訪問レビューですみません。
実は昨年10月の出来事でございます。
賢明な読者の皆様にはググっていただくとして、
この日、名古屋の街は某国から核の攻撃を受け、
台風17号接近による暴風雨警報などの発令により、死の街と化していたのであります。

JRや名鉄は運転を見合わせ、
主要デパートは正午過ぎからの営業見込みということで
午前10時を回ってもシャッターを閉ざしていたわけですね~。
学校は軒並み休校でしたし、
便乗して仕事をサボった社会人諸氏もみえたんじゃないですか?
( ゚∀゚)アハハ八それオレ!

最初に復旧したのは市バスと地下鉄でしたっけ。
(さすが名古屋市交通局!)
シーズン最大級と恐れられていた台風も結局勢力が衰え、
幸いに被害もなく大げさな話として終わりました。

てなわけで、なかなか体験できないゴーストタウンのようになった
繁華街を闊歩しつつ脳内勇者のがやってきたのは
インダス・プリンセスガーデンホテル本店さん。

インダス    プリンセスガーデンホテル店ランチ


お昼が近いというのに冒頭の事情によりお店は貸切状態でガラーンとしてます。
系列の「たての街店さん」へ伺った時のランチ目当てに続々と周辺の
ビジネスマンが訪れていた状況とは全然様子が違いますね。
ゆったりとしてええ気分ですわい

チキンカレーのセット800円をいただきました。
辛さの希望なしでもそこそこ辛味スパイスが効いて僕にはちょうど良し。
たての街店さんがそうだったので、銀の皿かなと思ったがカレー皿は陶器製。
不思議と銀皿だとおいしそうに見えるのでそっちのがいいかな~。
あと、あいかわらずチャイが薄めで味がなかった。

ヒジョーに使い古された言葉で言えばカレーの味は可もなく不可もなく、
特筆すべき特徴はナシ。

ビジネス街のよくある系インド料理店さんは、
ランチとディナーでは料理の質や味の印象がまったく違うことが多いと
伺っているので、夜に行ってみるのも見聞を深めるによいかも。
どなたか誘ってくださいマセ。

天井から何かが垂れ下がってきそうなド派手内装。
私的にお気に入りですが、お気に召さない向きもあるとか・・・
マハラジャ志向でサーセン。


インダス    プリンセスガーデンホテル店 店内


関連記事リンク
インダスたての街店

【お店情報】
インダス プリンセスガーデンホテル本店
名古屋市 中区栄3-13-31 プリンセスガーデンホテル1F
TEL 052-261-8819
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
駐車場 なし
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

5/11付で掲載した読者の「I さん」よりいただいた
新規店情報のアップ・デートです。
(画像を追加・旧記事は削除しました)

名東区・上社の「Little Indiaさん」が閉店し、
かわりに「カミル」というお店がオープンしています。


カミル お店


訪問時、日本語に不慣れな店員さんしかおらず、
お店のチラシや名刺もない?とのことで、営業時間など
不明確(会話上の関係で)な部分もあるので
確認して来店されたほうが良いでしょう。

【お店情報】
インド料理専門店 Kamil(カミル)
地下鉄東山線上社駅より徒歩約2分
名古屋市 名東区 上社2-134 加藤ビル1F
TEL 
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00
定休日 不定休
駐車場 なし
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

(情報提供 I さん)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

あま市・七宝町のTAMANNA七宝店さん、
春先からしばらくシャッターを下ろしていたと思っていたら、
その場所に5/10、新たにナマステというお店がオープンしています。

ナマステちらし


ご存知のようにこちらは、

K2→ エベレスト→ インディアナ→

TAMANNA七宝店


のようにインドカレー専門店が次々と入れ替わった場所です。
今度はしばらくは大丈夫でしょうね?

関連記事リンク
早めの紹介がよろしいようで(^^;;  あま市・ナマステ

【お店情報】 
インド・ネパールカレーハウス ナマステ
愛知県 あま市 七宝町 下之森字稲荷6
TEL  052-446-1977
営業時間  07:00~10:00モーニング/11:00~14:30ランチ/
17:00~21:30ディナー
定休日 無休
駐車場 あり
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店しました>

名古屋中村区の下町の中の下町。
狭い通りの本当に目立たない静かな場所に昨年夏ひっそりとオープンした
小さなカレー店、スマンズカフェさんへお邪魔した。

スマンズカフェお店


画像からも察していただけるようにもともとは下町の喫茶店だったお店。
その特徴を端的に表せば、
通ってくるお客さん同士がごく近所の見知った顔ばかり。
ご近所さんの井戸端会議と情報交換の場所であり
いわゆる「よそ者」は非常に入りづらい雰囲気。

お店への登竜門は最初に常連さんに紹介してもらい、
できれば初めは一緒に行くという「しきたり」を通じて「つなぎ」をつけるという
悪く言えば閉鎖的。モダンな表現だと会員制みたいなものか?
(あくまで雰囲気を表したもので下町のお店がこれを推奨しているわけではありません)

でも、こんな感じのお店にプラっと入ったことでお店の方から、
「どっから来たの?近所に住んでるの?」など話しかけてもらうことで
打ち解けていく面白さはある。

とまあその流れを汲んだスマンズカフェさんの内部はやはり・・・
袖触れ合うのもなんとやらで、客席間のスペースはキツキツで
満席にでもなれば隣席のお客さん同士肩や膝がぶつかりそう。

これをフレンドリーで親しみやすいと考えるか、
居心地が悪いと考えるかはあなたの感性におまかせです。

朝から通しで営業と聞いていたので、珍しく夕方4時頃に訪問。
折りしもランチタイムはすでに終了しているわけで、
ディナーメニューで割高になっている単品カレー+ナンの組合せに悩む悩む。

スマンズカフェ メニュー


最低金額750円~のカレーとプレーンナン250円が
ランチタイム中心の貧乏人の僕にはものすご~く損な感じがするのだ。
サラダもついていないし、単品だとさらに300円の追加だ。

決めあぐねるにはもうひとつ理由がありまして・・・。
メニューにちょこんと載ったお得なランチプレート700円の写真が
すごくおいしそうで、食べるならどうしてもこっち!という想いに拍車がかかるわけで・・・

すると、それを察したオーナーのラビンドラさん、
「ランチが食べたいみたいネ。じゃあ、タイムオーバルだけど
特別にランチ作ります。どーですか?」

おぉ!恩にきますゼ、ダンナ!

やっぱりボリュームもあってランチプレートはお徳。
ナンの尻尾がコゲてるのはご愛嬌。


スマンズカフェ ランチ


じゃがいものサブジがポイント高い。
ポピュラーなエスニックおかずだが、出しているお店は意外に少ない。
野菜にクミンやコリアンダー、ターメリックをまぶして炒めるという
単純な料理だが、スパイスの配合によって様々な印象を表現できる。

チキンカレーのソースも濃厚な味で整えてある好みの味。
単品で量を食べると飽きがきたかも知れないが、
このプレートでこの量はちょうど良く最後までおいしくいただいた。

ここでラビンドラさんに店名の由来について聞いてみた。

「日本語でスマン、スマン、ゴメンネーの言葉ありますね。
そういうことですよー」

おかしな命名だなあと思いつつメモメモ,(._.)φ

「・・・てのは冗談で(笑)」

なんだ、冗談かよと書きかけのメモを消し消し。
(しかし、オヤジギャグを心得ているというかベタですな~)

「スマンには単語としての意味はないですね~。
ネパールでは縁起の良いというニュアンスで使われる言葉なのネ。
赤ちゃんの名前に使うことが多いですよー」

「洒落た」カフェというコンセプトのため、
「インド・ネパール料理」という冠はつけていないのだとか。
ちょっと僕の考えるカフェからは程遠いイメージなものの、
店主の夢や遊び心が溢れているところは実に良い。

近況として・・・
お客さんは相変わらず少ないようだ。
やはりカレー専門というより地域に根ざした喫茶というスタイル
でやっていくのがいいのかな~。

お店は分かりずらい場所だが、名古屋では有名な
「とんかつオゼキ鈍池店」と同じ通りにあるので目標になる。
専用駐車場もあるように伺ったが、台数はわずかで停めづらい。
駐車場「なし」のつもりで訪問したほうが良い。

スマンズカフェ   店内


関連記事
スマンズ・カフェがグランドオープン

【お店情報】
スマンズ・カフェ
名古屋市 中村区 鈍池町3-11 鈍池荘1F
TEL 052-481-2794
営業時間 08:00頃~22:00頃まで
お客さんの少ない時は早めに閉店することがあるため
確認して出かけたほうが良い。

定休日 水曜日
駐車場 なし
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。