2012年04月

2012年04月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

やっちまったなシリーズ第7弾にて紹介したタンドールさんの詳細について、
教えておじいさん!とお願いしたところ、
おじいさんから 読者の「mercatorさん」から
フォローアップ情報を寄せていただきましたのでお知らせします。

情報によれば、やはり昨年の年末までに閉店してしまったようです。
その後、「カトマンズカフェ」というお店に代わったのですが、
残念ながらそのお店も現在、休業中とのことでした。

タンドールから、カトマンズカフェへ。
しかしそのお店も休業中。


カトマンズカフェ  mercatorさん

(情報、画像提供共にmercatorさん)


From:mercatorさん、貴重な情報をありがとうございました!

関連記事リンク
やっちまったなシリーズ第7弾 タンドール

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

神奈川県、川崎市。
かなり本格的な南インド料理店がオープンしているとの情報をつかんだ

まさか川崎まではねとスルーしていたけれど、東京から近いことなので
評判のお店マドラスミールスさんへ行ってみようということになった。

諸君の言いたいことは分かる。
その情熱を仕事にも!・・・てことですな?

マドラスミールス 


いかんせん土地カンもないので、とりあえず当てずっぽうで渋谷までやって来た。
東急東横線の各駅停車で20分ほどで最寄の新丸子駅に着くことが判明。
そこからお店までは徒歩3~4分なので都内からもアクセスしやすい。

ちなみに僕はヲタ系なのでよく鉄道マニアと間違えられてしまうが、
鉄道には全く興味がなく、青春18きっぷの仕組みさえマスターできない
お猿さんなのでございます。

あと、ガンダムとかも興味ないのでそっちの話も振らないでね(爆)

オーソドックスなスタイルのベジミールスは
南インド料理の基本をバッチリ押さえており安心して食べることができる。


マドラスミールス ベジミールスセット


さて、イメトレのおかげで迷わず例によって少し早めにお店に無事到着。
その間写真を撮影したり、周辺をぐるっと散歩して周ったりと、
待つ時間も旅先など知らない土地だと結構楽しい。

11時のオープンに入店し、ざっとメニューに目を通しただけでも、
マサラドーサのセットがベジとノンベジのキーマの2種類。

ミールスも1100円のベジ、1200円のノンベジ、1350円のスペシャルと
3種類用意されていて、これだけでもさすが南インド料理専門店だとニヤリとさせられる。

ここはひとつスペシャルでガツンといきたいところだが、その晩に訪問するお店のことや、
買い食いが過ぎて臨月の妊婦のようになっている姿を考えて
ここはおとなしくベジミールスセットをチョイス。

後客のマニア臭漂うひとり客の男性が
元気にスペシャルのオーダーを入れるのを聞いてちょっと後悔しましたけどね。

大皿とは別にサーブされる4種のチャトゥニが気分を盛り上げてくれる。

マドラスミールス チャトニ


サンバル、ラッサム、2種のカレー(野菜&豆)とポリヤル、
甘いミルクデザートのパヤサム・・・

ベジミールスの基本を押さえたこのセットには
さらに専門店らしく、豆を潰して揚げたドーナツのような形のワダもついている。

しかしインド料理と聞いて日本人がすぐ連想する「ナン」は売っていない。
かわりに小麦粉の生地を渦巻状に巻いて焼いたパン「パロタ」で対応しているのは
本格的南インド料理の証なので、ナンを食わせろと騒いではあきまへん。

自家製の4種のチャトゥニ、
ココナッツ、ミント、マンゴーピクルス、トマトをかわるがわるとパロタでぬぐって
食べたらvery good

チャトゥニは独特のさっぱりした甘みのあるココナッツが一番好きかな?
その次がちょっとピリリのマンゴーがおいしかった。
ワサビ色のミントチャトゥニ、嫌いじゃないけど若干苦手かも。

マドラスミールス ベジミールスセット2


バナナリーフ様のランチョンマットはもとよりエントランスから店内の壁の色まで
バナナリーフ・カラーで南インドをアピールしてあるのは
エスニックマニアにとってはなかなか落ち着ける空間である。

遠くから来たということで、お店の方にも気にかけていただき
短時間ながらインド料理のお話しをすることも出来た。
各テーブルへの料理の説明も丁寧で大変好感の持てるお店でした。

マドラスミールス 店内


【お店情報】
南インド料理 マドラスミールス
新丸子駅東より徒歩3~4分
神奈川県 川崎市 中原区上丸子八幡町816山本ビル1F
TEL 044-750-0438
営業時間 11:00~15:00/17:00~23:00
定休日 隔週火曜日
駐車場 なし
2011.11.25 Open
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

ついにケータイをスマホに換えた。

友達もいないし、鳴らないケータイなど持っていても
まるで意味がないのに、スマホとはどうしたことかと思われるだろうが、
僕にとってスマホとは情報端末であり、
役割意識も情報収集9、コミュニケーション1というあんばいなのだ。

だったらコミュ障のアンタにお似合いのアイテムじゃんと
ニヤニヤしているそこのメガネのアンチ諸君!

君が黒ぶちでも銀ぶちでも、べっこうでも
遠近両用レンズでも構わないが、3Dだけはやめとけ。
そんなもんをかけてスマホの画面を見ていたらたちまち目が回って
駅の階段からまっ逆さまに転げ落ちてしまうぞ。
その時は絶対に助けてやらないからな。

ともかくこれで道に迷っておまわりさんに聞いたり、通行人を呼び止めたり、
大きな手帳を持ち歩かなくてもメモが取れるし、
デジカメを持っていない時でもカメラと遜色ない画像を撮影出来たり・・・
外出先でネットが見れるとか便利になった。

今さらながら全人類はスマホを持つべきであると、
最近2足歩行に進化したワタクシから一言進言させていただきます。

さて、しばらく活動報告を行っていなかったので、まとめてやっておきます。

まず、未報告だったここ3か月のインド料理店訪問件数。
2月/4軒、3月/7軒、4月/5軒の計16軒。
この内6軒はすでに訪問レビュー掲載終了済み。
最新4月の訪問はすべて東京、関東方面のお店という結果です。

傾向として、愛知県内のお店はこのところのオープンラッシュで
新しいお店の訪問が中心となり、また、長久手市(当時)のカルナータカーさん、
港区のランカクシーンさんなどの良店へは各2回づつリピートしています。

続いて読者さん近況。
リアル知人でもある「トト松氏」は最近中村区のマヤ黄金店さんの常連になったようで、
カレーのテイクアウトをよく利用していると報告がありました。
GWは東京へ遊びに行かれるようですね。南インド料理なんていかがですか?

刈谷市の素敵な奥様」からは、ご主人様とお食事をされた
知立市のダルバートのお店、RAJさんでの様子を知らせていただきました。
初めて食べたお料理に新鮮な気持ちになれたとのメッセージありがとうございます!

初コメントですさん」からは、いくつかインドカレー屋さんを紹介していただきましたが、
残念ながらすべて既存のお店のため掲載になりませんでした。
しかしその心意気には感謝。これに懲りずにまた情報をお寄せ下さい。

最後に・・・、ちょいと業務上でツケが回ってきまして
今後は皆様から新規オープン情報をいただいても、今までのように数日内に訪問するなど
速報性を重視した活動が難しくなりました。

従いまして、今ある下書きの掲載終了次第ブログ更新頻度は激減します。

今後はも他のグルメサイトの情報を参考にのんびりとやっていくつもりです。
少々淋しくなるかも知れませんが、どうぞこれからもよろしくお願いします。

今月の1枚/スマホに最初に入れたアプリはマック公式だったほどの
マックファンで元クルーOBのワタクシですが、たまにはモスバーガー
にも浮気したくなるってもんです。


モスバーガー


[RSS] [Admin] [NewEntry]

やまちゃんです。

本日はインドに「帰国中」の「Shantiさん」から近況をいただきましたので紹介します。
Shantiさんのインドからのお便りは、カテゴリー
「Shantiさんのインドでカレーを食べてきた」からまとめて読むことができます。

アイコンは、編集人「やまちゃん」からのコメント=ちゃちゃです。

それではどうぞよろしくお願いします。


Shantiです

インド西部、グジャラート州の州都アーメダバードには、
ガイドブックにも載っている有名なレストラン"AGASHIYE"があるので
さっそく訪問してみました。

こちらはホテルの最上階にあります。
ランチもディナーもエントランスで告知されたセットメニューのみという
シンプルなスタイルですが、洗練されたグジャラート料理が食べれることで有名なんです。

グジャラート メニュー Shantiさん


最初に運ばれてきたのがこれ。
真ん中の白いのがバターで、囲んでいるのがアチャール(お漬物)です。


グジャラート Shantiさん


日本円換算800円のランチはこちらではとっても贅沢なお値段です!
でも高いなりにサービスは行き届いています。

インドは良くも悪くもお金次第で態度がコロっと変わる国です。
安くしたければ安く済ませられますが、応対はそれなりです。
どちらにしてもおいしい食事に変わりありませんが
せっかくなのでたまには贅沢気分に浸るのも良いものですよね(笑)

続いてキュウリ、ニンジン、トマトなどのサラダです。

これはなかなかおしゃれな盛りつけのカチュンバルですな。
唐辛子やクミン、コリアンダー、時にはタマリンドなどで味つけされた
カチュンバルサラダは僕も大好きです。

カチュンバール Shantiさん


目の前で好きなだけ取ってもらえます。
手前から時計回りに、ダール(豆)、アル(じゃがいも)、ゴビ(カリフラワー)
サグ(ほうれんそう)

グジャラート2 Shantiさん


グジャラート料理は他の街のスパイス料理と比べて「甘い」と聞いていた通り
辛い物が苦手でも非常に食べやすいです。

特にダールは一番甘くてトロみがかかって独特のおいいさ。
デザートやスイーツも種類豊富で、見た目も味も大満足。
ただ料理が多くてお代わりがジャンジャン出てくるのは小食派にはもったいないですね。

盛りつけの全体はこんな感じです。
減ってくるとおかわりがどんどんやってきます!


グジャラート3 Shantiさん


食後のデザートはバニラアイスでした。

グジャラート4 バニラアイス Shantiさん


インド模様の窓枠の形とか、リゾート風のレイアウトに高級感を感じますな。
ひとりで行ったらお店の人にどんな顔されるのかな?

グジャラート 店内 Shantiさん


お店のWebページ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

前回お店トピックスで紹介した中区のインド料理 Cafe Chaya(カフェチャヤ)さん。
お店の外観や、以前カフェだったというスタンスから、
インド料理店としての周知度が足りないという印象でしたが・・・

この程お店のちらしを入手しましたのでアップ・ツー・デートとして
再度紹介したいと思います。

カフェチャヤちらし


関連記事リンク
実は本格派インド料理のカフェチャヤ営業中

【お店情報】
インド料理 Cafe Chaya(カフェチャヤ)
名古屋市 中区 栄1-23-34 TK ビル1F
TEL 052-223-2200
営業時間 11:30~14:30/17:00~22:00
定休日 無休
駐車場 なし
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。