ガンダーラレストランのマトンビリヤニ

ガンダーラレストランのマトンビリヤニ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

秘密計画満載の手帳を開くとそこには、
『ガンダーラの金曜ビリヤニはいつ行くんだ』と殴り書きされていた。

おりしもその日は金曜日。
勤務明けで警察署へ免許更新に行ったら意外に早く手続きが終わった。

開店直後の静かな時間に間に合いそうだったので久しぶりに金曜日限定のビリヤニを食べに
中村区のガンダーラレストランを訪れることにした。

ガンダーラキッチン お店1

前回は鶏肉のビリヤニを考えもせずおいしくいただいたが、
これは日本人のお客さん向けメニューだった。

近所の名古屋モスクで礼拝を終えたネイティブなお客さん方には
羊肉のビリヤニが提供されると聞いたら同じ物を食べたくなって当然だ。
今日はイスラムな人々と同じマトンビリヤニを食べるのが目標!

まずは前回もらいそこねた英語表記の名刺を忘れずゲット。

IMG_1451.jpg


これもど派手部門にエントリーですかな。

ここのビリヤニセットはとにかく大盛りで量がすごい。
二人でシェアしても不自然じゃないと思う。
そこで650円のハーフサイズをリクエストすると、
ハーフでのマトンはやっていないとのこと。

どうしてもマトンが食べたかったのでレギュラーサイズをオーダー。
残したら珍しいおみやげとしてお持ち帰りしても良いんだし。
『思いっきりイスラミックなテイストにして下さい』とか生意気言ってしまった。  

運ばれてきたのがこちら。

IMG_1211.jpg


骨!骨!でっかい骨つきの羊肉だ。
ライスに埋もれているのと、このサイズの画像では迫力が伝わらないだろうが、
持ち上げてみたら肉の部分だけで大人のゲンコツ大の大きさがある。

たまたま同じ日に来店されたという『元港区民さん』が、マンガ肉と呼んでいた。
原始人が食べる肉みたいだなあとウチも思った。
昔のアニメ『はじめ人間ギャートルズ』とか(古っ!)

おいしそうではある。
が、このライス量と肉のデカさを考えるとやはり全部は食べ切れそうにない。
見ただけで腹いっぱいとはこのことだね。

骨を手で持ってスプーンで肉をほぐしながら食べる食べる。

ガンダーラレストラン マトンビリヤニ2 ガンダーラレストラン マトンビリヤニ3

グロい?ワイルドと言ってね。

相変わらずスパイシーで香り良し。
ピリリと辛いのも良しでおいしい。

肉厚があるのでさすがにマトン独特のクセは完全には取りきれていない。
でも、獣臭くてどうしようもない風ではないので普通に肉好きならおいしくいただけると思う。

プライスはライタ(刻み野菜のヨーグルトあえ)とドリンクがついて1000円。
チキンも同じなのでマトンのほうが断然お得。
てか、マトンにはプラス200円~300円の差をつけてもいいのでは。

半分ほど食べたところで予定通りにリタイア。
プラ容器をもらって残りをおみやげに持ち帰る。
意外に好評でペロリと食べられてしまったのにはびっくり!

IMG_1206.jpg


【お店情報】 初回訪問記事参照

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。