レビュー記事を書くのは難しい

レビュー記事を書くのは難しい に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

自分の書いた食べ歩きレビューを未発表の下書きも含めて読み返してみると、
だんだん皮肉めいたコメントが増えてきたような気がする。

そこで諸先輩方のブログを手当たりしだい熟読していくと

まずい
ここはハズレ!
二度と行かない

など直球で大胆な感想を述べていたサイトはごく少数だった。
情報提供の観点から言うと歯に衣を着せず筆者の感じたまま書くことは賞賛に値する。
商業目的外ならお店との利害関係はないので、
好きに感想を書けるのがブログの利点である。

お店に点数をつけたり★で評価するサイトも
しょせんシロウト美食家のお遊びだし、あくまで筆者評価であり、
本当の★は記事を参考にお店を訪れた読者さん自身がつけてくださいよという
意図が読み取れるのでウチは楽しく拝見させてもらっている。

が、世の中そんな素直な人ばかりではないようで
歯に衣を着せぬ記事は波風が立つことがある。
そのお店の大ファンからの抗議だったり、
最悪お店から直接抗議されるかもしれない。

こういうことは避けたい。
さりとてウソは書けない。
商業誌ではないのでところどころに間違いがあるのは仕方がないが、
ウソ情報を書くことだけは許されない。

そこでお店の良い点を一生懸命探して記事を書いてみる。
すなわち、味はイマイチだが内装や調度品が良い店とか、
応対には腹が立ったがカレーの味は本物とか。

ぶっちゃけボロクソいっぺんどうでは書きづらいということ。
こうやって気を使っていても見る人によると
ウチの記事なんてひどいと思っているかも知れない。

そこで様々な諸先輩方のブログから導きだした一番の対処法。
文句しかつけられないようなひどいお店の情報は完全ボツ。
訪問の履歴すら消してなかったことにする。
所在地や店名を隠すなどのみみっちい形の掲載など見送るというわけだ。

なるほどこれなら波風など立ちようにもない。
いたって賢明なやり方だが良きも悪しきも読者に伝えたいと考えているうちは
実行は難しそうだ。

それに自分はまだ一度も出会ったことはないが最低最悪なお店に行き当たった
としたら記事を伏せるどころか、徹底的に書きたい気がする。

結局話は元へ戻ってしまったが、
お店の悪い点を淡々と批判するのでなく、やんわりとフォローをいれながら
文章を書くよう心がけたい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。