タイフェスティバル2008名古屋見聞録 準備編

タイフェスティバル2008名古屋見聞録 準備編 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ジャンル違いというのは分かってますハイ。
タイ料理にもちっとは興味あるんですよ。
苦手だけど・・・
以前にそんな記事も書いてますね~=ココ
てなわけで・・・
タイフェスティバル2008名古屋(5/24 & 5/25)へ行ってまいりました。
テレビ塔界隈、久屋大通公園が会場です。

IMG_1734.jpg


仕事の都合で二日目だけしか参加しない予定が思いがけず
初日から参加できることになりスケジュール的に余裕ができたのはうれしい。

今回"準備編"と銘うってますが、多少は会場の様子も混ぜながら
お届けするといたしましょう。

まず、ウチの思い違いでオアシス21へ行ったら、
全然関係のない物産展をやってた。Σ( ̄Д ̄;)ガビーン

場所はどこだ?
あたりを見回してもそれらしいものもない。
スパイス探知機(非売品w)を使用しても反応なし。
インド料理には敏感に反応するんだけどなあ・・・

そのうち見るからに東南アジアンな人々が北へ向かって歩いていくのを発見。
コッソリ尾行していってはじめてテント村を確認できましたっ!
しかしイベント会場というのにそれを示すゲートすらないのはいかがなものか。

会場に着いても何かを焼くコゲ臭いにおいがたまに漂うだけで
調理臭がしない。
タイ料理っておしとやかなんですね~。

ではここで持参していった装備の紹介。
デジカメと食べた物をメモするため手帳は必須ですが、
雨の予報がでていたので雨合羽を。
アクティブに行動するためにはハンドフリーが便利なので傘はNG

汗をぬぐうタオル
お口をふくハンカチ
脂ぎった小汚いツラをふきふきするためのフェイシャルペーパー
(アメニティグッズばかりですね)

そしてレジャーシート。
名古屋会場の場合東京のタイフェスと違って人出も少なめなので、
主催者の用意したテーブルやイスに座って食事できないことはないけれど
ウチは孤高の食べ歩き人かつ単独参加ですのでね。
隣にカップルとか座ってきたら嫌じゃないですか。

トイレの横にでもひとり用レジャーシートを敷くといたしましょう。
こうやってどんどん人から孤立していくのね。
フフン ( ̄∇ ̄;)

タッパーも忘れずにと。
食べ残しを詰めたり、閉場直前に値崩れするであろう食料品をまとめ買いするとして
これまた詰めるのに便利。

100均で買ったタッパーはすぐにフタがバカになって口があく可能性がある。
漏れ防止の新聞紙とコンビニ袋も忘れず持参。

結構用意する物があったし帰りはおみやげでさらに荷が増えるので
普段は絶対背負わないリュックをおろしましたよ。

これはいつかバックパッカーとして天竺へ旅立つために昨年用意したもの。
初使用がタイフェスとはこれまたジャンル外ですね(笑)

で、実際のところは・・・雨合羽は大正解
初日は午後1時頃から雨が降り出してテントの中は超満員。
テントのはじっこだと横なぐりの雨で全然雨やどりになってない。

あぶれちゃった人の行動範囲はかな~り制限されちゃってますねえ。
だのに皆さん不自由にも傘を使っていて、
合羽を着ているのはウチとイベントスタッフぐらいしかいない。
この際、格好は二の次で実用性第一限ります。

しかも雨で気温がぐっと下がるのは予め予想されていたというのに、
半そで&ショートパンツの軽装の方も多くて、
かわいそうなぐらい寒さにガタガタ震えておりました。

話は飛んで・・・会場で最初に買った物

IMG_1820.jpg


左がワイワイタイランドのブースで売っていた"タイレストランガイド"
まっかな表紙がミシュラン??と思わせる。
定価800円のところをイベント会場特価500円でゲット。

安くて得だと飛びついたけど内容を見たらたいしたことないし、
単にレストラン紹介パンフだったので無料配布でいいと思った。

右のが会場で無料配布していたレストランの小冊子。
有料のやつとほぼ同内容なのがなんだかなあです・・・。

次回、会場の様子編に続く。

関連記事リンク
タイフェスティバル2008名古屋(2) 会場の様子編
今年もタイフェスティバルを見学
タイフェスタ2010はちょっとだけ見学

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。