津島の新店 ル・パリ(Lu・Pari)

津島の新店 ル・パリ(Lu・Pari) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店しました>

配達された朝刊に見慣れたナンやインドカレーが大写しになったチラシをみつけた。
超近場にインド料理店がオープンするんだ~。
まさに寝耳に水の出来事である。
津島市内では二軒目のインド料理店ル・パリ(Lu・Pari)さんへさっそく突撃してみた。

Lu Pali イーゼル

店名、お店の外観、内装・・・
どれをとっても全然インド料理店には見えない。
ロケーションも通りから一歩奥まった分かりずらい住宅街の中という強気の立地。

広い駐車場があるということでその弱点をカバーしているものの、
知名度があがるまでは相当苦労しそうな気もする。

この日はチラシとオープン効果で賑わっていた。
どのお客さんも20%OFFクーポンのついたチラシをにぎりしめて食事している。

小手調べに750円の本日のカレーランチをオーダー。
辛口でとお願いしたとたんにウエイトレスさんに
『うわあ、すごいですねえ。だいじょうぶですか』と言われた。

3人ほどウエイトレスさんが接客してみえたが、
全員近所のおばちゃんパート(日本人)と見てとれる。
どうやらインドカレー=ノーマルでも大変辛い物という固定イメージがあるようだ。
インド料理にも慣れていない様子なのであまりイジワルするのはよくない。

本日のカレーは、ナスとじゃがいもだが、
これをアル・ベイガンと言っても絶対分かってもらえないだろう。

こちらのお店のメニューは今の所すべて日本語表記になっていて
タンドリーチキン=スパイス漬け鶏の骨付きモモ肉
シシカバブ=串巻き鶏のひき肉
のようになっていて、
ここの読者の皆さんなら思わずチャイを吹いて笑ってしまうかも知れないが、
日本人向けのお店だから本当はこれが正しい。

さて、小さめのトレイにちょこんとお上品に盛られたサラダとパパド、
そしてカレー皿が乗っかったランチが運ばれてきた。

Lu Pali ランチ

Lu Pali ナスとジャガイモのカレー

隣席の家族連れがパパドを示してしきりに、これはなんだろうと話している。
呼ばれたウエイトレスさんはやっぱり、
『店長に聞いてきます』と奥へ行ってしまったのでちょっと吹いたw

カレーは量も十分だし、お店が繁盛して忙しいのに
とても丁寧に盛り付けてあって好感が持てた。

そのおいしさは日本人向けにアレンジされたとすぐ分かる味だったけれど
とてもおいしい。
カレーライスにして食べてみたくなった。

マニアとしての要望でしかないが、あまりに洗練された感じなので
もう少しBGMや内装にこだわってエキゾチックな雰囲気を出して欲しいと思った。

コピー ~ Lu Pali 店内


関連記事リンク
津島にインド料理店 ル・パリ(Lu・Pali )オープン
ル・パリでモーニングチャイを

【お店情報】
ル・パリ(Lu・Pali ) 
愛知県 津島市 唐臼町油田56
TEL 0567-33-0099
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00
定休日 火曜日(年内は無休)
駐車場 広い駐車場有
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。