エキナカの小さな南インド、インド・ワラ(INDO WALA)

エキナカの小さな南インド、インド・ワラ(INDO WALA) に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店されました>

おいしいカレー屋さんを巡る東京の旅最終回。
すべてを南インドの定食ミールスで決めようと考えていたが、
最後に訪れたお店は東京駅・八重洲地下街のカレースタンド
インド・ワラさん。

INDO WALA ショーケース


南インド料理を気楽にテイクアウト出来ることで知られる
インドの現地屋台のような面白さを覚えるお店だ。
地方へ移動する新幹線の中で食べる人が多いということにもうなずける。

メニューにミールスこそないが、
バナナの葉の上にインディカ米をふんだんに盛り付けて
サンバルやチキンカレーを混ぜ合わせ、
箸休めのカチュンバール(インドで一般的なきゅうりとタマネギなどのサラダ)
をカリカリとやるスタイルは南国ムード満点だ。

それほどカレーに興味のなかった東京の知人もこちらを見て、
面白いお店だ。食べて見たいと興味を示していた。

さて、決して広いとはいえないカウンター席にお客さんはまだ誰もいない。
しめしめ、落ち着いて食事ができそうだと着席するも店員さんは現れない。
そこで奥の厨房を覗きこみながら、
何度か『すいませーん』と呼びかけてみたが反応なし。

そうこうしているうちに若い女性のひとり客が現れてウチと同じように
キョロキョロしたあげく、厨房に向かって『すいませーん』
何クソこちらも負けじと『すいませーん』だ。

気がついたら交互に呼びかける『すいません合唱団』が誕生していた。

カレー食べたいユニット『すいません合唱団』の女性。
奥を覗いてまさに呼びかけているシーンです。


INDO WALA イーゼル

その女性はよほどこちらの料理がお目当てだったらしく、
あきらめることなく大人しく席についてスタンバイモードに。

ようやくインド人らしき店員さんが登場。
その間3、4分と結構待った。
『ゴーメンナサイ トイレ イテマシター』
(大の方っぽい ^^;)

同時に男性客が二人入店し、狭いカウンター席はいよいよ窮屈になってしまった。

予め狙いをつけていた850円のダブルカレーセットを注文。
ドリンクをつけるといきなり+300円も高くなるので注意。

カレーはサンバルとチキンの2種類をチョイス。
パラパラと一粒づつがしっかりとしたバスマティライスにしっかり混ぜて
夢中で食べる。
スパイスも効き、独特の香りが漂っておいしい~。

半分ほど食べ進めて、おっとうっかり。
ブログに載せるための料理画像の撮影をすっかり忘れていた。
そこで相互リンクを組んでいる"カレー巡り"のNORIさんに相談して画像を貸していただきました。
NORIさん、あざ~す (^^)

            (画像提供 NORIさん)

ダブルカレーセット

NORIさんによるこのお店のレビューはこちらで読めます。

ロティに手を伸ばすころにはおなかいっぱいで大満足。
口中をカチュンバサラダですっきりさせて
ごちそうさま!

テイクアウトで新幹線車内で食べたら、香りもビジュアルも
相当目立つに違いないと思いつつ車中の人となったのでした。
なかなか意義深い東京カレーツアーでありました。

INDO WALA  お店

【お店情報】
インド・ワラ Webページ
東京都 中央区 八重洲2-1 八重洲地下街南1号
TEL 03-5299-4468
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
駐車場 なし
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

残念ながら閉店されました

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。