ほぼ日手帳2009

ほぼ日手帳2009 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

早くも来年の手帳を話題にするシーズンとなりました。
てなわけで予約してあった"ほぼ日手帳2009"が到着。

手帳カバーはグリーンギンガムというチェックの柄をチョイス。
写真うつりがちょっと悪い。


IMG_2773.jpg


ほぼ日手帳ってなんだ?という方はこちらのリンク先をご覧いただくとして、
毎年触れているようにこの手帳に仕事のことは一切記入しないというのがMyスタンス。
(移動する仕事ではないので、仕事用には主に卓上型のB5ノートを使用)

趣味のインド料理食べ歩きをメインに使っているので
訪問予定のお店や訪問済みのお店リスト、地図や行き方の記入、
撮影した画像もスクラップして貼りつけている。

IMG_2794.jpg

IMG_2769.jpg

仕事以外の一年間の遊びの集大成なので、駅やハイウエイの記念スタンプ、
旅行先で入館した資料館や観た映画の半券から、
果てはお買い物レシートまであらゆる物をスクラップすると一年の終わる頃には
2倍は太ってパンパンだ。

上段の新品未使用の2009年版と下段の過去の手帳を比較。
一年でこれほどの変わりようだ。


IMG_2779.jpg IMG_2777.jpg

文庫本サイズで持ち歩きも容易というのがほぼ日手帳のPRポイントのひとつだが
専用カバーを装着しただけでも相当ズッシリくるので、
このアピールに関してはちょっと疑問。

それに胸ポケットからさっと素早く取り出してメモを取ることも不可能。
手帳を持ち歩くためのカバンが必要と以前も書いた通りだ。

しかし一日一ページスタイルでたっぷり書けることと、
自由度の高い点は気に入っていて毎年愛用している。
メモ魔&記録好きの僕にはぴったりかもね。

ただお値段が3000円~(手帳カバーの種類などオプションの追加によって変わる)と
手帳としては高価。
したがって三日坊主で終わってしまいそうな向きにはお勧めしない。

手帳なんか持っていても何も書くことがないよという方、
活用法については下のような本もでているので購入されてみては?
他人の使い方がとても気になる僕ももちろん参考にしてます。

ほぼ日手帳活用に関する以前の記事はこちらです。


ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。
(2008/09/25)
ほぼ日刊イトイ新聞

商品詳細を見る

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。