ご声援ありがとうございます

ご声援ありがとうございます に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

闇夜のようなブラックコーヒーを片手に、
窓の外に降る雪を眺めながら
KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONGを口ずさんでいました。
こんにちばんわ、やまちゃんです。                           

と、柄にもない言葉で始めてみましたが全く違う話題で進めていきます(^^;;

ブログからコメント欄と掲示板を廃止したことについて
思いがけず多くのご意見をいただいて驚いています。
管理者への連絡をメールのみという少々面倒な手順にしたことで
反応は少ないだろうと考えていましたが読者の皆さんの熱意には
頭の下がる思いです。

ご意見の一部をこちらでも紹介させて下さい。

いつも更新楽しみにしているのにブログやめちゃうんですか?

僕の書き方が悪かったようで、ブログ廃止と勘違いされた方もみえました。
ご心配をかけました。細々とやっていきますのでよろしくお願いします。

掲示板がなくなってもメールでイジワルを送ってくる人は
いると思いますよ。


コメント欄に書きこまれた暴言や不愉快な言葉は皆さんにも見えてしまうので
読者の方にも嫌な思いを与えてしまいます。でもメールは僕にしか見えません。
また、わざわざメールにする手間を考えれば数は減るでしょう。
何よりそういう連中は暴言が読者に広く閲覧されることを愉しみにアラシに来る
わけですから、現状でも十分ルートを断ったと考えます。

コメントを承認制にすれば良かったのでは?

実際数日やってみました。
が、せっかくコメントを書いたのにそれがすぐに反映されないで、
「このコメントは管理者の承認待ちです」と表示されるのは
なんだか冷たい感じがしました。

もちろんイタズラ対策でやっていることは理解していただけるでしょう。
通い慣れたブログならそういう認識で理解して投稿もできます。
でも僕が投稿者の立場で初めて訪問したブログでこうゆう対策がしてあったら
大袈裟ですが自分の投稿まで審査され疑われているような気がしたのです。

・コメントできなくて不便です再開して下さい。
・コメントがないとブログをやる意味がないのでは?


コメント受付停止はアラシ対策に特化しただけでなく私的な理由もあるので
現状再開はありません。ストップさせたことで気持ちに余裕ができて、他へ
回す時間も取れるようになりました。

ブログの雰囲気を変えてしまったことで心配したアクセス数も
未だ上昇傾向なので悪い影響はでていません。
コメントは得られなくても読者数に支えられてやっていますので
やる気がなくなったということはないですよ。

しいて勝手なお願いをするなら、役立ったり面白いと感じた記事があれば
ブログ拍手ボタンをポチっとしていただくとモチベーションもさらに上がります。
前にも書きましたが、これはポチしたからといって僕にお金が入るわけでも
ブログの人気度がアップするものでもなく単に記事の評価を計る目安です。
気軽に投票お願いします。

(ブログが)いらなくなったら私が好き勝手に運営してあげるから、
心配いらないよ~ん。


ありがとうございます(笑)
でも好き勝手に運用されては元管理人として悲しいので
もしもの時はデータを有効に使って下さる方を公募して委譲するのもいいかもです。

実は昔運営していたホームページの一部のコンテンツを委譲した経験が
ありますが、6年経った今もそちらのサイトで僕のコンテンツはちゃんと
生きているのがすごくうれしいです。

ブログ拍手を利用してコメントを下さった方、
裏ワザというか、その方法はすっかり忘れておりました。
あとで拍手コメントを受付けないよう設定し直しておきます。

が、誤解しないで下さいね。
忘れていた扉にカギをかけるというだけのことですので・・・

あなた様のこのブログへのお気持ちが十分伝わってとてもうれしかったです。
ほぼ毎日更新チェックされているとのこと、
応えるほどの更新は出来ませんが従来ペースは保っていくつもりですので
これからもご期待下さい。

最後はとてもウケた面白コメントです。

もしも(食べ歩きの)連れが欲しい時は声をかけてください。
私はいいおばさんなので、決してナンパの対象にはなりません。
ははは・・・


そんなことおっしゃって大丈夫ですかね。
僕はおじいちゃんなので、おばさん(失礼!)でも
十分ナンパ射程にはいりますよw

            当たりすぎでコーヒー吹いたw

やまちゃん




[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。