マンガのような無銭飲食を見た

マンガのような無銭飲食を見た に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

『おそ松くん』とか『天才バカボン』でよくあるみたいな。
白いまかない服にシェフ?の帽子(コック帽だっけ?)をかぶったままのお店の人が
片手に包丁とか料理のオタマを握り締めて『まてーー』とかって追いかけていくやつ。


ある中華料理屋の前を通ったら、ガーーと自動ドアが開いて
作業員風のおっさんが血相を変えて飛び出してきたの。

で、続いて追ってきたのがまさにマンガの中の人で、手に中華包丁もってた。
『え?うわ!何これ・・』 この関係が頭の中でリンクするまではめっちゃビビった。

あの格好で『まてーー』って、マンガじゃん。
一緒に歩いていた友人とほぼ同時に爆笑の渦へ・・。
思いがシンクロしたわけだ。

しかも、マンガの人は敵を逃してすぐに手ぶらで戻ってきた。
照れ隠しなんだろうな。まるでギャラリーに向かうかのように捨て台詞。
『ちくしょー、ったく逃げ足の速い野郎だ。次会ったらただじゃおかね!』とかなんとか・・

あの人にゃ悪いが再び爆笑の渦だ。
全く期待を裏切らないというか、イメージ通りのセリフを決めてくれるなんてステキすぎる。
人は無意識にシチュエーションに応じた対応をするもんだと感心した。

さて、ほとんど同じシーンをある大型スーパーマーケットの入り口でも目撃した。

小走りで逃げ去る婆さん。
『まてーー』と後を追う店長か売り場責任者とおぼしき頭に三角?っぽい紙帽子を乗せた人。
それこそ首ねっこをつかまれて婆さんは店の中へ引きずりこまれた。

その間、店長は周りの人にも聞こえるような大声で
『また、アンタか。いったい何回捕まれば反省するんだ』とがなっていた。

恐らく無意識に行った周囲への状況説明だろう。
理由なくか弱い年寄りを引きずっているとは誰も思われたくないもんね。

ところで、なぜ『まてーー』なんだろう。
自分も同じこと言うだろうけど、待てと言われて待つはずない。

『止まれ!』も『逃げるな!』も適当じゃない。
『逃げてもムダだぞー』じゃ長すぎるし。
良い言葉はないものかね?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。