岐阜からようこそ AMA名古屋店さん

岐阜からようこそ AMA名古屋店さん に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店し、SUNRISEというお店に替わっています>


岐阜県・海津市という少々馴染みの薄いところに本店のある
AMAさん(AMAとはネパール語でお母さんのこと)が、
名古屋市中川区に「名古屋店」をオープンしたのは昨年秋のこと。

場所はアズパークというイナカのショッピングセンターのほぼ東隣。
付近にはフードコートから独立店まで飲食店がてんこもり。
というわけで「新たなカレー屋さん」の奮闘ぶりを見てきた。

AMA中川 お店


メニューも料理の体裁も岐阜のお店と全く同じ。
岐阜へ4度お邪魔した僕には目を引くようなものは特になし。
ただ、ナンの大きさやカレーやサラダの量にどっさり感な印象のあったお店なのに
全体量が減ったような気がする。

記憶をたぐり寄せているうちに思い出したこと。
希望すれば出してもらえるミニライス(ミニといっても結構量がある)のサーブと
ナンおかわり自由が廃止になっていた。

訪問当時は原材料高騰と、(無関係ながら)原油価格の値上がりもピーク
という景気もずいぶん下向きな状況だったことから
落ち着いた現在はポリシーも変わっているのかも知れない。

かといって量が多ければ良いということではなく、
せいぜい二枚食べれるかどうかのナンがおかわり自由と
言われたところでインド料理をよく食べる者にはありがたみも少ない。

AMA中川店  前菜


手でちぎったかのように一本を二本分としたシークカバブも
以前はちゃんともう一本長いのがデンと乗っておりました。


AMA中川店 カバブ


あまり食べたことのないポークカレーのセット 850円をオーダー。
安くてコスパが良いのは認めるが、岐阜のAMAさんの方がもう少しはっきり
した味だったような・・・

スパイスの効き具合やソースの濃厚さについて、
具体的にどの程度を求めているのか説明があると良いと意見される方が
たまに見えるが、僕のようなシロウトにその説明は無理。
はじめの一口を口中で感じた感性で満足度が決まるという漠然表現でお許しを。

余談ですがー
ある女性が、
「私のどこを気に入って好きになったの?」と聞いてきたことがあった。
顔が好き。性格も合いそうだ。いや、スタイルもいいな・・・
コメントは色々つけられますが僕は言いました。

「・・・という理由もあるけれど、一番大事なのは
僕の感性が好きだと叫んだからですよ。
他に何か理由がいりますか?」

好きなものは好きでは理由になりませんか?
恋愛は好きか嫌いか。
メシはうまいかまずいか・・・それだけです。

AMA中川店 ポークカレーランチ


オープン直後でまだお店が知られていなかったためか
他客はおらず静かに食事を終えた。
店員さんと岐阜店のことやネパールのことなどを雑談。

料理についての感想は正直に
本店で食べた時のほうがおいしかった。ゴメンネーと言っておいた。
今度はおいしいの作りますと言ってくれた心粋がうれしい。

AMA中川   店内


関連記事リンク
岐阜県でエスニックを食す
岐阜県 海津市 AMA

【お店情報】
AMA名古屋店
名古屋市 中川区 新家1-615
TEL 052-433-0067
営業時間 平日11:00~15:00/17:00~22:00
       日・祝日11:00~22:00
定休日 無休
駐車場 数台のみ。周辺利用可能
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意  

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。