受かる履歴書 ただし低給冷遇します

受かる履歴書 ただし低給冷遇します に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日、数十通に及ぶ履歴書の束を見る機会があったが驚いた。
皆さん、履歴書を実に戦略的に記入しているものなんですね~。

学歴・職歴はゴマかしようがないので、ここはどれも皆さん
同じようなスタイルで書いてますがー。

趣味や特技ですか。僕のように競争心もなく、影も薄い人物には
(髪は薄くないよ。フサフサです←あ、誰も聞いてない?)
考えられないぐらいのアピールです。

趣味欄なんて、単純に「読書」や「音楽鑑賞」程度にしか
書かないもんだと思っていましたが、

「私は主に海外文学を通じた○○学に興味を覚え、難解で知られる
○○(作家名)作品の読破を目指しております」

「チャイコフスキー、モーツアルトなどのクラシックを好みますが、
現代のアーティストにも影響を及ぼしたビートルズ作品の視聴も好きです。
また、洋楽を通じて語学スキルを高める努力をしています」

サカナくん(さん)じゃないけどギョギョ(*0*;)・・・・ですがな。

かたや趣味、パソコン・インターネット閲覧とフツーに書く方もいますけど
こちらはちょっと勇気ある記載ですかね。

インターネットという言葉にインテリジェンスな響きを感じた遠い昔と違って現代は
パソコン・インターネット=ひきこもりの温床、エロやアングラ、
不誠実な出会いのツールの印象が大きいもんね。
神経質な人事担当だと消極的なヤツとみなされマイナス要素かも。

特技欄も単に「英会話」とか「陸上競技全般」で済まさずに
取得した資格や戦績のエピソードをからめて、いかにその項目をして
特技と言わしめるかというアピールが皆さんお上手です。

どうやら僕の知る明快かつ簡潔なのが履歴書という考えはもう古臭いんですね。
確かに履歴書は「書類選考」という試験の一部なので、
多少臭いセリフで装飾をつけてでもアピール度を高める必要があるのかも。
ハウツー本でもこういうのを奨励してるんだろうね。
よくわかんないけど。

もしも僕がこの優等生どもの履歴書を検討する方の立場だったとして、
(つまり歪んだ考えの持ち主かつ変人で、採用担当だったら最悪な人)
一言正直な感想を・・・

「オマエらかわいくねえし、
言ってることようわからんし、むしろきめえわw」

さて、履歴書の要、天下の分け目といえる「志望動機欄」
ここは皆さんありとあらゆるそれっぽいウソを並べにゃならんので一番悩むところでしょう。
優等生の回答は省略しますが、ホンネを書いて良いならたいていこうかな。

「貴社は自宅からも近く、通勤に便利な点と給与面や業務内容が
私の希望と一致したので応募させていただきました」

まだネコかぶってますか?
じゃあ、これでどうだ。

「ぶっちゃけ働くのは大嫌いなので、ダラダラと寝て暮らしたいのですが、
空からお金が降るわけないし、遊んでいてもメシが食えないので
必要に迫られて応募しました。ロト6が当たったらソッコーでやめます」

僕が人事ならこんな人を採用しますよ。
履歴書にこんな奇抜なことが書けるのはたいそうな大物か
頭の怪我人しかいませんのでね。
どちらにも興味がありますからw

実のところ人事も志望動機なんてこれっぽっちも信じてないですけどね。
ようするに何が見たいかといえば、考えを要領よくまとめた上で
筋の通った文章を書くことができる能力があるかというのがポイントですわ。
ちなみにハウツー本丸写しは即バレします。
(でも選考にほとんど影響しない。やはり経歴や実際の面接重視)

最後に「企業への希望欄」
ここは、「貴社の規定に従います」と書くのが常識になっているので
たいていそう書いてありますが、勤務地や人事異動について質問される方もいます。
但しそれも常識の範囲でおかしな点はなくあくまでスマートに。

「できれば残業したくないので定時に帰らせて下さい」
「給料は手取りで50万円ぐらいもらいたい」
「怒られたり、いじめがあったらすぐ辞めます」
な~んて書いてあるのは一通もありません。

「デキスギ君」たちと正反対の履歴書を提出して採用してくれるのは
「インド料理にびっくり編集部」ぐらいしかありません。
ただし低給冷遇です。いじめもあります(爆)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。