蓼(たで)食う虫も好きずき

蓼(たで)食う虫も好きずき に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

蓼(たで)のような辛い植物を好んで食べる虫もあるように、

人の好みもいろいろあって、

一概(いちがい)には論じられないという意味。


これを理解出来なければ、食べログをはじめとするグルメ関連サイトや
個人のグルメブログなんて腹が立つばかりでとても見ちゃいられません。
もちろんほとんどの方は理解出来ています。

・人にはそれぞれ好みがあるし、好き嫌いがある。
・おいしいと紹介されたお店が自分にとって必ずしもそうではない。

・出かける時は各自で確認。営業時間などポリシーの変わるお店あり。
・ネットで得た情報はあくまで参考。最終判断はご自身で。

「食」に関する考え方と絡めて、ブログ情報を読み違えない注意点をあげてみました。
これら最低限の基本さえ理解していれば、腹を立てる機会も減るかと思うのですが、

・おいしいと書いてあったお店が全然おいしくありません!
・今のところ、ひとつも良いお店に当たっていない。このブログにはダマされっぱなし。

・おしゃれなお店とありましたが、私にはとてもそう思えません。
・年中無休を信じて出かけたのに休みだった。責任持って記事を書け!
・店員さんは気さくで愛想良いとあったのに応対の感じが悪かった。

などのご意見をいただくと正直少々引きます。

テレビが、芸能人が、有名なブログが勧めるお店だからおいしいに決まっている。
などという妄信は、人それぞれ好みがあるということを理解していれば起きない問題でしょう。
それともあなたはいつもマスコミや周囲の人のラジコンで右や左へ行動する
タイプの方でしょうか?

人をダマす憎きブログに全然懲りず、何度も参考にしてなおダマされ続けるあなたには
「幸福を招く壷」、または「高級羽毛布団」の販売に伺わせていただきたく存じます。

晴れや雨の日があるように、常に同じテンションを保っていられる人なんて
いますか?実際、普段は愛想の良い僕も今はムッとした顔でこの文章を
入力しています。

「味もわからんヤツがグルメブログをやっている」
という批判はどのグルメサイトに対しても必ずついて回る宿命みたいなものでしょうが、
食べ物に人それぞれの好みがある以上、本当の味が分かる人なんて世の中にいるのか?
僕は常にそんな疑問を持っていますね。

ひいきのお店や自身のお気に入りは誰しも持ち上げてみたくなるものですが、
十人十色の考え方があるのも世の中と理解して、
おおらかな気持ちでこのブログを楽しんでいただければと考えています。

とあるイベントにて/
近所のママさんたちが大鍋で作ったカレーライスが
高級レストランの料理に勝ることだってある。


IMG_5640.jpg


関連記事リンク
いまさらながらミシュラン東京版発刊に戯言を寄せてみた

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。