マクドナルド Big Americaコンプリート

マクドナルド Big Americaコンプリート に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今回の世界各国料理を食べるシリーズは「アメリカ料理」
我が心の故郷アメリカ合衆国のお料理です。

ん、オマエはインド好きじゃなかったのか?
とりあえずそれは置いといて、
っマック!・・・なんて思った坊っちゃん、嬢ちゃん、まあお聞きなさい。

確かにジャンバラヤに代表されるニューオリンズ周辺のケイジャン料理や
チリビーンズをふんだんに使ったテキサス州の煮込み料理が代表的な
アメリカ料理と言われているけれど、

1940年にカリフォルニア州でマクドナルド兄弟が創業する以前から
全米各地にハンバーガーという食べ物があったことを考えれば
マクドナルドだって立派な「アメリカ料理」と呼べやしませんか?
と、元マクドナルド・クルーの僕が申しております。

ともかく愛知での発売順にBig Americaシリーズを
ごくごく簡単ではありますが振り返ってみましょうかね。

Big America第1弾テキサスバーガー

Big America テキサスバーガー


考えていたよりずっと小さめでボリューム感の乏しかったテキサスバーガー。
一層目のマスタードソースと、二層目のこってりしたバーベキューソースは
見た目以上におなかがふくれて腹持ち良かった。

フライドオニオンは焼け焦げた異物という感じでちょっとこげ臭く余分。
テキサスというならチリ系味のほうがイメージしやすいかも。

洗練された洒落たイメージがウリ。
第2弾ニューヨークバーガー。
ちょいと僕には淡白すぎるお味。


Big America ニューヨークバーガー

色白の胚芽入りバンズが特徴的なニューヨークバーガー。
洗練された都会をイメージしたというだけあって
シンプルかつこざっぱりした感じ。
でもこのバンズは歯ざわり悪いしバサバサしてて嫌いだな。

ひたすらタンパクな感じがしていたが、
職場の女子部では評価の高かったバーガー。

僕の前に並んだカップルの男。
「ニューヨークバーガーのセット。ひとつはチーズとトマト抜きで」
直後にソースがマスタードソースと気がついて、
「ケチャップソースに変更できないの?」

店員さん、変更はできないけど抜きなら可能。
「じゃあ、それで」
アンタいったい何バーガーを買いにきたんだ?

ロコモコでハワイを表すのもいいが、パイナップルなど
フルーツのほうがイメージしやすくないか?
第3弾ハワイアンバーガー


Big America ハワイアンバーガー


あまりハワイらしくなく、掟破り感漂うハワイアンバーガー。
スタイルも異国風というより、あま辛いテリヤキ風ソースにエッグが乗った
日本人好みな組み合わせ。
日系人の活躍する州なのであながちコンセプ違いではないが・・

シリーズ中一番ボリュームがあり高カロリー。
ミートパティによく合うソースなのでこれはうまい!と思った。
ただ、月見バーガーのU.Sバージョンという気もするし、
最近新発売になった「てりたまバーガー」を連想させる点は
目新しさに欠けた。

陽光ふりそそぐゴールデンステート、カリフォルニア州。
明るいイメージなのに地味でお堅い市役所のような味がしたぞ。
第4弾カリフォルニアバーガー


Big America カリフォルニアバーガー


ちょっと大人の味がするのは、
ソースにカリフォルニア産赤ワインを使用しているためだとか。
バンズも中に挟んだ具もしっかり歯ごたえがあったので食い手があって
おいしい。少し苦味の利いたソースも私的に好みだった。

独断による好みの順は

ハワイ>テキサス>カリフォルニア>ニューヨーク

にしてみたが、テキサスとカリフォルニアの順は結構迷った。
結局濃いめの味が好きという貧舌な結果になったが
皆さんはいかがでしたか?

次回企画はぜひ全米50州バーガーシリーズ希望!
具に使うネタが尽きる心配もあるけれど、
そこは工夫でアラスカ州バーガーならアザラシの肉、
ワシントンD.Cバーガーは国鳥ハクトウワシの丸焼きと、
某動物愛護団体や全米を敵に回す勢いが欲しいものです。
(嘘ですごめんなさい)

それでは皆さん、 i'm lovin' it !

関連記事リンク
マクドナルド期間限定企画 Big America2
マックのBig America3はツメ甘し(*´д`)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。