誰も知りたくない僕という人ガイドブック

誰も知りたくない僕という人ガイドブック に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

普通にしているのに、「怒ってる?」って聞かれます。
誘われても断るくせに、誘われないと嫉妬するんです。
ホームに着いたとたん電車が去っていきます
子供が後ずさりして逃げて行く原因が知りたいです。

卸したてのワイシャツに鳥のフンが降ってきました。
まだ食べているのに無言でお皿を下げられます。
近所の犬が僕を二度見しました。

道を尋ねようと呼び止めたら
「お願いだから近寄らないで!」と言われました。
「後生ですから命ばかりはお助けを~」
て、山賊に遭遇した昔話の村人プレイですか。

自信たっぷりな女性と話しました。
たとえふたりきりで無人島に流されたとしてもそれはない!
とのコメントを頂戴しました。

思ったより頭いいんだねって、
ずっと頭がとびきり悪いって思われてたという意味ですよね。
小学校でつけられる「教授」のアダ名はたいてい「狂授」の意味。

小学校の担任が、
「このままではこの子は中学校にも進学できません」
と言うのを聞いて驚いた母親が、
「そんなに頭が悪いんですか」と聞き返すと担任は、
「いえ、人間性の方です」と答えてました。

今まであった最大のセレモニーは小学校のときに
クラスメートが開いてくれた
「やまちゃん君のお葬式」だったと記憶しています。

薬局で、アレ下さいと言えば
即座に制汗スプレーを手渡されます。
そっちじゃないやつと言うと
ファブリーズがでてきます。
本当に欲しいアレが手に入りません。

マックで「いつものアレを」と言うと
お姉さんのゼロ円スマイルに癒されます。
「このお客さえ来なければ今のバイトは楽しい」
(その晩のお姉さんの日記より引用)

生乾きの犬みたいな臭いがするよー
と、謙遜してオチャラけてみたら
「犬というより象じゃない?」と言われました。
象のニオイを知らない僕にでも、
とんでもなく臭いんだろうということぐらい分かりますともええ。

鏡を見ていてことわざが浮かびました。
「弘法も筆のあやまり」
人間は神様が作った最高傑作とのことですが、
その製作過程において絵筆を滑らせるとは
アンタは木から落ちたサルなみですね。

めったに鳴らないケータイがたまに鳴った時の
相手はやっぱり「お母さん」 
半年ぶりにメールが着信したので、喜んでひらいたら
「性交者続出中!」というタイトルのエロメでした。
間違い電話の女の子に恋をしたことがあります。

女の子たちに別の意味でキャーキャー騒がれます。
誰にでもやさしい女の子には勘違いを起こしてしまいます。
お願いですから僕にだけやさしくして下さい。

「いつ来たのw」
「まだいたの?」
「もう帰ってもいいよ」
もう慣れましたともこの言葉。

せっかく、
「薄毛の方は精力的だといいますからね~」
とほめてやったのに、
「オレのことをハゲでスケベなやつと言いたいのか」
とブチ切れまくられました。

ちっちゃい頃、車にはねられたことあるよねww
とか聞かないで下さい。
ですから、頭を打ったこともありませんってば。
もちろん象に踏まれたことも・・・

もしも神様が現れて、なんでも願い事を聞いてくれるのなら
もちろん謝罪と賠償を要求。
あと一発殴らせろ。

お手数をかけて申し訳ありませんが、
看護師さん、空きベッドの確認お願いできますか?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。