ドラキュラに会いに サルマーレ

ドラキュラに会いに サルマーレ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ひさしぶりの世界各国料理の食べ歩き。
今回は名古屋で唯一ルーマニア料理が食べれる
サルマーレさんの紹介です。

サルマーレ お店


皆さんはルーマニアと聞くと何を連想されますか?
ちょっと前は、そこそこサッカーが強かったイメージもあるし、
歴史好きな方だと独裁政権が崩壊し、
大統領がテレビカメラの前で処刑された生々しいシーンを思い出すかも知れません。

また、衛生面が整ったイメージのあるヨーロッパの国に似合わず
深刻なエイズ問題を抱え、HIV感染者数が多いという負の部分も知らねばならないでしょう。

としては、トランシルバニア地方のうっそうとした森の中に
居城を構えるドラキュラ伯爵こと吸血鬼伝説の印象が強いですね。
小さな頃は吸血鬼の怪奇映画にずいぶん泣かされたもんです。

1200円で食べ放題のランチバイキング。
新鮮な野菜サラダを中心にガッツリ量が食べれる。


サルマーレ ランチビュッフェ


本日はこちらのお店が大のお気に入りで、何度もリピートされている
Geckoさん」とデートランチ(^^)

人気のサルマーレランチの説明をすると、
毎週金曜日~日曜日の3日間のランチは1200円のランチバイキング。
すべてのメニューがルーマニアらしいとはいかないまでも、
いろんな味を試せるのはグッド

もっとも、ちゃんとお国の料理も数品並んでます。
各種のフレッシュサラダに混じって、
煮込み料理に近い具だくさんスープの「チョルバ」
お店の名前の由来にもなったルーマニア家庭料理の代表である
ロールキャベツの「サルマーレ」

マッシュポテトに似た「ママリガ」や自家製ソーセージなどの
ルーマニア料理も登場するので、取りこぼしなきように。
人気の品はぼんやりしてるとすぐになくなっちゃいますよ。
ドラキュラの国らしく、血を吸うように貪欲にいきましょー

そうそう・・・
バイキングでは量が多いよ~!という向きには
月曜~木曜の通常ランチ(780円~980円 )も必ずルーマニア料理の
メインディッシュがつくのでこちらもオススメ。

食べやすく、おしゃれに各おかずがまとめてあるし、
ランチのパンは食べ放題。
Geckoさんも強く推されてましたよ。

左下の赤いのがサルマーレ。
右下の赤いのは色々な具の煮込み料理


サルマーレ  ランチビュッフェ2


欲張ってきちんと一品づつ余さずおかずを取ってプレートに乗せてみる。
全体的に野菜系が多いので、肉が苦手な人にもやさしいランチ。
デザート類も置いてあったが、私的に甘い物系やデザートに興味がないので
画像に収めてありません。

サルマーレ ランチ


昼間だったせいか、ドラキュラ伯爵には会えませんでした。
しか~し、夜のコース料理 ドラキュラのディナーコース(お一人様4800円)
を通して会えるかも(笑)

事前予約が必要で、5名様~というのがネックですが、
15世紀のトランシルバニア地方の伝統料理を再現したスペシャルメニューで
古典ヨーロッパの食文化に思いをはせるのも良いかも知れませぬ。

今回はどれも同じような画像になってしまったが、
この中では下の皿のシチューがおいしかった。

サルマーレ ランチ2


サルマーレ ランチ4


店内ではスタッフの方が生演奏をして歌ったり踊ったりと
陽気でとても明るい雰囲気。

そして、ものすご~く俗な話になってしまうが、
お客さんもスタッフも外国人の方が多かったが美形の方ばかりで驚いた。
特に女性の皆さんは、いわゆる絵に描いたような美人ばかり。

かつて、モントリオールオリンピックで3個の金メダルをゲットし、
「白い妖精」と呼ばれたルーマニアのナディア・コマネチ選手。
あんな感じの方ばかりが集まっているので目がパチクリ

サルマーレ ランチ3

あらためてルーマニアは「光と影」という言葉がぴったりくる国のひとつと思った。
陽気で明るい国民性はラテンの血を受け継いで情熱的で前向き。
しかし、ヨーロッパ3大最貧国のひとつであり、
麻薬犯罪やHIV問題を抱え、明るさの一歩向こうがすでに闇です。

ルーマニアの食生活は具のないスープや硬い黒パン、
ロールキャベツばかり食べている国というのが僕の認識でした。
もっとも多数の貧しい国民は未だに
そういう食生活を強いられているのかも知れません。

名古屋で見たルーマニアはそういうことを忘れさせてくる
光あふれる世界でありました。

サルマーレ 店内


【お店情報】
ルーマニア料理 サルマーレ Webページ  お店のブログ
地下鉄 東山線「新栄町駅」1番・2番出口から徒歩約2分
名古屋市 東区 葵1-16-28
TEL 052-935-8877
営業時間 11:30~14:00/17:30~23:00
定休日 無休
駐車場 なし
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。