ネパールランチが秀逸 ジョティ

ネパールランチが秀逸 ジョティ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<閉店しました>

マチャプチャレあま店さんが閉店したかと思ったら、
同じ場所にネパール料理店がすかさずオープンとのことで、
地元の地のり良さを利用してさっそくお邪魔した。
インド・アジアン料理ジョティさんである。

ジョティ お店2


雲ひとつない快晴のオープン日、並んでいるお客さんは誰もいない。
新しいお店がまたカレー屋さんということで
チラシを見ても周辺の反応は鈍かったかも知れないね。
全品半額とか粗品進呈でもないと難しい。

初日から景気が悪いのも気の毒なのでドアの前に並ばせてもらいました。
すかさず車が一台入って来て親子連れが僕のうしろにつく。

午前11時ちょうどにオープン。
さっそく真新しいメニューを拝見っと。
お!面白そうな物がの目を引きましたゾ。

ネパールの麺料理チャウミンが500円、トゥクパは600円。
ネパールの代表的肉料理チョエラが500円
インドネシアからはナシゴレンが650円
ダルバート形式のネパールランチセントが1150円。

日本のインドカレーランチの定番、
ナン+カレーのセットは680円~900円
お財布にやさしい設定じゃないスか奥さん!

ジョティ サラダ


はランチとしてはちょっと豪華なネパールランチセットを迷わずオーダー。
ダルバートマニア?の僕をどこまで納得させられる
「っぽい」ランチが登場するかとっても楽しみ。

先の親子連れのお客さんは普通にナン+カレーのセットを注文されていたが、
5分ほどでテーブルに料理が登場。
かたや僕のセットはすごく時間かけてる。
約20分かけてやっと運ばれてきたのだが、なんかシェフの気持ちがよく分かる。

まさかオープン直後にここまでの重たいセットオーダーが入るとは考えていなかったのだろう。
下準備に時間がかかったのと、何やらうんちくあり気な客に警戒して
相当気合いを込めたせいもあるかも知れない。

セットを待つ間にサラダをいただいたが、備え付けのお塩が
ヒマラヤ岩塩だったことに大感激。
これはなかなかポイントが高いです!

独特の甘みと香りがサラダを引き立ててくれますね~。
ドレッシングがかかっていても常に塩を足してみたい僕にはうれしいサービス。
ところで、インド料理店って卓上に塩が置いてあるお店少ないですが
なぜでしょうね?

ジョティ ネパールランチセット


さて、待ちに待ったネパールランチセット登場。
野菜メインの健康的な定食という体裁は、食器のデザインも含めて
中村区のネパールキッチンさんのダルバートに似た感じ。

結論から言えば文句なくうまいダールスープです。
適度に粘度を残しつつも、さらさらとしたスープは
ライスに抵抗なくからむので、マゼマゼして食べるとサイコー!

野菜のおかずはすごくあっさり味つけられてます。
ヒマラヤ岩塩で味を足して補うのもお勧めですが、
塩分を摂り過ぎる傾向にあるので、皆さんはお好みで。

プレート上の惣菜はどれもおいしいですが、特に
じゃがいもとカリフラワーなどを炒めたアルゴビ炒めの
ぜっ妙なスパイス使いに感心すべきものがありました。

辛いペースト状のおかずはライスが進むし、
パパドに添えられたレモンも良いアクセントですわ

このレベルのランチはたいてい他店では
1500円程度から提供されているので1150円はお得感がありますな。
ディナータイムも+150円でオーダーできます。

かなりの本格派で秀逸なネパールランチですが、
一般ウケを考えるとあまり数はでないんじゃないかと思います。
安い方といっても1000円超えのランチであること、
この種のお店ではナン+カレーを食べるものだという固定観念、
料理としての認知、周知に欠ける点がネックでしょう。

ジョティさんでは普段の固定観念を捨てて、珍しいと思った物、
あまり聞いたことのないメニューに挑戦してみるのがよいかも知れません。

ジョティ 店内


関連記事リンク
インド・アジアン料理ジョティがオープン

【お店情報】
インド・アジアン料理 ジョティ
愛知県 あま市 小橋方四ツ物443-2 
TEL 052-442-6055
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00
定休日 第2・第4火曜日
駐車場 あり
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。