日本橋の本格派南インド料理 ダクシン

日本橋の本格派南インド料理 ダクシン に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2010、東京インド料理ツアー最後の訪問店もなかなかの有名どころ。
お江戸日本橋、馬喰町は繊維問屋街のど真ん中、
南インド料理店ダクシンさんです。

DAKSHIN お店


御徒町(おかちまち)についで、漢字が読めなかったシリーズ。
馬喰町=うまくい、まくい、ばくい・・・にしか読めないんスけど。
これ、ばくろちょうだそうです。

の中のばくろちょう=暴露町なんですけど
地名は難しいね~。

オープン一年半程度と、まだ新参の部類に入るダクシンさんだが、
短期間でまたたくまに人気店になって、
料理研究家の先生や芸能人も訪れる躍進ぶり。

サンスクリット語で「南」を意味する店名は
生粋の南インド料理店である自信の表れでありましょう。
(北インド料理もあるけどね)

夕方16:40の入店。
午前11時のオープンからクローズまで通しで営業するお店なので
お客さんでごった返しているのだろうと覚悟を決めて
ドアを開けると女性の2人組だけ。

同時に、え!こんな狭苦しい店なの?と思ったら、
すぐに2階に上がる階段を発見。
あとで調べたら、さらに3階席まであった。

おひり様は1階。2階はグループ向きで、
3階はパーティ専用のように理解。


DAKSHIN  ドーサランチ


うれしいことに、ランチタイムが17時まで。
あと20分のギリギリだけどランチ適用なので、
念願のシェフの一押しドーサランチを食べることができまする

ディナータイムになると、とたんにコストが跳ね上がるので
交通費をケチって夜行バスで江戸までやってきた貧乏客の僕には実にありがたい。


DAKSHIN  ドーサランチ2


とんがり帽子のドーサの底には、ポテトのマサラが敷いてある。
外見上は黄色いマッシュポテトだけど数種類のスパイスが効いておいしいですよ~。
皮にパリッと歯ごたえがあるので、クリスピー系を好む僕にはビンゴなお味

画像2枚目のサラダから反時計回りに
にんじん、じゃがいも、いんげんの具だくさんサンバル。
やや辛口でラッサムのようなサラサラソースがベースのマトンカレー。
ドーサにディップして食べるとおいしいココナッツチャトニ。

これにライスがついてきて1100円!
ランチミールスも1200円~と、花のお江戸のお店は粋ですなあ。

ちらし写真のような豪華なミールスはディナータイムに
2300円~3150円で数種類用意されている。
一度の訪問では満喫しきれないお店なのでいつかぜひリピートしてみたい。

また、お店のサイトがなかなか良く出来ていて
メディアから取材を受けた当時の記事や動画がすべて閲覧できるので
お店情報のリンク先から訪問されることをお薦めします。


ダクシンちらし


1階は席数も少なく2人連れになるとテーブルがちょっと狭い気がしたので
カップルは2階席へ向かった方がまったりできるんじゃないかな。



DAKSHIN  店内


【お店情報】
南インド料理 ダクシン Webページ
JR総武線馬喰町5番出口より1分
東京都中央区日本橋馬喰町1-12-1
TEL 03-3249-9155
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休
駐車場 なし
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。