ミヤギディレストランであの方に会う

ミヤギディレストランであの方に会う に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

読者の「リサさん」と東区のミヤギディレストランさんへ行ってきました。
以前の「メロレストラン」から店名を変更したお店ですね~。
外装も看板の店名部分以外は全く変わっていないので
一応初めてのお店になるというだけで、自分には馴染み感が強いです。


ミヤギディレストラン お店


大曽根駅から徒歩5分程度のお店ですが、少々分かりづらい所に位置しているので
事前に地図をよく確認して来ないと迷ってしまうかも知れません。
リサさんとは駅で待ち合わせて一緒に向かいました

「メロレストラン」時代、お店で待ち合わせていた読者の「Geckoさん」は
道に迷って一区間遠い森下駅まで歩いて行ってしまい、
当時お店の責任者だったニールマル氏が車で迎えに行くというハプニングがありましたのでね。

ラム酒のおつまみにパパド。
やはりここへ来ると「ククリ」を飲んでしまうよ。



ミヤギディレストラン パパド


さて、お店に着いてオーダーを済ませて、リサさんとおしゃべりをしていると
いつのまにか隣にそのニールマル氏がいるではないですか

お店の写真を撮影しているを2階の窓越しにみつけて急いで下りてきたそうで。
これは思わぬ再会。今度はうれしいハプニングになりました。

と言うのも、2階が氏の居宅になっていることは知っていたものの、
情報では米国長期滞在中で、日本にはいないということになっていたから。
現地でちょっとした事故に遭われて腕を負傷されたため帰国を早めたとのこと。

それはともかく、しばらく会えないと思っていた人に
思いがけず再会するというのはうれしいもんです。

ミヤギディレストラン サラダ


ニールマル氏に用意していただいたサービス品。
おなじみ豆のスパイス炒めは毎回違う味がする。
豆の触感が良くお酒のおつまみにもよく合う。



ミヤギディレストラン おつまみ


リサさんが、レディースセット。
価格は忘れた(笑)
は1200円のネパールセットをオーダー。

どちらもリストの中から2種類のカレーをチョイスできるので
二人ともチキンと野菜のTwo Curryと、ドリンクはラッシーで。
僕のセットには大きなタンドリーチキンがつくので結構お腹が膨れる。

カレーの量もたっぷりとあるし、ちょっと重めのカレーだったかな。
ひとりで食べると飽きが早く来そうだったが、
ゆっくりお酒を飲み、会話をしながら進める分には良い感じか。

ニールマル氏は仕事が残っているとかで、しばらくして居宅へ戻られたが、
この直後に守山区にオープンされたご自身のお店
「チメキ」の開店準備などで多忙だったご様子。
今回は久しぶりの再会を果たせて満足。

ミヤギディレストラン ランチ


正直流行っているという感じはせず、
のんびりムードなお店だったけど、息の長い営業を期待したい。

ミヤギディレストラン ランチ2


店名は変わってしまっても、
店内の象徴エベレストの絵は健在(?)でした。


ミヤギディレストラン 店内


【お店情報】
ミヤギディレストラン
名古屋市 東区 東大曽根町26-2
TEL 052-912-1538
営業時間 11:00~14:30/17:30~22:00
定休日 月曜夜
駐車場 なし/但し付近に有料コインパーキングあり
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。