バレンタインデー法案が可決されました

バレンタインデー法案が可決されました に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

その話題はすでに旬じゃないと思ったそこのメガネ君、
来年に向けた提案もあるので黙って聞きたまえ。

昨日、不敵にもこのオレ様にケンカを売るかのようなイベントが終わった。
それは聖バレンタインデー。

もらえないことに嫉妬しているわけではない。
むしろ、毎年「義理」の名のもとに数十枚のチョコをもらう心情が複雑なのだ。
昔のバレンタインは良かった。

それは純粋に好きな人に愛を伝えるイベントであり、
決して人間関係やしがらみを壊さないため
愛情とは無関係にチョコをバラまく「仲良し会」じみたものではなかった。

いつからチョコが配給制になったのか。
君たちはバレンタインデーの本当の趣旨とは無関係に
「ギブ・ミー・チョコレート!」と、
キャンキャン吼えながら尻尾を振っていて良いのだろうか?

「チョコの枚数が少ないと人間関係がうまくいってないのかと心配になるよ」と、
いつか毒でも盛ってやろうと考えている尊敬する上役が言ってた。

嫌なら断りゃいいのだが、1枚ももらえないとなるとこれまた悔しい。
この強迫観念やジレンマを抱えるのがどうも胸クソが悪いと思わないか?
いつからバレンタインデーが人気を計るバロメーターになってしまったのか。

義理を3倍にして返すのがジョーシキとかいったい誰が決めた?
女性の数が圧倒的に多い職場に勤めている場合、
その出費がウン万円になるのか、そこの秀才メガネ君、計算してみたまえ。

そこでこの悪習慣?を絶つええ方法をワシが考えたった。
法律化したらどうや。愛を告白すべき人はひとりで結構。
んだからチョコも1枚しか贈ることができないとな。

バレンタインデーに参加したいもんは、まず最寄の役所へ行く。
そして1番の窓口で「チョコレート等贈答物購入許可申請書」に記入捺印の上提出する。
きちんと1000円の収入印紙も貼るように。

ボサーっと2番の窓口に並んでいる嬢ちゃん、
そこは間違いやから、ちゃっちゃと並び直しじゃい!

3番窓口で購入許可証を受け取るのを忘れてはいかんぞ。
これがないと店に行っても購入出来ないのであ~る。
違反したもんや手作りチョコを複数にバラまいたヤツには罰金刑が待っている。

もし手作りチョコを贈りたいというのなら、
「聖バレンタインデーにおけるチョコレート等製造許可申請書」によらなければ
密造ということでやっぱり罰金が科せられる。

うん、これなら無駄に製造メーカーに儲けさせてやることも、
ホワイトデーの3倍返しに悩むこともない。
これはホンマにええ考えや。
次回の衆議院選挙にワタクシはこの案をひっさげて
政界に発つ所存なのでよろしく頼む(ウソ)

最後に義理チョコに埋もれてニヤニヤしているダンナさん、
アンタにこの言葉を贈っておく。
「1枚の本チョコは1000枚の義理チョコに勝る」
この格言を胸に少しは反省し、半分オレによこせ!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。