ニューボイシャキレストラン

ニューボイシャキレストラン に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

名鉄新安城駅の北出口から徒歩2分。
ブラジル料理店なども点在する路地裏のお店、
ニューボイシャキレストランさんへとやって来た。

ニューボイシャキレストラン お店


「ボイシャキ」という単語や、店内にインドの神様が祭ってないこと、
「アッサラー・マーレイカム!」の挨拶が交わされることから容易に推測できるように、
こちらはイスラームなお店であり、バングラデシュ系。

ランチは、880円のバイキングがメインと聞いてきたが、
別のお店へ寄る予定もあったので、テイクアウトのできる500円の、
ランチタイム限定弁当BOX目当ての訪問。

11:00オープンと同時に入店するが、
このお店も店内独自のタイムスケジュールで動いているようで、
まだ店員さんはのんびりとバイキングのカレーを仕込んでいるところ。
すべてのセッティングが終わるのに20分かかった。

バイキングの3種のカレーが出揃ったが、
サラダやスープのセッティングはまだ終わっていない。
テイクアウトのお弁当にもこのカレーを使う。


ニューボイシャキレストラン バイキングカレー


「お持ち帰り弁当」を待つ間、サービスのマンゴージュースはありがたくいただいたものの、
その他の甘いスナック菓子や、揚げ物などの勧めをことごとく断る
欲のないニッポン人ねー、と思われたかも知れないが、
あまり口に入れるとその後の食欲に影響するので仕方がない。

にしても、イスラームなお店の方々は、インド・ネパール系の方と比べると、
鼻の下の立派なヒゲを指でなぞりながらいつもムスっとした感じで、
愛想の良いイメージはなかったのだが、
こちらの店員さんには、それを払拭するかの印象を持った。

バイキング・スターの出揃った頃に、女子2人組お客さん入店。
ランチタイムはバイキングです~~と勧められて、
へ~、そういうシステムなんだ・・・
みたいなことを言いながら、取り皿を手にカレーコーナーへ。

しばらくすると、ちょっと離れた僕にまで聞こえる声で、
「わ!マズい。これフツーのカレー??なんか味違わない?」

これには関係者でもなんでもない僕もドン引きwwww

店員さん、つかつかと彼女たちのテーブルへ歩み寄り、
「え?マズいの?ダイジョブ?」

すると、お嬢さん方・・・
「えーー、とってもおいしいですうぅぅ(^^;;;」
うそこけ!この、サノバビッチが正直に言うたれや。
スタッフでもないのになぜに荒ぶるかこのオレ?

ニューボイシャキレストラン マンゴージュース


さて、自宅へ持ち帰った「カレー弁当」を晩ごはんとしていただくことにした。
インゲンとカリフラワーのドライカレー、
そしてウエットなチキンカレーがメイン。

チキンカレーには大き目の鶏肉がドサドサっ!と入っており、
ライスの上に乗っかったチキンティカとダブったのは、ちょっとクドいかな。

画像ではこじんまりとしたランチボックスに見えるだろうが、
一番大きいサイズのプラ容器に詰まったライス量はたっぷりお茶碗2杯分。
見た目よりはるかにボリュームもあるし、
カップ入りのサラダもついて500円のCPとは満足ですじゃ。

カレーの味は・・・

お!、これ、なかなかウマー!なんかめちゃ現地っぽい。
本日のカレーの特徴なのか、辛さは全くなく、
確かに一般的カレーとしては気の抜けた感じはするものの、
スパイス加減が良いので、料理としての味はちゃんとする。
これ、出来立てだったらもっとイケるはずよ。

ニューボイシャキレストラン カップサラダ


女性客に不評だったカレーも僕にはどんぴしゃビンゴでおいしかった。
そりゃあCoCo壱や欧風カレーで育った君らには無理だわなw


ニューボイシャキレストラン 500円弁当


読者の「Shantiさん」からもコメントが届いていますので以下に紹介します。

ある意味、日本人の近寄りがたい異国情緒満載のお店でした。
ランチ真っただ中の来店で、案の定貸切状態でしたし(笑)

2階がフードストアだったので、料理が出来るまでの間
見学(店員付きっきり)させて貰っていると・・・
いきなり商品の豆スナック(¥100)を開封して食べさせてくれました。
シナモンが効いてて、スパイシーな味です。

出来上がったキーマカレーは、見た目マトンの様なカレーでしたが、尋ねた所チキンでした。
大きめの挽肉と、グリーンピースがゴロゴロと入っていて、
お店の雰囲気と同じく、料理まで現地の味に近い感じで、個人的には大満足!

①キーマカレー&チーズナン ②ミーゴレン
③レジ横で販売していたジュレビ、激甘です。 ④ベイガンパコラ(ナスのスパイス揚げ)とパパド。
(画像提供Shantiさん)

ボイシャキ Shatiさん


チーズナンは、焼いてる時から香ばしい匂いが漂ってきて、
運ばれてきた時の匂いもイイ感じです。
ナンの上にココナッツがかけられていて、チーズ&バター控えめで、
パリパリ感は無かったものの、今までに食べたチーズナンと違った味で私は好きな味でした。
サラダはサービスしてくれました

インドネシア料理も充実していて気になったので、ミーゴレンを注文してみました。
いかにも辛そうなタレと、漬物(アチャ―ル)が付いています。
上に乗っていたシケった様な食感の煎餅?はイマイチでしたが、
麺にシッカリとした味が付いていて、
タップリの冷凍ベジタブルも合わせて食べごたえがありました。

ニューボイシャキレストラン 店内


【お店情報】
インド・ベンガル・インドネシア料理 ニューボイシャキレストラン
名鉄新安城駅徒歩約2分
愛知県 安城市 東栄町1-5-1
TEL  0566-96-0518 
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00
定休日 無休
駐車場 なし
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。