カレー食堂 ホジャ・ナスレッディン

カレー食堂 ホジャ・ナスレッディン に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

トルコ、中央アジアなど広い地域で知られる とんち話の主人公、
日本で言う「一休さん」にあたるユニークな人物名が店名の由来という
カレー食堂ホジャ・ナスレッディンさんを訪問した。

ホジャ・ナスレッディン お店


カレー食堂といってもインドを意識したというより、中近東とか中央アジアな雰囲気。
イスラム臭が漂ってくるのは、お店のブログやオーナーさんの
トルコ・ウズベキスタンへの旅日記や、
店内のイスラム教関連図書を拝見したことによる印象が大きいせいか・・・

お言葉をお借りすると、

「地元の生産者が作った安全な旬の野菜と米、ハラールの食材を使い、
インドから中東の食文化をイメージしつつ作り上げた、オリジナルでスパイシーなカレーを
それぞれの食材に合わせて、ひとつずつベースから手作りしている」

金曜のランチタイムには、ジュマーランチと言って
900円の「ビリヤニと豆のスープのセット」ワンメニューのみ。
カレーはやりません!

この頑固さ(失礼)とこだわりのあるコンセプトを聞いているだけでも
非常に期待感高まるお店です。

ホジャ・ナスレッディン ランチ


好きなカレーを2種類選べる「カレー2種のセットプレート」1000円をオーダー。
汁気が少なめのウエットドライな野菜とひよこ豆カレーは具だくさん。
カレーには珍しい具のゴボウも入っている

もう1種チョイスの魚カレーの本日のメインはサンマとのことで、
オーナーさんに念を押されてしまったが望むところ(笑)
確かにスパイスでも取り切れないサンマ独特の生臭さを嫌う向きは多いが、
僕はすごく好き。とてもおいしくいただいた。

カレーにはナンではなく、やはり中近東などで好まれている
ピタパンがついてくるので、パンの中に具を詰めて食べるのも楽しい。

カレー、サラダ、お漬物、いずれも全体的にヘルシー嗜好で滋味深い印象が強い。
大変おいしいです!

メニューにあった他のカレーも紹介しておきましょう。 

野菜カレー(800円)
季節の野菜を使用、野菜に合わせていろいろなタイプのカレーに調理。
油は控えめ、あっさりしつつもスパイスをしっかり効かせたヘルシーカレー。

チキンカレー(900円)
ヨーグルトとスパイスでマリネしたハラールチキンを、
玉ねぎとトマトのベースで煮込んだクラシックなインド風のカレー。

マトンカレー(900円)
ヨーグルトとスパイスでマリネした肉を、
ブラックカルダモン、シナモン、クローブなどのホールスパイスで炒め、
玉ねぎとトマトのベースで煮込んだカレー。

おこさまカレーセット(500円)
チリを使わないおこさまカレーに野菜、ごはん、ピタパン付

* カレーにはすべて、サラダ、ライス、ピタパン付。
* 野菜カレーは季節、日により内容変更。
* ピタパンは自家製天然酵母を使って焼いてます。
* 野菜カレーには動物性の食材不使用。
* 大盛りはすべて+100円

ホジャ・ナスレッディン サラダ


インドのチャイ400円もありますが、こちらのお店では、
お代わり自由の300円のトルコチャイでくつろぐのが似合いそうです。
現地風に多めの砂糖と甘いお菓子でまったりするのもいいもんですな。


ホジャ・ナスレッディン 店内


【お店情報】
カレー食堂 ホジャ・ナスレッディン Webページ
地下鉄名城線 名古屋大学駅1番出口徒歩約8分
名古屋市 昭和区 宮東町358-1
TEL 052-782-0731
営業時間 11:00~14:00/17:30~21:00
定休日 日曜日、月曜日(祝日の場合は営業)
駐車場 2台のみ可
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。