本格的ベンガル料理のお店 Puja

本格的ベンガル料理のお店 Puja に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

やまちゃんです。

本日は読者の「Shantiさん」投稿によるお店レビューです。
Shantiさんの投稿記事は、カテゴリー「インド料理Shantiさん篇」
からまとめて読むことができます。

アイコンは、編集人「やまちゃん」からのコメント=ちゃちゃです。
それではどうぞよろしくお願いします。


Shantiです
日本唯一の純ベンガル料理店、東京・町屋のプージャーさんへ行ってきました。
日本人シェフの方でインドの西ベンガル州の料理店なんて凄いです
外の看板には潔く「ナンありません!」の貼り紙。
媚びてませんね~(笑)

町屋 Pujaお店 Shantiさん


ベンガル料理なんて食べた事が無かったので、
全く知識も無く初めて聞くメニューばかりで新鮮です。

面白いのは、ヒンディー語とベンガル語で言い方が違うと言う事。
例えば・・・「パパド→パポル」「ターリ→ターラ」
「バスマティライス→バスモティライス」と言った具合に。

ポージ ¥1600
チングリ・ジャール(3種類の中から1種類のカレーをチョイス)
ダルスープ、プイ・シャーケル・チョッチョリ、コシャ・ムルギー、ドイ・マーチ、
パポル、チャトゥニ、ライス、ミシュティのセットです。

町屋 Puja ボージShantiさん


店員さんに聞いたところ、セット名の「ボージ」と言うのはベンガル語で、
「豪華・ご馳走・お祝い」みたいな意味があるそうです。

まさにその名の通りの内容でした。
ベンガル地方ではよく食べるそうなんですが、
つるむらさきの炒めものは苦くてクセがある味で、ゴーヤみたいな感じ・・。

ダルスープですが、今まで食べた事のない不思議なクセがある。
一口目は甘い感じなんですが、後から辛さがやってきてびっくり します。
チキン・エビのカレー、魚料理は普通に美味しかったです。
これがベンガル料理なのかぁ~って感じでした。

ナルケール・チングリ「えびのココナッツ炒め煮」 ¥750

町屋 Puja 海老のココナッツ炒め煮Shantiさん


やけに安いのが気にかかりました。
大きい器の中心に料理が寄せられていて見た目が残念。
しかも!えびの炒め煮のはずなのに、えびよりジャガイモが多くて悲しい。
えびや、味付けはおいしかったんですけどね・・・。

お腹も満腹になった食後の甘々デザート。
ベンガル地方はスイーツが美味しい事で有名ですが、
個人的にインドのスイーツに関してはあまりイイ印象はありません。

町屋 Puja デザート Shantiさん


最後にお店の雰囲気についてですが、
入口に綺麗に並べられたスパイスが見ごたえあります。
テーブル席以外に畳のお座敷があるのは、さすが日本人オーナーですね。

インド人の奥様との結婚式の時の写真や、ベンガル州の写真が飾られていたり、
とっても綺麗な衣装が飾られていたり、
壁にベンガル語が書かれていたり、楽しめるお店でした。

町屋 Puja 店内Shantiさん


【お店情報】
インド・ベンガル料理 Puja(プージャー)   Webページ
東京メトロ千代田線町屋駅徒歩約10分
東京都 荒川区 町屋3-2-1 ライオンズプラザ町屋B1F 
TEL 03-3800-1636
営業時間 11:50~14:00/17:30~22:30
定休日 水曜日
駐車場 なし
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意



From
西ベンガル州と聞くと、インドの西の端っこのようなイメージを抱きますが、
実は東インドになります。ベンガル民族で構成されるバングラデシュから見て
西側にあたるということでそう呼ばれているのでしょう。

食文化的には、東インド料理という呼び方はあまりせず、
ベンガル料理と呼称され、バングラデシュの食文化に近いものがあるようです。

こちらのお店も魅力的な個性派なので東京ツアーのたびに訪問候補入りしていますが、
訪問出来ずじまいなので、レビューをいただくと刺激を受けて良いですね。
僕も専門家ではないので、記事中の聞きなれない料理名について注釈を入れることが
できませんでした。ごめんなさい

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。