気絶のおいしさ!スリランカ料理 ランカ クシーン

気絶のおいしさ!スリランカ料理 ランカ クシーン に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<10/14をもって閉店しました>(匿名希望さんより情報をいただきました)


何だかすごいお店が登場したゾという想いを胸に
12月に名古屋市・港区にオープンしたばかりのスリランカ料理店
ランカ クシーンさんへお邪魔した。

ランカ クシーン お店


このお店は真のスリランカ料理店と言える。
「インド・スリランカレストラン」などというやぼったい標記はしていない。
あくまで「スリランカ料理とスパイスの店」である。
スタッフからもその方向性でやっていくという強い意志を伺った。

この手のお店はその専門性が災いして一般客が寄りつかずにコケるか、
逆においしい物はおいしいと口コミが広がって繁盛するかのどっちかだ。
そもそもこの看板から何を食べさせてくれるお店か判断できる人は少ない。

頭に「インド」とつければ、
ナン+カレーを売る店と推察してもらえるだろう。
しかしナンは売っていない。
それに媚びる気もない。
媚びずにこの「イッコクさ」を通していただきたいとも切に祈っている。

てなわけで、長い前置きがまるでクロージングのようになってしまったが、
初訪問はまずこいつから押さえておきたいと考えていた
1050円のブリヤニ(ビリヤニ)セットをオーダー。

まずは何の変哲もないフツーのサラダを食べながら
ご本尊を待つ。


ランカ クシーン サラダ


ワンプレートに骨付きチキン、ナスのスパイス炒め、パパド、
そしてフライドエッグが乗っかっている。
ただのゆで玉子ではなく、
フライドというのがいかにもスリランカらしい。

ライスはかっちりドーム型に成形してあっておしゃれだが、
個人的には普通にざっくり、ぱっさりと皿に拡げてあるだけのほうが良い。
ちゃんと長粒米を使用しているのでサラッサラのパラッパラでいい感じ。

インディカ米が嫌いだという日本人は結構多いので、
エスニック好きじゃないとここで心折れる心配はあるが

ランカ クシーン ブリヤニ


ブリヤニはカルダモンシードやフェンネルなどのスパイスが
ムンムンと香っていかにもアジアのめしという感じ。
味よし、香り良し、辛さ加減良しでオマケに雰囲気も良しだ。

とかくビリヤニというとライス量がはんぱなくどっさりというお店が多く、
そこはうれしい限りだが、半分ぐらい食べ進めると飽きがきたり
満腹になって残りはテイクアウトということも多い。

しかしこちらのセットは量も丁度良いと思う。
決して少ないわけではないが大食いの方には物足りないかも。

オニオン、トマト、ニンニクなどを濃縮したグレイビー・ソースを
ライスに混ぜながらいただくとなおよろし。
このカレーソースは辛さ調節可能だが、現地仕様は相当辛いので注意。

ランカ クシーン グレービー


今日は腹も減っていたのでいったん食べはじめたら
スプーンもほとんど止まらず一気にパクついてしまった。
ガツガツ食いながら店員さんともしっかりコミュニケーションを取る。

非常にフレンドリーなスリランカ男性で、
夜のメニューブックまで出して料理の説明などしていただいた。
驚いたのは、以外にも料理の写真を撮影したり
メニューに興味を持って熱心に質問していくお客さんが多いこととおっしゃっていた。

その人達は僕の心の友と呼べるかも知れないな。
まだ実際に会ったことはなくてもね

アラカルトにはスリランカ料理の代表、デビルスチキンももちろんある。
ナンはなくても、チャパティやロティはある。

豆や魚のカレー、玉子料理や炒め物も
すべてインドの味つけとは異なったスリランカ風。
辛さだけは日本人に合わせてあるとのことなので
自信のある方は現地レベルに挑戦するのも良いだろう。

ランカ クシーン ブリヤニ2


サービスでいただいたセイロン紅茶は
砂糖のスティック2本を入れても全く甘さを感じないので
ブリヤニのスパイスで舌の感覚がおバカになっているのかと思ったら
カップの底に生のジンジャーがわりと多めに沈んでいた。

冬の冷たい雨がシトシト降っていたこの日に
体を温めるのにうってつけだし、はジンジャー大好きなので大歓迎。
しかし苦手な人にはたまらない嫌がらせになるのはショウガない。
(鼻で笑わず軽くスルーしてね)

ランカ クシーン セイロン紅茶


スリランカ料理が大好きで、
今のところ「スリランカ料理店」を標榜するお店に味の間違いなしと
持論を持つ僕を唸らせるお店の登場はうれしい限り。

「気絶のおいしさ」とつけたタイトルは決して大げさではなく
あくまでこの僕の抱いた素直な感想だ。
本格的ゆえ、あまりの馴染み薄さがどうも合わないという向きもあるだろう。

従って、もしもあなたが別の意味で気絶したとしても
僕は一切責任を取らないのでそのつもりで

ちなみにこのお店の前を南北に走る道路沿いは
歩いても行けるすぐ北にアピタ港店内のタージマハルさん。
ちょっと南へ下ればインドカレーのオープンキッチンさんがあるという
エスニック街道になっている。
こりゃマニアにゃたまらんよ

ランカ クシーン 店内


【お店情報】
スリランカ料理とスパイスの店 ランカ クシーン(LANKA CUISINE)
名古屋市 港区 甚兵衛通1-2-6
TEL 052-384-8666
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00
定休日 月曜
駐車場 あり
掲載内容は訪問当時のものです。
来店前にできるだけ確認を!特に不定休のお店に注意


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。