ベトナムスイーツのチェー屋さん

ベトナムスイーツのチェー屋さん に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

やまちゃんです。
今回は読者の「リサさん」からの投稿記事でお楽しみ下さい。

「リサさん」からの投稿記事はカテゴリーの、「リサさんのアジアごはん紀行」から
まとめて読むことが出来ます。それではよろしくお願いします。


「チェー」は中国料理の影響を受けたベトナムの食材を使った
甘いデザートで、日本のあんみつのようなものです。
ベトナム各地に「チェー屋さん」があります。

トゥアティエン・フエ省の観光都市フエの
道ばたで見つけた屋台のチェー屋さん。


フェのチェー屋


値段もメニューもないので、指差しでそこに砕いた氷を入れてもらいます。
鍋を覗くと小豆の煮たものや白玉っぽいものやよくわからない具が!

2人で訪れて、値段を聞くと10,000ドン札を見せてくれたので、
食べ終わってから1人10,000ドンずつ払おうとすると1枚だけ受け取り、
もう受け取ったよのゼスチャーをされたので1つが5,000ドンだった様子。
なので1カップ5000ドン≒20円ぐらい。

観光地から離れた場所で、地元の学生さんらしき子がたくさんいたので
外国人はあまり来ないのか多分地元料金。

ベトナム人はこちらが間違えて払ってしまったり、おつりをごまかしたりしても
気がつかない客が悪い、払ったものは返さないという姿勢が多いので、
ダマすつもりのない良心的な商売人をこの国に来て初めて見ました。

チェー・ホア・クア?


果物好きなので、写真手前の見た目も派手な
“チェー・ホア・クア”?(某ガイドブックより)を注文。
同行者の頼んだ、多分あずきとココナツミルク?のは
“チェー・ダウ・ドー”?かなぁ…

フエではもう一軒“ヘム”という店のチェーも試してみました。
そこは壁にベトナム語メニューが書いてあり、
一律5,000ドンで、何が出てくるか分からないメニューを指差し注文。

10種類ちょっと種類があり、
一番上のが無難かなとヤマカンで注文すると、
インゲン豆らしきチェー(名前は分からず)。

かなり甘く煮詰めたインゲン豆で、
汁がシロップ状になっていて氷とまぜて食べないと激甘です。
私はかなりの甘党ですが、これは氷なしではむせてしまうほどの甘さでした。

こちらはホイアンの市場の中のチェー屋さん

ホイアンのチェー屋


売り子が10,000ドンでふっかけて来たので、昨日5,000ドンだった!と
値下げしたら一回り小さい袋に入れられ腹が立ちました。

英語が通じないのに観光客慣れしてるし、
地元客や店のおばちゃんまで売り子に加勢し、
隣の店のおばちゃんまで割って入って
なんかぎゃーぎゃー言ってきてイライラさせられます。。

とにかくすべての鍋の中身を少しずつ袋に入れてもらって、
最後に氷を入れてビニールの口を縛ってお持ち帰りです。

鍋の中のものは微妙に皆暖かくバナナや小豆…
あとは何だか分からないのを宿まで持ち帰る頃には
すべて袋の中で混ざっていましたが
味は今までで一番美味しかったです。

袋


ホイアンは町並みが世界遺産になっているので、
日本からのツアー客も多くよくすれ違いました。

貧乏旅行の値段交渉も観光地では高値でも
欧米人観光客らが買っていくので
交渉にならず冷たくあしらわれることがベトナムは多かったです。

何となく倍くらいの値段をふっかけられてるのは分かるけど、
半値を口にするとシッシッという手振りで追い返されます。

ベトナムは食べ物に至るまで
屋台でぼったくられてるのが交渉するのがかなり面倒で、
納得できる値段で食べ物にありつくのに時間がかかり疲れました。

文句を言うとクオリティも下げられ、
同じ店、同じメニューで同じ料金なのに
出てくるものが材料が減らされていたりとかなり面倒な国でした。

市場のミルクフルーツ。
輸出はしていないのでこの地域でしか食べられない珍しい果物。


ミルクフルーツ


市場では日本ではなじみの薄いミルクフルーツも売っています。
3Lくらいのみかんくらいの大きさで、
ツルツルした光沢のある黄緑のまん丸な果物。
(南部やカンボジアでは紫の少し大きめの物もある)

シーズンは短くて、乾季に入る12月から旧正月の2ヶ月ほど。
ベトナムの市場には普通に売ってます。
ジューシーで柔らかく練乳のような果汁がたっぷりで、
食べると口に繊維がこびりつきます。

20,000ドン/kgくらいで、1kgで4つほど
(紫は一つで500gくらいありました)

場所によって相場が違うのかフエで40,000ドンから交渉開始。
4人で買いに行って分けたので1つ5,000ドン≒20円。
ふっかけられたとしても買うフリして試食だけする裏ワザもあります。

ホイアンの市場のバナナ屋さん

ホイアンのバナナ屋


バナナを買うときは一房20個前後ついて
10,000ドンくらいで交渉して買ってました。

色々種類があるそうで調理用バナナも中にはあるみたいなので
買うときには良く見たほうがいいそうです。
裏側が熟しすぎで真っ黒なんてこともありました。
ですが長距離バス移動でのひもじい時の強い味方です。

関連記事リンク
ベトナムのインド料理店とフォー
ベトナムの市場ご飯を食べ歩き
ベトナムサンドのバインミー
ベトナムごはん旅最終回

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。