七夕・・・星に願いを

七夕・・・星に願いを に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

リアル知人からの、
「カレーのことはわからんから、そろそろあれ書いて」
の要望にお答えして本日はインド料理とは全く関係のない
ごく一部の人だけに支持されているおバカなコラム、
「チラシの裏」いってみます。

書くたびに僕の「品格」が失われていくという
諸刃の剣なコーナーです (・ _・、)


ちなみに過去のコラムは左記カテゴリーバーから
「チラシの裏または戯言」をクリックでまとめ読みできます。


皆さんどーもどーも。
食べ歩き界のアルムオンジこと、偏屈でひねくれ者の僕です(爆)

今宵はおり姫とひこ星が天の川を渡って会うことが許される特別な日だそうですが、
天空に集中豪雨でも起きて天の川が氾濫してしまえばいいなどと
僕がロマンスのかけらも持ち合わせていないことは言うまでもありません。

ところで笹の葉に願い事を書いた短冊の装飾をよく見かけます。

「景気が安定しますように」

うんうん、ほんと不景気が続いて嫌ですな~。

「みんなが幸せに暮らせますように」

オレ様だけ幸せになれますように・・・
とか書く誰かさんと違って殊勝な心がけは心が洗われますな(嘘)

「○○が早く死にますように」

そういう皮肉は好きだけど、真夜中の神社でワラ人形片手にやるほうがいいと思うよ。

「狙った彼女が落ちますように!」

オマエが地獄に落ちますように。

「今年こそ大好きな彼と結婚できますように」

アナタハ ドンキデ アタマヲ カチワラレタイノデスカ??

「宇宙飛行士になれますように」

夢を持つのは結構なことだが、そこまではかなわないと思うよ、そこの僕ちゃん。

「公務員になれますように」

現実的で良いが、中学生のくせに生意気だぞ小坊主。
今の世の中せいぜい、正社員になれますようにぐらいにしとけ。

「お母さんが早く帰ってきますように。ヒロシ」

ヒロシ君・・・、君の家庭にいったい何が・・・
おじさんはちょっと泣いた。
同時にちょっと笑ってしまったけどなw

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。